みやちまん.com

主にインターネット界隈・野球・ハリネズミのことを綴っています

【Apple Pay×Suica】iPhoneにクレジットカードを登録してSuicaを使う方法・手順総まとめ

スポンサーリンク

f:id:masa381man:20171105231745j:plain

iPhone7の登場以降、Apple Pay【アップルペイ】でSuicaを登録し利用できるようになりました。

これがかなり便利で、iPhoneを持ってさえいれば改札を通れるようになりますし、Suica対応の自動販売機や券売機にも対応しています。ガラケー時代のモバイルSuicaと同じような使い方ができるわけです。

電車やバスを利用する方にはもちろん、現金を持ち歩きたくない方は、iPhoneさえ持っていればすべて済んでしまいます。

僕はiPhone6s PlusでApple Payを使えませんでしたが、iPhoneXへの買い替えでようやくApple Payが使えるようになりました。今回はiPhoneのApple Pay【アップルペイ】でSuicaを使えるようにする手順について説明します!

Apple PayでSuicaを使うために必要なもの

f:id:masa381man:20171105225418j:plain

Apple Payを使うために必要なものを紹介します。

勘違いしやすいですが、Apple Payはサービスの総称であってアプリの名前ではありません。

iPhoneに最初から入っている「Walletアプリ」に対応クレジットカードを登録することで、iPhoneを使って決済ができるようになるわけです。

iPhoneは7以降

Apple Payに対応しているiPhoneはiPhone7以降の機種です。iPhone以外ではApple Watch Series2ですね。

それ以前のiPhoneはApple Payが使えません。

Apple Pay対応のクレジットカード

次にApplePayで使えるクレジットカードが必要です。

  1. American Express(アメックス)
  2. JCB
  3. MasterCard
  4. AEON(イオン)
  5. au
  6. Orico
  7. クレディセゾン
  8. SoftBank
  9. TS3
  10. dCARD
  11. VIEWカード
  12. 三井住友カード
  13. MUFGCARD
  14. JACCSカード
  15. ライフカード
  16. アプラス
  17. ポケットカード

これらのカードは全てApple Payに対応しており、Walletアプリに登録後QUICPayもしくはiDの電子マネーとして割り当てられます。

つまり、店舗で使う場合は「Apple Payで支払う」ではなく、「QUICPayかiDで支払う」ということになります。

ここは結構勘違いしやすいポイントなので注意です。更に、QUICPay・iDのどちらも使えるわけではなく、登録されるのはどちらか一方のみとなります。例えば、三井住友カードはQUICPayでなくiDとして登録されます。

これはカード会社によって異なり、次のようになっています。

カード QUICPay iD
American Express
JCB
MasterCard
AEON
au
Orico
クレディセゾン
SoftBank
JCB
TS3
dCARD
VIEWカード
三井住友カード
MUFGCARD
JACCSカード
ライフカード
アプラス
ポケットカード

もちろん、Suicaを登録している場合はSuica支払いもできます。個人的には、iDの方が使う機会が多いのでiDとして登録するかな、という感じです。

ただSuicaとして登録させたほうが圧倒的に便利なので、Apple PayでiDやQUICPayの利用頻度は低いです。

上記のクレジットカードを用意しておけば、Apple Payに登録もできますしSuicaへのチャージもできます。

ただ、一部のカードブランドはSuicaチャージに対応しておりません。それを説明します。

Apple PayでSuicaチャージできるクレジットカード

先程説明したクレジットカードはApple Payに登録できますが、カードブランドは次の3つ以外ではSuicaにチャージができません。

  1. American Express(アメックス)
  2. JCB
  3. MasterCard

VISAダイナースクラブカードがありませんが、この2ブランドはSuicaにチャージができません。

例えば、VIEWカードはJCB・MasterCard・VISAの3ブランドが選べますが、VISAブランドのVIEWカードはApple Payに登録することこそできるものの、Suicaへのチャージはできないので注意しましょう。

VISAやダイナースでSuicaチャージを行う方法

そもそもApple Payを利用するためには、iPhoneのWalletアプリにカードを登録して使うことになるわけですが、ダイナースクラブは登録がまずできません。

VISAはWalletアプリに登録してQUICPayやiDとして使うことはできますが、Suicaにチャージすることができません。

ただ、裏技的な使い方として、SuicaアプリにVISAやダイナースクラブカードは登録できるので、そこからならチャージが可能です。Walletアプリを使わなければいいだけ。

要は、Suicaアプリでチャージする方法は、①Suicaアプリ内に登録しているクレジットカードを使う②Apple Payを使う、の2種類があるわけですが、①Suicaアプリ内に登録しているクレジットカードを使うの方法を選ぶわけです。

f:id:masa381man:20171105194903j:plain

実際、Suicaにチャージする時は上の画面が出てくるので、ここで左のクレジットカードを選べばOKです。

Apple PayでSuicaを使えるようにするための手順

それでは、Walletアプリにクレジットカードを登録して、Apple PayでSuicaを使えるようにする手順を説明していきます。

Apple PayでSuicaを使うには、次の方法があります。

  1. 手持ちのSuicaカードを読み込む
  2. Suicaアプリから新しくSuicaを作成する

ここでは、①の手持ちのSuicaカードを読み込む方法を解説します。この方が、Suicaの残高も引き継ぎできるので便利です。

②の新しくSuicaを作成したい方は、Suicaカードをもっていない方やSuicaとクレジットカード一体型を使っている方向けです(VIEWカード等・後ほど解説)。

クレジットカードは楽天カード を選ぶことにしました。年会費は無料ですし、楽天ポイントはしぬほど貯まるのでかなり重宝しています。

審査基準もそれほど高くないので、年収200万程度であれば難なく通ります。使い勝手はクレジットカード随一だと思っています。

1. Walletアプリにクレジットカードを登録する

f:id:masa381man:20171105202719p:plain

まずは、iPhoneに標準インストールされているWalletアプリを開きます。

f:id:masa381man:20171105202838p:plain

するとApple Pay利用設定画面がスタートするので、画面の指示に従って進めていきます。

f:id:masa381man:20171105202940p:plain

次にカードの種類を選択する画面が出るので、順番に登録していきます。まずは「クレジットカード/プリペイドカード」を選択します。

f:id:masa381man:20171105203013p:plain

クレジットカードを登録する際には、カード番号・利用期限・それとセキュリティコードが必要です。カード番号と利用期限については、カメラで撮影して自動認識させることも可能です。

f:id:masa381man:20171105203206j:plain

氏名の入力も求められるので、入力していきます。

f:id:masa381man:20171105203242p:plain

Apple payの利用規約が表示されますので、承諾します。

f:id:masa381man:20171105203353p:plain

カード会社への通信が完了するとクレジットカードの登録が完了します。続いて、SMSを用いたクレジットカードの認証が行われます。

f:id:masa381man:20171105203434p:plain

SMSを選択すると、ショートメールでiPhoneへ認証コードが送られてきます。この際認証コードの入力は自動的に行われますので、入力などの操作は必要ありません。

f:id:masa381man:20171105203511p:plain

これでApple Payにクレジットカードが登録されました。楽天カードはQUICPayに対応しているので、対応店舗でQUICPayにて支払いができます。

iDでは使えないので注意しましょう。

2. SuicaカードをApple Payに読み込む

f:id:masa381man:20171105202940p:plain

続いてsuicaカードの登録手順です。まずはwalletアプリを開いた最初の画面から、右上の+マークをタップします。するとApple pay設定の初期画面になります。

続けるをタップして、次の画面で登録するカードの種類である、Suicaをタップします。

f:id:masa381man:20171105204743p:plain

追加のカードを登録したくなったら、右上の+マークタップから登録できることを覚えておきましょう。カードは最大8枚まで登録できます。

f:id:masa381man:20171105204934p:plain

Suicaカード番号(カード裏にあるJEで始まる15桁の数字)下4桁の入力を求められるので、入力しましょう。また、生年月日も入力します。

f:id:masa381man:20171105205013p:plain

次にsuicaの利用規約が表示されるため、同意して先に進みます。

f:id:masa381man:20171105205125p:plain

次に手持ちのSuicaカードをアプリ上へ転送します。iPhoneでSuicaカードをかざしましょう。Suicaカード現物はiPhoneへ登録後、無効となり使えなくなるので注意してください。

カードの転送が済めば、これでSuicaカードをiPhoneから利用できるようになります。Suica読み取り部分にiPhoneをかざすだけで、決済できるようになります。電車もバスもスイスイ決済できます。これは本当に便利です!

3. エクスプレス設定は忘れず行おう!

さて、このままでも便利に使えるのですが、忘れず「エクスプレス設定」も行いましょう。

エクスプレス設定を済ませることで、改札を通る時やお店での決済の時、わざわざWalletアプリを起動する必要がなくなります。

設定方法はすごく簡単で、

f:id:masa381man:20171105223253j:plain

iPhoneの「設定」アプリを起動し「WalletとApple Pay」を選択。そこに「エクスプレスカード」という項目があるので選択します。

f:id:masa381man:20171105223340j:plain

すると登録したSuicaを選択する画面が出てくるので、Suicaを設定しておきましょう。

これでiPhoneの操作は何もいらず、iPhone本体を改札にかざすだけで通れるようになります。

コンビニなどの実店舗でも、Suica支払いの旨を伝えるだけで、決済端末にかざせばOKです。

Apple Payに登録したQUICPayやiDだとWalletアプリを起動して決済しなければいけませんが、Suicaの場合だとかざすだけで良いので、利便性としてはこっちの方が高いです。

僕もSuicaチャージ用にクレジットカードを登録こそしていますが、Suica支払いしか使っていません。楽天カードを登録しているのでQUICPayは使えるっちゃ使えるんですけどね。。。

SuicaをApple Payに取り込む際の注意点

次にSuicaカードをApple payに追加することで起こる、注意すべき4つの点をご紹介いたします。

注意点1. 元のSuicaは使えなくなる

先程説明したように、iPhoneに取り込んだ元のSuicaカードは無効になります。iPhoneの画面上でも、元のプラスチックカードは破棄するように指示されます。

また、Suicaカード作成時に支払ったデポジット金(預け金)500円は、そのままiPhone内のSuica残高としてチャージされ、使用することができます。

注意点2. Suicaの固有番号が変わる

Suicaの固有番号が変わるため、Suicaで清算を登録している場合は注意が必要です。

注意点3. iPhoneのバッテリーが切れたら使えない

iPhoneのバッテリーが切れていたり、電源が入っていなかったりするとSuicaの利用ができず困ることになります。

特に、ガラケーやAndroidスマホでモバイルSuicaを使っていた方は、バッテリー切れでもSuicaが使えたたため、同じ感覚でApple Payを使うと大変です。

改札が通れなくなってしまうので、バッテリーを切らさないよう気を付けましょう。モバイルバッテリーを持ち歩くなど、対策は必要ですね。

注意点4. Suicaカードのオートチャージ設定は引き継がれない

Suicaカードのオートチャージ設定は引き継がれないため、改めて設定する必要があります。

ただ、これはSuicaの取り込みができないのでiPhone上で新しくSuicaを作る必要があります。次で説明します。

iPhoneのApple PayでSuicaオートチャージを使うには

次のカードは取り込みできない!

まず、これまで次の方法でSuicaを使っていた方は、ここまでで解説した方法でSuicaとしてiPhoneに取り込みができません。

  1. VIEWカードなどのクレジットカード一体型Suica
  2. ゆうちょなどのキャッシュカード一体型Suica
  3. Suica定期券(通学用定期券)
  4. 小児用My Suica
  5. 社員証・学生証と一体になっているSuica
  6. JR東日本以外で発売されたSuica

VIEWカードなどは登録できないので、ビックカメラSuicaカードなども同様にSuicaとして登録はできません(Suicaとして取り込めないだけで、クレジットカードとしては取り込めます)。

そのため、次に説明するiPhoneで新規にSuicaを発行する方法をとることになります。VIEWカードはオートチャージができたのに、、、と思う方はご安心下さい。

SuicaアプリにVIEWカードを登録しておけば、オートチャージ設定は引き継ぎできます。

Suicaアプリで新規発行する

まずは、Suicaアプリをインストールさせます。

Suica
Suica
無料
posted with アプリーチ

f:id:masa381man:20171105215434j:plain

Suicaアプリをインストールしたら、起動させて右上のプラスボタンをタップしましょう。

f:id:masa381man:20171105222012j:plain

Suicaアプリで発行できるSuicaは「無記名」「My Suica(記名式)」「Suica定期券」の3種類となっています。

オートチャージ機能を使いたい場合は、「My Suica(記名式)」「Suica定期券」を選択しましょう。

f:id:masa381man:20171105222115j:plain

f:id:masa381man:20171105222435j:plain

支払い方法のクレジットカードは、「他のクレジットカードを登録する」をタップしてお手持ちのVIEWカードを登録しましょう。

f:id:masa381man:20171105222806j:plain

クレジットカード登録後は、Suicaアプリ上の「チケット購入・Suica管理」からオートチャージ設定を選択すれば問題ありません。

VIEWカードを使えば、貯まったポイントをSuicaとしてチャージもできるので、毎回チャージが面倒という方はVIEWカードを作って登録するのはメリットが多いです。

残高は引き継げないので注意!

Suicaが一体型の場合は上記のやり方で設定すればオートチャージも使えるので便利ではあるのですが、Suicaの残高を引き継げないのがデメリットです。

つまり、iPhoneで作成したSuicaとVIEWカードのSuicaと2つのSuicaを持っている状態になっちゃうんですよね。

SuicaはiPhoneで使うという場合は、VIEWカードはオートチャージ用に留めておき、VIEWカードに残っているSuica残高はコンビニの支払いなどに使って0にしましょう。

最後に

以上、iPhoneにクレジットカードを登録してApple Pay・Suicaを使う手順について解説しました。

ようやくiPhoneでもモバイルSuicaでできたことができるようになりました。モバイルSuicaユーザーからすればやっとかーという思いですが、利便性が高まったのは事実です。

ただ、AndroidやガラケーのモバイルSuicaと違いiPhoneのバッテリーが切れると使えなくなっちゃうので、iPhoneのモバイルバッテリーはきちんと常備しておきましょうね!

CEO BLOG 302inc.

twitter / facebook / Google+

Copyright© CEO BLOG 302inc. , 2015 All Rights Reserved.