みやちまん.com

主にインターネット界隈・野球・ハリネズミのことを綴っています

iPhone 8/8 Plus/iPhone XのQi対応ワイヤレス充電器おすすめ人気ランキング

スポンサーリンク

f:id:masa381man:20171008225351j:plain

iPhone 8やiPhone Xの登場で一気に注目を集めたワイヤレス充電。

そもそもワイヤレス充電はAndroidスマホで既に出ており、Apple純正以外にもiPhone 8やiPhone Xで使える充電器は多くあります。

ワイヤレス充電をしてみたいけどどれを選べばいいかわからない・・・という方のために、おすすめできるQi対応ワイヤレス充電器をランキングで紹介します!

ワイヤレス充電器の選び方

f:id:masa381man:20171118145841j:plain

iPhoneユーザーにとって、ワイヤレス充電は新たな進化ポイントということもあり、どのような機種を選べば良いのか悩んでいる人も多いかと思います。

基本的には従来の充電器と重視する点は変わりませんが、ワイヤレス充電器だからこその注意点も存在します。

形状・サイズで選ぶ

まずワイヤレス充電器の形状は「スタンド型」と「パッド型」の2種類に分かれます。

スタンド型

ワイヤレス充電器は、iPhoneの発表などで平置きのイメージが強いかもしれませんが、スタンド型もあります。

縦置きも横置きもできるので、充電をしながらでも動画を視聴したり、SNSをチェックすることもできます。

スマホを立てかけるような使い方をしているので、ぶつかってずれたりすると充電が止まってしまうのがデメリット。

「〇〇しながら充電」という使い方に適しています。

パッド型

iPhoneのワイヤレス充電といえばこっちのイメージが強いですよね。

スタンド型のように「〇〇しながら充電」をするには物足りないかもしれませんが、特にその必要がないという人には便利かもしれません。

しばらくスマホを触らない時や寝ている時に充電することに向いています。比較的コンパクトサイズが多めなのも特徴です。

搭載されているコイル数

ワイヤレス充電器を選ぼうする時、2コイル3コイルなどコイル数を目にすることが多くなります。

ワイヤレス充電器にはコイルが内蔵されています。シングルコイルは持ち運びに便利な側面がある一方で、適切な位置に置かなければ充電効率が悪くなってしまいます。

一方で複数コイルはどの位置に置いても安定した充電効率を実現します。

コイル数が多ければ多いほど、多少のずれなら問題なくなるわけですね。

充電時間の速さ

複数コイルだからといっても、決して急速充電ということではありません。

これは出力性能に関係しており、この数値が高ければ高いほど充電速度がアップします。

また中には高速充電の規格「Quick Charge 2.0」に対応した製品も販売されています。

ケースを装着したままでもワイヤレス充電が可能か

基本的にはケースを装着した状態でも充電は可能です。

しかしながら、ケースに厚みがあり過ぎたり背面がアルミ素材となっているものに関しては、NGになってくることも頭の中に入れておいた方が良いです。

目安としては、ケースの厚さが4mm以上は充電不可、というものが多いです。iPhoneカバーを選ぶなら、厚くても3mm程度のものを選ぶようにしましょう。

他にもアクセサリーが充電の邪魔をしてしまうこともあります。特に、iPhoneを落とさずにすむことから人気のあるバンガーリングなどは、貼り付けた状態では充電できなくなるので、リングを付ける方はワイヤレス充電は使わないほうがいいです。

ACアダプタは付いていないものが多いので注意!

ワイヤレス充電器を実際に購入してみてわかったんですが、どれもUSBケーブル式で、ACアダプタが付いていません。

まぁ、iPhoneに付いているACアダプタを使えばそれで問題ないので、そこまで大きな注意点でもないのですが、手元にない方は一緒に用意しましょう。

スタンド型ワイヤレス充電器おすすめ人気ランキング

実用面を考えると、スタンド型が便利です。机に置いて、ながら充電がしやすいです。

1位:NANAMI Quick Charge 2.0

Quick Charge 2.0に対応し、急速充電を可能としているワイヤレスチャージャー。電力転換効率は72%以上と非常に高くなっており、従来機種よりも1.4倍も速く充電することを可能にしています。

また2つのコイルが内蔵されており、充電面積が広く、横置きでも縦置きでも効率的に充電をすることができます。LEDランプがついていますが、光自体も強すぎず、睡眠時でも安心して利用可能です。

さらには温度調節機能も搭載されています。過充電をし過ぎると、スマホ本体に熱を帯びることもありますが、その心配もいりません。他にも底にはゴムがあることからも、iPhoneが傷つく心配も少ないのも特徴的です。

僕は先日これを購入し、iPhoneXの充電に利用しています。場所もそんなに取らないですし、なかなか便利です!

  • Quick Charge 2.0に対応し急速充電が可能
  • 2つのコイルが内蔵され充電面積も広い
  • 温度調節機能で過充電の心配がない

2位:Seneo Qi ワイヤレス充電器

こちらのワイヤレス充電器は3コイル式により、充電面積が広くiPhoneを真ん中に置くことで早い充電が可能となります。

スタンド型の設計で縦置き、横置き、自由に充電することができます。

また、他にスマート機能というものがついており、充電中にiPhoneが40度以上にならないように制御が働く安心設計となっています。

本体には滑り止めも付いているため、安定して充電を行うことができます。

  • 温度調節機能で過充電による発熱を防ぐ
  • 広範囲に充電が可能な3コイル式のチャージャー
  • 値段が安く、黒色はシックで先進的なイメージ

3位:RAVPower & Fast Charge

モバイルバッテリーや充電器などで数多くの実績を誇っているRAVPowerのワイヤレスチャージャー。

急速充電モードであれば最大10Wを出すことができます。これによってiPhone 8なら約4時間で空からフルまで充電することが可能です。

今どれくらい充電されているのかも、LEDリングによってお知らせしてくれます。目立つ場所で点灯はしないため、睡眠時でも気にすることなく充電することが可能です。

またマルチ保護機能が搭載されており、過充電などを防ぐことができます。

コイルは2つ内蔵されている2コイル式。基本的にはパッドの上に縦・横関係なく効率的に充電が可能で、ポータブルで徹底した設計となっています。

他にも滑り止め防止ゴムも装着されているため、充電中も安定しています。

  • 温度調節機能で過充電による発熱を防ぐ
  • 広範囲に充電が可能な3コイル式のチャージャー
  • 値段が安く、黒色はシックで先進的なイメージ

4位:Xingmeng QI急速ワイヤレス充電器

環境に優しい素材で作られている上に、過熱防止を施してあるワイレスチャージャー。

シンプルに設定されていることからも、縦置き・横置きに関係なく自由に設置でき、落ちる心配もありません。

また2つのコイルが内蔵されているため、他社製品と比較しても充電面積が広くなっているのも特徴的。

スマホの置く位置によって充電効率が悪くなってしまうといったデメリットを感じることなく、スマートに使うことが可能です。

そして最大の魅力となるのが、従来のワイヤレスチャージャーよりもより急速に充電できるようになったこと。最大10Wの出力ということもあり、充電時間は大幅に短縮できるように設計されています。

  • 過熱防止を施してある
  • 2コイル式で充電効率がアップ
  • 最大10Wの出力で急速充電が可能

5位:Wrcibo ワイヤレスチャージャー

入力9V/1.67A、最大出力10Wといったスペックにより、従来のワイヤレスチャージャーと比較しても高速に充電が可能となったWrcibo。頻繁にiPhoneを活用していることから充電時間を削減したい人にはおすすめです。

また独自のマルチ保護機能を搭載しており、温度管理、サージプロテクター、電子回路のショート防止などの機能が内蔵されています。長時間充電をしたとしても高温で発熱することを未然に防いでくれます。

他にもLED表示機能を搭載し、充電可能になる時間と充電が開始される時間にそれぞれのランプが点灯され分かりやすくなっています。さらには2つのコイルを内蔵によって、広い面積で充電を可能にしています。

  • 最大出力10Wで急速充電が可能
  • 独自のマルチ保護機能搭載で高温の発熱などを防ぐ
  • 2つのコイル内蔵で広い面積で充電が可能

パッド型ワイヤレス充電器おすすめ人気ランキング

スタンド型のように実用性は低いものの、置き場所に困らない形状になっているため、比較的コンパクトサイズの形状を欲している人にはおすすめです。

1位:Anker PowerPort Qi

世界中で2,000万人が使用するAnker製のワイヤレスチャージャー。ボタンレスで必要最低限の機能だけを搭載したコンパクトデザインとなっています。外出時の持ち運びにも便利な製品。

スマート機能として温度調節機能が搭載されていることからも、製品自体が42℃以上にならないように設計されています。これなら過充電などが原因で起こってしまう発熱も防ぐことができますよね。

また表と裏の両面に滑り止めが付いています。コンパクトサイズでどこでも置くことができる反面、振動などに弱い性質があります。その代り、この滑り止め機能によって位置がずれることなく快適に充電が可能です。

  • 必要最低限の機能を搭載したコンパクトデザイン
  • 温度調節機能で過充電による発熱を防ぐ
  • 滑り止め機能で位置がずれることなく快適に充電が可能

2位:Seneo ワイヤレスチャージャー 充電パッド

スタンド型でもSeneoのワイヤレス充電器はご紹介しましたが、同社ではパッド型のも発売しています。

パッド型だと急速充電が難しくなっているのですが、この機種はQuick Charge 2.0対応で、最大出力が10Wとなっているのが特徴です。

そしてライトに関しても充電開始後10秒ほど点灯してから消灯するため、睡眠時でも気にすることなく充電が可能です。またスマホと接する部分にノンスリップリングがあり、これが滑り防止の役割を担っています。

また、スマホを充電することで怖いのが過充電による発熱です。Seneoであれば、総合スマートチップが搭載されており、加熱、過電圧やショットなどを防止します。この安全機能は世界的な評価機関からも認められています。

  • Quick Charge 2.0対応で、最大出力が10W
  • 充電時はライトが消灯するため睡眠時でも安心
  • 総合スマートチップ搭載で過電圧などを防ぐ

3位:belkin Qi認定 ワイヤレス充電パッド

これまでにさまざまな製品を開発してきた実績のあるbelkinは、世界中のユーザーから高い評価を得ており、その高いデザイン性は数々の賞を受賞するほどの実力です。

そんな同社が発売するワイヤレスチャージャーはQi対応のスマホを充電します。

携帯しやすいコンパクトな設計を実現しながらも、その性能は抜群。従来5Wの出力を搭載しなければできなかった充電時間を1Aの出力のみで同程度の速度で充電が行えるようになっています。

iPhoneを乗せる充電パッドは高摩擦素材を使用しています。柔らかく非常に滑らかな素材となっているため、大事なスマホを傷つけることなく充電することができます。

  • デザイン性にも優れたワイヤレスチャージャー
  • 低い出力で急速充電が可能
  • 高摩擦素材を使用しているためスマホを傷つける心配がない

4位:UGREEN 10W QI 急速充電器

コンパクトサイズながらも急速充電を可能としているUGREENのワイヤレス充電器。

通常時は最大5V/2Aですべてのデバイスに対応しており、急速充電モードでは最大9V/1.67Aで大幅に充電時間を短縮することができます。

またQuick Charger 2.0との互換性も認められており、国際標準規格の最先端ワイヤレス充電技術を採用。これにより従来の製品よりも最大1.4倍の速さで充電をすることができるのも魅力のひとつ。

また充電パット外部にはメタル素材を採用しており、放熱が速く、安全性を保ちながらも安定した充電効率を実現しています。他にもLEDライト表示によって、充電状況が分かりやすくなっています。

  • Quick Charger 2.0との互換性で急速充電が可能
  • 最大9V/1.67Aで大幅に充電時間を短縮できる
  • 充電パット外部にはメタル素材を採用し安全性を保つ

5位:NILLKIN QI ワイヤレス充電器

カラフルなLEDライトが特徴的なNILLKINのワイヤレスチャージャー。

未充電の時はウォームホワイト、カラフル、ライト無しの3つのモデルが搭載。充電時にはエメラルドグリーンとライト無しの2つのモデルが搭載されています。

またQuick Charger 2.0に対応し、9Vの急速充電を行うことも可能。充電スピードは従来の40%もアップし、充電の転換率は80%以上と非常に高い数値を誇っています。

充電時の不安と言えば過充電による発熱が挙げられますが、これに関しても独自の技術によってしっかりと防いでくれます。見た目もお洒落な製品となっていますので、プレゼントとしても喜ばれます。

  • カラフルなLEDライトで飾り物としても最適
  • Quick Charger 2.0に対応し、急速充電が可能
  • 独自の技術によって過充電による発熱を防ぐ

持ち運びできるワイヤレス充電器おすすめ人気ランキング

次に、持ち運びができるコンパクトサイズのワイヤレス充電器ランキングをご紹介します。

家に置いておくだけでなく、外出先でも使えるコンパクトサイズです!

1位:Spigen ワイヤレス充電器

バッテリーやケースなどスマホ関連の商品を多く開発しているSpigenのワイヤレスチャージャー。

4mmとい薄さ、大きさも8cm×8cmというコンパクトサイズということからも持ち運びに便利です。

そんなコンパクトサイズでありながらも、機能は充実しており出力も最大2A/DC 5Vと外出先でも過不足なく充電をすることが可能です。またLEDライトが搭載されているため、状況を素早く確認することもできます。

さらには特殊のチップが内蔵されており、過電圧、過電流、過充電を防止してくれるため安全に充電をすることができます。

シンプルなデザインなので、ビジネス用途にもフィットするのではないでしょうか。

  • 4mmという薄さで持ち運びにも便利
  • 最大出力2A/DC 5Vと過不足なく充電が可能
  • 特殊なチップ内蔵で過電圧、過電流、過充電を防止

2位:MATECH 置くだけ充電パッド

日本メーカーの中でも高い評価を得ているMATECHのワイヤレスチャージャー。本体自体も非常に薄く、重さも80gと軽いことからも、外出先でも邪魔にならずに持ち運ぶことができます。

最大出力も5V / 1Aとなっており、安定した供給を実現しています。またLEDインジケーターによって、簡単に充電状態を確認できるため電気代の節約にも繋がります。

さらには本体の底には滑り止め用のゴムリングが付けられており、振動などの衝撃があってもその影響を最小限に抑えてくれます。

  • 重さは80gと軽く、持ち運びに便利
  • LEDインジケーターによって、簡単に充電状態を確認できる
  • 本体の底の滑り止め用ゴムリングで振動を最小限に抑える

3位:CHOETECH QI ワイヤレス充電器

パッド式のワイヤレスチャージャーにも関わらず、3コイルを搭載しているCHOETECH QI。本体自体もコンパクトサイズとなっていますが、受信エリアが広いため、効率よく充電をすることが可能です。

本体は防火材料で作られています。そのため過充電などによって発熱が起きてしまわないように充電する温度を控えることができます。また高品質なゴム製品が使われているため、iPhoneが傷つくこともありません。

安全性にも考慮して設計されており、独自の技術によって過熱、過電流、過電圧及びショートなどを防ぎます。コンパクトサイズで鞄の中で邪魔にならないのも大きなメリットです。

  • 3コイルを搭載し受信エリアが広い
  • 高品質なゴム製品を使っておりiPhoneが傷つきにくい
  • 独自の技術によって過熱、過電流、過電圧及びショートを防ぐ

4位:Ewin Qi ワイヤレス充電器

8mmの薄さに形状も非常にコンパクトなことからも、持ち運びに便利なワイヤレスチャージャー。デバイスとの距離が8mmを超えると自動的に充電が停止するため、よりスマートに充電をすることができます。

気になる充電状況に関してはLEDライトが搭載されており、カラーの変化で知ることが可能です。充電時は常に点灯していますが、優しい光を放っているため睡眠の妨げになることもありません。

さらにはアイドリングモードが搭載されているため、非充電・フル充電時など必要以上の電力を使用しないように節電動作に移行します。温度調節機能もあり、過充電による発熱も防ぐことが可能です。

  • LEDライト搭載で充電状況が簡単に確認できる
  • アイドリングモードで必要な場合に節電動作へと移行
  • 温度調節機能で過充電による発熱を防ぐ

5位:Qi CHOETECH ワイヤレスチャージャー

パッド式のワイヤレスチャージャーで急速充電を必要としている人はQi CHOETECHがおすすめです。

最大パワー10Wによって、対応機器を従来製品と比較して最大2倍速く充電することが可能

また光検知をしてくれるセンサーが搭載されており、自動的にインジケーターの明るさを調節してくれます。部屋が暗くなった場合は同時に暗くなるため、睡眠時でも気になることはありません。

そして本体にはアルミ素材を使用しています。外周が半透明なプラスチック素材で高級感溢れるお洒落なデザイン。薄さは物足りないかもしれませんが、iPhoneの使用頻度が高い人にはおすすめです。

  • 最大パワー10Wで急速充電が可能
  • 自動的にインジケーターの明るさを調節
  • 高級感溢れるお洒落なデザイン

iPhoneと相性がいいワイヤレス充電器

Apple製品を使用するのであれば、純正のワイヤレスチャージャーを選択することでパフォーマンスの精度もアップします。

そしてAppleではそんな純正の製品を発売しており、今回はその中から2つのワイヤレスチャージャーをご紹介します。

mophie wireless charging base

最新のiPhoneシリーズを素早く簡単に充電できるように最適化されたワイヤレスチャージャー。

最大7.5Wの電力で、パッド型にも関わらず急速充電をすることが可能です。またコンパクトなデザインで外出先でも持ち運び便利です。

Belkin Boost Up Wireless Charging Pad

ランキング内でもご紹介したBelkinがApple製品に対応して開発した純正のワイヤレスチャージャー。

同じく充電電力は最大7.5Wと急速充電が可能となっています。また薄さ3mmまでのケースであれば装着したままでも充電ができます。

最後に

以上、iPhone8・iPhone8 Plus・iPhoneXで使えるQi対応ワイヤレス充電器を紹介しました。

実用的なものが欲しければスタンド型、比較的コンパクトサイズを希望していればパッド型がおすすめです。

Apple純正の製品も発売されていますが、高価なためコスパを考えるとその他の製品の方が良いかもしれません。実際普通に使えます!

NANAMIのワイヤレス充電器は使いやすいのでかなり気に入っています。

iPhoneがワイヤレス充電に対応したことで、今後もラインナップが増えてくることが予想されます。

平置きタイプだけでなく、縦置きタイプも便利なので、使い方に応じて充電器を選んでみて下さいね!

CEO BLOG 302inc.

twitter / facebook / Google+

Copyright© CEO BLOG 302inc. , 2015 All Rights Reserved.