みやちまん.com

ネットショップコンサルティングを展開する株式会社302代表ブログ

ブログの更新を1年以上止めるとPV数(アクセス数)はどこまで下がるか?

スポンサーリンク

f:id:masa381man:20170718111828j:plain

このブログをたまにチェックして頂いていた方、お久しぶりです。

初見の方、初めまして。この記事の更新が1年以上ぶりの更新となります。

前回の更新が6月8日なんで、もう完全に1年超えてますね。。。

↓前回更新の記事

さて、1年ぶりの更新なわけですが、ブログを1年放っておくとアクセス数ってどう変化するのでしょうか?

久々に更新するので、その辺りを紹介します。

月ごとのPV数(アクセス数)の変化

ブログの更新が停止した2016年6月から2017年6月までのPV数(アクセス数)の変化は次のようになっています。

  • 2016/06:約170,000PV

  • 2016/07:約149,000PV

  • 2016/08:約139,000PV

  • 2016/09:約136,000PV

  • 2016/10:約127,000PV

  • 2016/11:約106,000PV

  • 2016/12:約114,000PV

  • 2017/01:約114,000PV

  • 2017/02:約90,000PV

  • 2017/03:約102,000PV

  • 2017/04:約191,000PV

  • 2017/05:約177,000PV

  • 2017/06:約125,000PV

途中まで順調な右肩下がり

アクセス数の変化を見れば分かる通り、今年の2月までは見事なまでに右肩下がりとなっています。

この1年間決して完全放置なわけではなく、アクセス数が残っている記事をリライトはしていました。そんな大した頻度ではありません。2、3ヶ月に1度くらいです。

実際、昨年5月は20万PVあったわけですから、2月の9万PVなんてそこから比べると目も当てられないわけです。

今年3月くらいから徐々に復活

今年の3月辺りから、その減ったPV数も徐々に復活しています。

何のことはありません。昔更新した記事の検索流入が急に増えただけです。トレンド系ですね。

現に4月をピークに下がりだしているわけで、今月は3月くらいのペースまで落ちています。

とはいえ、割と長く読まれる記事が多かったので大幅なダウンは避けられました。

アクセス数が多くない記事ばかりだったら早々にヤバイ数字になっていたと思います。

ちなみに収益は?

収益に関しては、ほぼPV数と連動しています。一部A8などASPを使っている記事もありますが、大半はAdSenseです。

そのため、3月まではアクセスが下がっているので連動してAdSense収入も低下し、少し復活した4月はAdSense収入も伸びました。

Amazonアフィリエイトや楽天アフィリエイトもちょくちょく収入があるという感じ。

しかし昨年の5月に比べると、収益は確実に下がっています。

そもそもなぜ更新が止まったか

f:id:masa381man:20170718114340j:plain

更新を続けるに越したことはありませんが、単純に去年の6月からめちゃくちゃ忙しくなっていました。本業の契約数の増加、新たなビジネスの展開などあったので、完全に更新する時間が取れてなかったんです。

そして、気付くと数カ月更新ストップという状態になっていました。

そうなると、「今さら更新しても一緒や・・・」という気分になり、ある程度時間が取れてもブログは放置という悪循環に。

また、同時期にWordPressで複数サイトの管理・更新をしたことも更新停止の理由の1つです。

WordPressはある程度カスタマイズもしていたため、記事投稿画面がとにかく使いやすく、「今更はてなで更新する気起きないな・・・」と気分が落ちていました。

はてなブログとWordPress、どちらが使いやすいとかは人によると思いますが、今こうして記事を書いている今も、あれ?どうやるんだっけ?とググりながら書いている始末です・・・。

じゃぁ更新再開した理由は?

ではなんでこうして更新を再開したのかというと、ブログの更新が止まって1年以上経過しているのもありますし、PV数(アクセス数)も落ちてきているので、せっかくあるのにもったいないな・・・と感じたからです。

PVの下落に危機感を感じたからですね。去年は落ちているとはいえそんなに大きな落差でもありませんでしたし。

というか、この「ブログを1年放置してアクセスはどうなった?」という記事は今年ずっと更新したかったんです。

5月辺りがちょうどそのタイミングだったので更新する気まんまんだったんですが、ダラダラと7月半ばまで来てしまいました。。。

更新停止の弊害

ブログの更新を1年止めると、色んな弊害が起きます。簡単にまとめると次のとおりです。

  1. アクセスも収益も落ちる
  2. 中途半端に時間が経過した後に更新するのがなんか恥ずかしくなる
  3. 使い方を忘れてしまう

この3つが大きいのではないでしょうか。

まず、更新停止してアクセスが伸びることはほぼありません。一時的に伸びることはあれど、時間が経てば元通りになりますし、結局ピーク時のアクセス数を超えることはありませんでした。

また、先程も述べた通り、間も空いているため「今さら更新してもな・・・」という気になりなかなかヤル気が起きません。

きちんと更新していれば100記事は余裕で超えていたでしょうし、もったいなかったなーと思います。継続して続いている方々はほんと尊敬します。。。

一度続いた習慣を止めると戻すのにかなりの時間を要するのは、何もブログだけではないですよね。

最後に

f:id:masa381man:20170718121221j:plain

以上、ブログの更新を1年以上辞めるとアクセス数はどうなるかまとめました。

なんだかんだ、更新停止の間も毎月数万円の収益は発生していましたから、それを考えるとブログはかなり大きいです。

ただ、アクセス数はいつまた激減するかわからないので、定期的に更新するに越したことはありませんし、少しずつでも更新を再開していきたいと思います!

ブログが更新しづらくなったら原点に帰りましょう。

それでは!

CEO BLOG 302inc.

twitter / facebook / Google+

Copyright© CEO BLOG 302inc. , 2015 All Rights Reserved.