みやちまん.com

1人会社を経営する社長の生き方や考え方

クラウドファンディングで新しい女性の働き方を提示したクリエイターがスゴイ!

スポンサーリンク

f:id:masa381man:20160307230743j:plain

こんにちは、宮地です。

最近のクラウドファンディングの盛り上がりがスゴイですね。
これまでは、CAMPFIREREADYFOR?が2大勢力としておりましたが、


サイバーエージェントのMakuakeが、急激に伸びてきており、
CAMPFIREを越し、2番手に。1番手のREADYFOR?にも迫る勢いです。

どちらかといえば、READYFOR?は、NPOや、
公益に繋がるプロジェクトが多いのに対し、
Makuakeはプロダクトが多い印象。

クラウドファンディングって何?

最初にクラウドファンディングについて簡単に説明しておきます。
クラウドファンディングとは、

自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイデアへの賛同者を集められる仕組み。
(Makuake TOPページより引用)

つまり、MakuakeやREADYFOR?などの、
クラウドファンディングサイト上に、自分のプロジェクトを登録、
そして、ネット上で広くお金を募集する仕組みなわけですね。
また、寄付した方には、額に応じたプレゼントが用意されています。
クラウドファンディングの登場により、これまで、
助成金や補助金、融資や貸付などが主だった資金調達方法に、
IT時代にふさわしい、新しい調達方法ができました。

クラウドに関して補足

ちなみに、クラウドファンディングのクラウドとは、
DropboxやiCloudなどを説明する時に用いられるクラウド(=雲)ではなく、
群衆という意味のクラウド。Cloudではなく、Crowdなわけです。
たくさんの人からお金を集めるわけですからね。
ちなみに、LancersやCrowdworksといった、
クラウドソーシングと呼ばれるサービスのクラウドも、その意味ですね。

Makuakeで成功した福井のクリエイター

先日、弊社が運営する福井の地域情報発信メディアサイト - フクブロにて、
Makuakeで40万のプロジェクトを成功させた福井のクリエイーター、
岩永ミカ氏を紹介した記事を書きました。

クラウドファンディングでも成功!押し花iPhoneケースを販売している福井のクリエイター
http://fukublo.jp/human/2015/03/06/2286/

詳細は上記記事に書いているので割愛しますが、
押し花iPhoneケースをデザインし、世に広めるため、
まずはMakuakeにてプロジェクトを作成。
募集金額30万のところ、40万の達成。
その後、ROSE with too」という自社販売サイトを立ち上げ、
一気に人気に火が付いているクリエイターです。

クラウドファンディングはブランディングツール

クラウドファンディングの目的は、
確かに資金調達のひとつではあります。
しかし、それだけを目的にしてしまうともったいないわけです。

クラウドファンディングでは、
プロジェクトを投稿すると、注目が集まります。
鍵が、パトロン(=支援者)へのプレゼントで、
例えば3,000円の募集に対してメッセージカードや、
10,000円の寄付で商品を無料送付だったりとか、
そういう形で使えるわけですね。
使いようによっては、そこで一気にファン作り、拡散ができます。

また、Makuakeは、サイバーエージェントが運営していることもあり、
Amebaなど、サイバーエージェントが運営しているメディアとも連携しているので、
目につきやすくなるわけです。

商品を販売した

岩永さんがそこでやったのは、
3,000円と、4,000円の枠を作ったこと。
その2つの価格帯の商品があったので、
3,000円寄付してくれたらこのiPhoneケースを送ります、
4,000円ではこのケースを送ります、
という風にしたわけです。

そう。これって、物販と同じなわけですよね。
募集金額は、30万円。
仮に、全員が3,000円寄付して、プロジェクトが成功したとすると、
300,000÷3,000=100
で、一気に100人の方に配ることができるわけです。

デザインも可愛い

当然、物が良くなければ、ひとは集まりません。
しかし、この岩永さんの押し花iPhoneケースは、

f:id:masa381man:20160307230806j:plain
f:id:masa381man:20160307230819j:plain
と、ご覧のとおりとても可愛いデザイン。
結果、40万を超える募集が集まり、
女性ファンを一気に獲得することに成功しました。

人に見せたくなる

これで商品が届くと、
つい、人にも見せたくなっちゃいますよね。
商品が届いた際、ケース自体可愛いので、
Twitterやインスタグラム、facebookといったSNSに写真をあげるわけです。
更に、iPhoneケースなので、
友達と食事に行ったり遊びに行ったりした際、
iPhoneを触ると必然的にその友達の目にも止まります。

こうして、拡散された押し花iPhoneケース。
プロジェクト成功後、ROSE with too」を開くわけですが、
瞬く間に完売することになりました。

単にクラウドファンディングをお金を集めるツールとして使うのではなく、
人の目に触れる仕組み=拡散をさせることで、
押し花iPhoneケースというブランディングに成功したわけです。

TwitterやInstagramとECサイトの連携

プロジェクト成功後、ECサイトを開店しても勢いは衰えません。
アクセスはすぐに集まり、用意していたケースは完売。

その後、TwitterやInstagramで、
新作の写真を投稿。そこからECサイトに誘導することで、
新作ができたら発表→ROSE with too上ですぐに完売
という流れが出来ました。
今では、新作発表後、わずか1日で完売するそうです。
実際サイトを見ても、ほとんどがSOLD OUTとなっています。

SNSとECサイトを組み合わせた、良い例ではないでしょうか。

Makuakeのイベントに登壇が決定

こうして広まった押し花iPhoneケース。
Makuake上でも、成功例の1つとして取り上げられており、
https://www.makuake.com/apply/
このプロジェクト投稿ページへ飛ぶと、
Makuakeスタッフさんが、押し花iPhoneケースを
手に持っている写真がうかがえます。

また、週末(記事投稿日は3/10)の、
湘南で行われるMakuakeイベント
WORK STYLE PROGRAM vol.3〜クラウドファンディングで新しい「働く」に出会った女性達〜
では、クラウドファンディングを活用して、
新しい働き方を創った女性ゲストの1人として登壇が決まりました。

イベントページは下記より
http://peatix.com/event/75317

女性に人気のメディア、「MERY」や、「by.S」、「roomie
といった人気キュレーションメディアにも取り上げられ、
今後も目が離せない岩永さん。楽しみですね!

CEO BLOG 302inc.

twitter / facebook / Google+

Copyright© CEO BLOG 302inc. , 2015 All Rights Reserved.