ポケットWiFiおすすめ人気ランキング|料金・速度・使い勝手などモバイルWiFi徹底比較!

f:id:masa381man:20171117130909j:plain

インターネットへの接続がどこでも可能になるポケットWiFi(モバイルWiFi)。現在、さまざまな機種が存在しているため、どれを選んだら良いの?と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

通信速度制限、通信速度、通信エリア、料金など選ぶためのポイントはいくつか存在し、何を重視するかでも変わってきます。

それでもネットやパソコン機器関連に疎い人であれば、混乱してしまうのは当然のことですよね。

僕自身これまでポケットWiFiや格安SIMを5社以上乗り換えつつ比較してきたので、その経験からおすすめのポケットWiFiはどれなのかを解説していきます!

ポケットWiFi(モバイルWiFi)おすすめランキング

ポケットWiFiには、料金はもちろん速度、安定性、キャッシュバックなど色んな選び方があります。これはポケットWiFi提供会社によって特徴が異なります。

その中から、総合的に判断してランキング形式にしたので、紹介します。

1位:Broad WiMAX

f:id:masa381man:20171116130012j:plain

  • 評価:★★★★★
  • 速度を求めてかつ安いWiFiが欲しい方にオススメ!
プラン名 ギガ放題プラン
基本料金 3,411円(最初の3か月間は2,726円)
キャンペーン
  • 初期費用0円
  • 端末代金0円
  • 他社からの乗り換えで違約金負担
事務手数料 3,000円
2年間総額 79,809円

契約数が2,000万を突破し、多くのユーザーに選ばれているBroad WiMAX。下り最速440Mbpsという高速回線を誇っており、「ギガ放題プラン」で契約すれば制限なしで思う存分利用可能です。

また、通常料金は3,411円ですが、最初の3か月間は2,726円という業界最安級の料金で使うことができます。

現在行われているキャンペーンを適用させれば、他社WiMAXからの乗り換えで違約金(上限19,000円)を負担してくれるというめちゃくちゃありがたい特典もあります。

さらに申し込み後に料金プランの変更ができたりと、WiMAXを提供しているプロバイダの中では、Broad WiMAXが特におすすめです。

Broad WiMAXはキャッシュバックなどはありませんが、キャッシュバックを考えない料金では1番安いので、その辺りの手続き等が面倒だから単純に安いWiFiを選びたい方にもおすすめできます。

  • 下り最大440Mbps
  • 最初の3か月間の料金が2,726円
  • 他社WiMAXからの乗り換えで違約金負担
  • データ上限なしのギガ放題プラン
  • auスマートバリューが適用可能

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

f:id:masa381man:20171116231906j:plain

  • 評価:★★★★☆
  • キャシュバックで安く使いたい方におすすめ!
プラン名 GMOとくとくBBギガ放題接続サービス
基本料金 4,263円(最初の2か月間は3,609円)
キャンペーン
  • 端末代金0円
  • キャッシュバック最大33,000円
事務手数料 3,000円
2年間総額 68,004円

GMOとくとくBB WiMAX2+は下り最大440Mbpsという高速通信を可能としており、キャッシュバックを考えるとかなり安く使えます。

サービス自体も安定しているので、安さ重視でWiMAXを選ぶならGMOとくとくBB WiMAX2+が1番おすすめです。

なお、GMOのキャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目にメールアドレス宛に通知、翌月末に指定口座に振り込みされます。

メールアドレスはご自身のメールアドレスではなく、GMO WiMAX2+契約時に付与されるメールアドレス宛なので見逃さないよう注意が必要です。

  • 下り最大440Mbps
  • データ上限なしのギガ放題プラン
  • WiMAX2+全端末0円
  • キャッシュバックでかなりお得に使える
  • auスマートバリューが適用可能

3位:NEXTmobile

f:id:masa381man:20171117120439j:plain

  • 評価:★★★★☆
  • WiMAXの通信エリア外の方におすすめ!
プラン名 大容量30GBプラン
基本料金 3,490円(25ヶ月目以降は3,695円)
キャンペーン 端末代金0円
事務手数料 3,000円
2年間総額 83,760円

携帯電話キャリア大手で、光回線事業など多様な事業を展開しているソフトバンクが提供するNEXTmobile。当然ソフトバンクと同じ回線を使っており、全国の人口カバー率も99%以上を誇っています。

データ上限なしのプランは存在しないものの「大容量30GBプラン」と「低価格20GBプラン」が用意されているため、よっぽど使いまくらない限りはほぼ無制限と同じような使い方ができます。

また、混雑回避のための「3日で3GB」のような制限も一切ありません。

料金体系もWiMAXなどと比較すると、低価格で利用し続けることが可能です。端末に関しても、最大24時間の長時間バッテリーを搭載したモデルが0円で購入できます。

  • 月間でデータを30GBまで使用可能
  • 全国主要都市の人口カバー率99%以上
  • 端末代金0円
  • 下り最大150Mbps
  • 3日間の速度制限なし

4位:BIGLOBE WiMAX2+

f:id:masa381man:20171116232215j:plain

  • 評価:★★★☆☆
  • 安定して使えるWiFiが欲しい方におすすめ!
プラン名 Flat ツープラス ギガ放題
基本料金
WX03/W04/L01を選ぶ場合
4,380円
(初月無料・2ヶ月目2,595円・3~24ヶ月目3,880円)
基本料金
WX04を選ぶ場合
4,380円
(初月無料・2ヶ月目3,695円)
キャンペーン キャッシュバック(WX04)
大幅値引き(WX03/W04/L01)
事務手数料 3,000円
2年間総額
WX03/W04/L01を選ぶ場合
87,955円
3年間総額
WX04を選ぶ場合
122,615円

プロバイダやポータルサイトの運営だけでなく、光回線、格安SIM、格安スマホなどインターネット関連の事業を行っているビッグローブから提供されているのが、BIGLOBE WiMAX2+です。

他のWiMAXと同様に下り最大440Mbpsの高速回線を誇っています。

料金がちょっと複雑で、最新モバイルルーターのWX04を選ぶか、その前のモデルを選ぶかで変わってきます。

WX04は3年間、その前のモデルは2年間の契約期間になるのもポイント。ただ、WX04は3万円のキャッシュバックがついてきており、一見高そうに見えますが1年あたりになおすとWX04の方が安いです(WX03/W04/L01は1年あたり約43,978円、WX04は1年あたり約40,872円)。

そのため、長く使って最新機種を使いたい方は、WX04の申込で問題ありません。

  • 下り最大440Mbps
  • キャッシュバックや値引き特典でお得に使える
  • 料金プランを月単位で変更可能
  • データ上限なしのギガ放題プラン
  • auスマートバリューが適用可能

5位:オンリーモバイル

f:id:masa381man:20171117115407p:plain

  • 評価:★★★☆☆
  • 外でも家の中でも関係なく使いたい方におすすめ!
プラン名 使い放題プラン
基本料金 3,900円
キャンペーン 新規申し込みで2万円キャッシュバック
事務手数料 3,000円
2年間総額 73,600円

知名度はWiMAXや他のモバイルWi-Fiと比較しても低いですが、NTTドコモ独自のLTEを利用したサービス「Xi(クロッシィ)」を採用しているオンリーモバイル。

業界大手の電波を利用していることからも、全国主要都市の実人口カバー率は99%以上を誇っています。そのため、一戸建てやマンションに関係なく、大容量コンテンツでもサクサクとインターネットへと接続が可能

料金プランは「使い放題プラン(月額3,900円)」と「5G制限プラン(月額3,600円)」の2種類が用意されており、両プランともお得に使うことができます。

さらに今なら新規申し込みで現金2万円のキャッシュバックキャンペーンが実施中です。

ただ、このオンリーモバイル、下り最大150Mbpsと他のモバイルルーターと比べて速度が遅く、3日間で2GB以上使うと速度制限がかかってしまいます。

なので実質月間20GB程度です。そのくらいしか使わない!という方なら安いしおすすめできますが、そうでない方はBroad WiMAXを選ぶほうが無難です。

  • NTTドコモの「Xi」採用
  • 全国主要都市の人口カバー率99%以上
  • データ上限なしの「使い放題プラン」がおすすめ
  • 下り最大150Mbps
  • 新規申し込みで現金2万円キャッシュバック

6位:UQ WiMAX

f:id:masa381man:20171117121658p:plain

  • 評価:★★☆☆☆
  • 安心・安定のWiMAX本家を使いたい方にオススメ!
プラン名 UQ Flatツープラス ギガ放題
基本料金 4,380円(最初の3ヶ月間は3,696円)
キャンペーン LTEオプション料金無料
事務手数料 3,000円
2年間総額 103,068円

KDDIグループで、本家本元のWiMAXでもあるUQWiMAX。RBB TODAYモバイルアワード2016において、総合満足度No.1を獲得するなど、知名度が非常に高いことが魅力。

「ギガ放題プラン」で契約をすれば、下り最大440Mbpsの高速回線をデータ制限なしで使うことができます。また「3年契約オプション」ならWiMAX 2+とau 4G LTEが利用可能な「LTEオプション」通常月額1,005円を無料にすることも可能。

ただし、比較的WiMAXの中では月額料金が割高であることからも、6位という順位に設定しています。格安SIMをUQで契約している人には特におすすめです。

  • 下り最大440Mbps
  • データ上限なし
  • お客様満足度No.1
  • LTEオプション料金無料
  • auスマートバリューが適用可能

【番外編】mineo・UQモバイル

f:id:masa381man:20171117131314j:plain

そんなに頻繁にポケットWiFiを使うわけではないけど、自宅の固定回線とは別にサブとして一応持っておきたい・・・そんな方なら格安SIMもおすすめです。

格安SIMというとスマホを安くするイメージがありますが、mineo(マイネオ)やUQモバイルはモバイルルーターとしても使えるのです。

中古でもなんでもいいので、W01~WX03までのWiFiルーターを用意して、格安SIMのSIMカードを差せば使えます。詳しくは「解約したWX02やWX01のWiFiルーターがmineoの格安SIMで復活した件」で解説していますので、気になる方はチェックしてみて下さい!

f:id:masa381man:20171117125019j:plain

上の画像の料金表はmineo(マイネオ)です。mineoのauプランであれば、速度もかなり出ますし幅広いデータ容量が選べておすすめです。

毎月あまり使わないなら、mineoの3GBや6GBでも充分使えますし、料金は他のモバイルWiFiより相当安くなります。

f:id:masa381man:20171117131415p:plain

UQモバイルは月間3GBしか選べませんが、月額980円とmineoより少し高めの代わり通信速度はトップクラスに爆速なので、3GBで充分という方はUQモバイルもおすすめです。

モバイルWiFiの選び方

以上、おすすめのWiFiサービスを紹介しましたが、数多く存在するモバイルWiFiの中から何も分からずに契約してしまうのは、後で後悔する確率が高まります。

どのような基準でモバイルWiFiを選んでいけば良いのか、注目すべき4つのポイントをご紹介します。

1.通信速度制限

f:id:masa381man:20171117122459p:plain

出典:http://www.uqwimax.jp/

今回紹介したモバイルWiFiサービスのプランは、ほぼ月間利用制限がありません。

ただ、3日間の速度制限が設けられており、3日間で10GB以上を使うと速度制限がかかってしまい、かなり遅くなります。

これが大体1Mbpsくらいなんで、SNSやネットサーフィンをやる分にはストレスありませんが、動画を見るのは少しストレスかかるレベル。標準画質で短い動画であれば、そこまでイライラはしません。

とはいえ3日間で10GBって相当使い込まない限り達しないので、気にするレベルではありませんが、気になる方は速度制限がないNEXTmoible がおすすめです。

ただ、NEXTmoibleは最高でも月間30GBまでしか使えないので、3日間で10GB以上ペースで使い続けるのは不可能ですね。

2.通信速度

基本的に各回線で公表されている通信速度は、それほど重要ではありません。

これらはあくまでも「理論値」に過ぎず、最低限の通信速度を満たしていれば問題ないからです。最大速度なんて出やしませんからね。

実際にネット通信技術は目まぐるしく進歩しており、どの回線を契約しても十分過ぎるパフォーマンスを体感できます。

3.通信エリア

せっかくモバイルWi-Fiを契約したにも関わらず「自分が住んでいる地域がエリア外だった」なんてケースも珍しくありません。

そのまま放置していたらお金の無駄になるだけですので、直ちに解約手続きを済ませましょう。

あまり知られていないことですが、契約後にエリア外だと分かったなど明らかに利用継続が難しい理由に関しては、商品到着後8日以内であれば「初期契約解除制度」を使って無料で解約することができます。

事前にエリア外かどうかを調べることはできますので、もしエリア外であれば人口カバー率が高いNEXTmoible を選ぶことをおすすめします。

4.2年間の実質総額

先に紹介したモバイルWiFiランキング内容を確認しても分かるように、同じWiMAXでもプロバイダによって料金体系が異なります。さらにキャッシュバックなどのキャンペーンを適用させれば、月額料金を他社の同製品よりも抑えることが可能です。

このように、モバイルWi-Fiを比較する上で最も重要なのが「2年間の実質総額」です。サービス内容が同じなら、当然差が生じてくるのは料金ですよね。

そして多くのモバイルWi-Fiが最低契約年数を2年間で設定していることからも、実質総額を計算する必要があります。

特に、GMOなどキャシュバックを用意している会社もありますので、総合的に見ると安い場合も多いです。

こんな人にはこれがオススメ!

料金重視ならGMOとくとくBB WiMAX2+がおすすめ!

f:id:masa381man:20171116231906j:plain

WiFiを使う上で気になるのが料金ですよね。

単純に考えて2年間総額が68,004円とかなり安く使えるGMOとくとくBBがおすすめ。

月間データ容量上限なしで、ストレスフリーでインターネット接続が可能です。

WiMAXのエリア外ならネクストモバイルがおすすめ!

f:id:masa381man:20171117120439j:plain

自分が住んでいる地域はWiMAXの範囲外・・・という方は、全国の人口カバー率も99%以上を誇るNEXTmoibleがおすすめです。

ソフトバンクと同品質の回線でWiFiが使えますし、3日間の速度制限もないのでおすすめです。

WiMAXのエリア外の方はNEXTmoible一択です!

総合力重視ならBroad WiMAXがおすすめ!

f:id:masa381man:20171116130012j:plain

総合的に安定して早いWiFiを使いたい方にはBroad WiMAXがおすすめです。

速度が安定して速いですし、料金もGMOほどではないしろ安いです。というか、キャシュバックといった面倒な特典を考えなければBroad WiMAXが安いです。

GMOのキャシュバックはメールの見逃すと無効になってしまいますから、そういうのが面倒な方はBroad WiMAXを選んだ方が1番シンプルに安く使うことができます。

モバイルルーターのおすすめまとめ

どのモバイルルーターを選択すれば良いのかは、どこに重点を置きたいかでも異なります。

とにかく料金を安く抑えたいと考えているならGMOとくとくBBがおすすめですし、それ以外の部分も抜け目なくという考えならBroad WiMAXがおすすめです。

契約した後で「失敗した!」とならないためにも、自身のライフスタイルでは何が重要なのかをしっかりと考えた上で、最強のモバイルルーターを見つけてくださいね!

CEO BLOG 302inc.

twitter / facebook / Google+

Copyright© CEO BLOG 302inc. , 2015 All Rights Reserved.