【2017年】秋アニメ(10~12月)おすすめ人気ランキング|どれが面白いかアニメ感想まとめ

2017年秋アニメも終わり、2018年冬アニメがスタートしてきましたね。ここで、秋アニメを振り返りたいと思います。

2017年の秋期アニメを見逃した方や、もう一度振り返りたい方は是非チェックしてみて下さいね!

2017年秋アニメおすすめランキング

1位:宝石の国

高い人気を誇る原作漫画が満を持してアニメ化ということで、放送前から非常に注目を集めていました。

宝石たちの独特の美しさやバトルシーンが、3DCGアニメの素晴らしいクオリティで表現されています。

まだ苦手意識を持つ人が多い3DCGアニメですが、宝石の国の不思議な世界観とは、非常にマッチしていたといえるでしょう。

原作漫画ありきなので設定やストーリーが良いのはもちろんですが、声優の豪華さやこの作品を3DCGアニメーションにしたこと、全てにおいて大正解のアニメだったと言えます。

2位:3月のライオン 第2期

2016年の秋アニメとして放送されていた作品の、第2期ですね。実写映画化もされた話題作が原作のアニメです。

今話題となっている将棋をいち早く作品のテーマに取り入れていますが、本作の見どころは人間ドラマにあるかと思います。

ほのぼのとしたかわいらしい絵柄とは対照的に、内容はかなり暗くて重たいエピソードも多いです。色々なことがリアルに描かれすぎているので、気楽に観られるアニメではないかもしれません。

しかし原作の素晴らしい世界観を損なうことなく、アニメだからこそできる演出や表現でブラッシュアップしているところは流石の一言です。

3位:血界戦線 & BEYOND

1期からの続編となります。こちらのみでも見れないことはないですが、1期を見ていた方が色々わかりやすいです。

異能力バトルものですが、本作は設定、キャラクターから音楽、演出など、全てにおいて安定して高いクオリティを保っている印象を受けました。

1期が好きか2期が好きかは好き好きでしょうか。2期はストーリーが一話完結になっており、それが見やすいという人もいますが、やや盛り上がりに欠ける感じる人もいるようです。

いずれにせよ2期も安定して面白く、非常に高いクオリティを保っている良アニメといえるでしょう。

4位:このはな綺譚

萌え絵でまた旅館ものか……というのが初見の感想だったんですが、観始めてみるととても面白かった作品です。良い意味で期待を裏切ってくれましたね。

人外、萌え絵、百合要素などに釣られる人が多そうですが、単なる萌えアニメではありません。意外とシリアスな内容も盛り込まれており、どちらかというと心にじんとくるような感動系のアニメです。

4話から面白くなっていくので、3話切りをせずに観てほしいですね。

ただやはり、題材と絵柄的に「花咲くいろは」の二番煎じ感が否めない所が残念ですね。どちらもキャラクターの成長を描いた人情系の作品なので、どうしても頭にちらついてしまいます。

5位:鬼灯の冷徹(第弐期)

原作、そして2014年の冬アニメとして放送され高い人気を誇っていた鬼灯の冷徹。タイトルからもわかる通り、2期目のアニメとなります。

とはいっても本作はギャグアニメなので、二期からみても大まかな設定さえ知っていれば問題ないと思います。

地獄の住人達による日常が、時にダークに時にシュール、そしてコミカルに描かれます。神話や昔話、歴史的な要素が絡んでいるエピソードも多く、基本はギャグアニメですが見ながら色々なことを知れるアニメでもあります。

すでに第2期の2クール目の放送が決定しているので、そちらも楽しみな作品です。

6位:いぬやしき

イケメンや美少女が主人公の作品が多い昨今では、異端の作品と言えるかもしれません。

冴えない初老の男性が主人公で、おまけに兵器人間になった彼が戦いを繰り広げると、ストーリーも激しく突飛です。

しかし1話を見たらそんなことが気にならなくなるくらい、すさまじい作画のクオリティとストーリーに引き込まれていきます。特にバトルシーンは必見です。

7位:干物妹!うまるちゃんR

大人気となった一期の続編です。2期目はどうしても失速ぎみになってしまうものが多い中では、安定した面白さはありました。

しかし「干物妹!うまるちゃん」というアニメとしては、個人的にやや物足りなさが残りました。

具体的に言うと、うまるの干物感が圧倒的に足りないんです。何度かあれっ?うまるちゃんってこんなアニメだったっけ?と思わされました。

アニメとしては面白かったんですが、その点だけが1期からの「うまるちゃん」ファンとしては少し残念でしたね。

8位:Just Because!

リアルな世界観で、リアルな恋愛模様が描かれている作品です。

ふるさとに戻ってきた主人公が、昔好きだったヒロインと再会し再び恋心を募らせていく……という、あらすじだけ読むと非常にベタな作品です。

ただ本作は、キャラクター一人一人の心情の描き方がとにかく秀逸。キャラがそこまで多くないからこそできるのでしょう。

ハーレムや逆ハーもの、ベタベタの少女漫画展開が多い最近の恋愛アニメ事情の中で、敢えてこういった作品を作ったことはすごいと思います。

リアルな恋愛を描いているので、話に大きな波や怒涛の展開はありません。正直観ながら、もだもださせられる部分も多いです。

しかし12話の中で、キャラクターの心の動きや切ない恋を描き切ったのは見事でした。

9位:ブレンド・S

2017年秋アニメの、ゆるっと楽しめる萌え系アニメ枠な作品ですね。

最近のアニメではおなじみになった、まんがタイムきらら系列のいわゆるきらら枠アニメとなっています。

外見も中身もかわいいキャラクターがたくさん登場し、さらに萌え系アニメですが男性キャラクターもレギュラー出演します。意外ときわどいネタや設定が飛び出すところも、なかなか個性的で面白いです。

ものすごく派手な展開などはないですが、安定して毎週のんびり楽しめる作品となっています。色々な意味で、男女ともに楽しめるアニメだといえるでしょう。

10位:ネト充のススメ

タイトル的にありがちなハーレムもの、MMORPGを題材にしたアニメかなと思ったんですが、予想に反して大人のラブコメディという感じの作品でした。

ネトゲとリアルがうまい具合に交錯して、最終的にどうなるのかワクワクしながらみることができました。

SAOのような感じの作品を期待すると肩透かしをくらいますが、ラブコメアニメとしてはなかなか良かったかと思います。声優さんの演技が特に良いです。

ただ展開としては割とベタといえばベタ、ご都合展開かなとは思いました。あまり考えずに気楽に観ることができるアニメを見たい時にはおすすめできます。

11位:魔法使いの嫁

話題の異種族恋愛漫画が、満を持して2017年秋からアニメ化となりました。

ダークですしキャラクターのバックグラウンドもかなり重ためですが、ストーリー自体はラブコメちっくな部分があったりと、ほんわかできる部分もあります。

ただその端々に滲む共依存的な関係や、登場人物の深すぎる闇。夏目友人帳の女主人公版っぽいなと最初は思いましたが、もっとダークで暗いです。ヒロインも周囲の登場人物も含めて。

2クールアニメなので、ここからどのように原作をまとめていくのか楽しみですね。

12位:キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series

人気ノベルが原作のアニメです。以前も何度か色々な形でアニメ化はされていたため、今回はリメイクという形になるようですね。

一貫して不思議な雰囲気が強いアニメです。また一話でひとつのおなしが終わる短編集のような感じになっています。

明るい話ではないですが、声優さんたちの落ち着いた演技もあり、比較的観やすいかと思います。

ただ原作未読の人や、以前までのアニメを見ていない人は、本作からでは手が出しにくいかもしれません。

13位:妹さえいればいい

「僕は友達が少ない」の平坂読さんが原作を書いている、ライトノベルのアニメ化作品です。

タイトルや絵の雰囲気から、ハーレムものだろうなという印象を受けますが、意外と深い内容が描かれてもいました。

作家という特殊な職業の苦悩や裏側がみられたのは、なかなか重しかったです。

また主人公以外のキャラクターも何かしらの悩みを抱えながら生きている人たちばかりが登場します。彼らが作中でどのように成長していくのかも、見どころでしょう。

作画も終始安定していますが、いかんせんかなり過激な下ネタ多いです。ウケる人にはウケそうですが、下ネタがダメな人は受け付けない作品だろうなとは思いました。

14位:クジラの子らは砂上に歌う

原作漫画の不思議な世界観が、見事にアニメでも表現されていました。

かわいらしい絵柄とは対照的に、内容はシビアでダークファンタジーの類に入る作品となっています。

不思議な世界観と高い作画のクオリティが魅力ですが、設定が難しいためアニメ初見の人だと理解するのに苦労するかもしれません。

中盤以降を是非見てほしい作品ですが、設定が難解なのでそこまでアニメを視聴し続けている人があまり多くなさそうです。そのあたりがやや残念といえます。

15位:アイドルマスター SideM

今期の女性向けアイドルもののアニメです。近年じわじわと人気が高くなっているMマスこと「アイドルマスター SideM」。

アプリゲーム原作のアニメは、ゲームをやっているユーザー向けのサービスアニメになりがちですが、Mマスはひとつのアニメとして面白く仕上がっていました。

楽しく明るい場面もありつつ、シリアス要素もあり……キャラクターが非常に多い作品ですが、ある程度物語の主軸になるキャラを絞ることで、物語としてうまくまとめていました。

ですがメインとして描かれなかったキャラクターのファンは、やや不満が残る結果になったでしょうか。また視聴層が女性に限定される作品ではありますね。

16位:少女終末旅行

人によって評価が別れそうな作品ですが、個人的には好きでした。

既に終わった世界を、二人の少女がひたすらさまよう、ただそれだけを描いた作品です。

非日常の中で、少女たちが生きる日常を垣間見ることができます。

凄いどんでん返しがあったり物語が大きく動くことは最後までないですが、だからこそじっくりと色々なことを考えられる作品だと言えるでしょう。

ただぼんやりとアニメを見たい人、物凄く考察をすることが好きな人のどちらにもおすすめできます。

17位:銀魂. ポロリ篇

将軍暗殺篇や烙陽決戦篇などのシリアス続きで、アニメ化しきれなかった短編をアニメ化しています。

なのでとにかくギャグ、ギャグ、ギャグ!たまにちょっもほろりとくる話もあったかな?

ギャグが詰め込まれてるので、個人的には途中からやや食塩ぎみでした。銀魂はシリアスと混ぜて、ちょうどいいバランスになるんでしょうね。

2018年1月からは、最終章でもある銀の魂編が放送されています。こちらはうって変わってシリアス要素がかなり強くなっていくので楽しみです!

18位:十二大戦

干支を題材にした、バトルロイヤルアニメの十二大戦。原作は西尾維新の小説です。

序盤はまさかの展開もあって驚かされたりしましたが、段々と作業的な感じになっていったのが非常に残念でした。

バトルものなのに単調、さくさくとキャラクターが死んでいくので、キャラを好きになると痛い目をみます。

また題材的にバトル部分に力をいれた方が映えそうなのに、どちらかというとキャラの過去や葛藤などを描いたシーンが多く……その点もテンポの悪さに拍車をかけていた気がします。

題材としては面白いですし、内容も悪くはありませんでした。ただ大きな盛り上がりがなく終わってしまったな~という印象の色々と惜しいアニメです。

19位:おそ松さん 第2期

第1期が若い女子に絶対な指示を受けた「おそ松さん」。2クール続けてのアニメになるので、冬アニメ枠でも放送されています。

その第2期ということもあって、かなり期待値が高かった人も多かったでしょう。

結果としては、いまのところ期待の割には……といったところですね。Twiter公式アカウントなどのRT数などからみても、失速している感がありありと伝わってきます。

第1期の爆発的な流行の熱が冷めないうちに、第2期を作りたかったのでしょうか?相変わらずギリギリなネタも多いですが、全体的に安直な下ネタに逃げているような印象です。

とはいえ相変わらず面白い部分もあります。1期がなければまた評価も違ったのかもしれませんが、どうしても失速感否めずこの順位となりました。

20位:ラブライブ!サンシャイン!! 2nd Season

絶大な人気を誇るラブライブ!シリーズ。

ですがやはり「サンシャイン!!」は、「ラブライブ!」というブランドに良くも悪くも引っ張られているイメージが拭えませんでした。

キャラクターはかわいいですし挿入歌も良いものが多いです。しかし展開や構成の甘さが目立ちすぎました。

この話いる?この展開無理がありすぎない?が、1クールの間に何度もあるというのはいただけませんね。

これが「ラブライブ!」じゃなかったらまた評価が変わるのかもしれませんが、本家の栄光がどうしてもありますからね。

とはいえ人気シリーズですし、良い展開やエピソードもありましたのでこの順位とさせていただきます。

見逃したアニメは動画配信でおさらい!

アニメはネットで検索すると視聴できたりしますが、当然違法行為なので辞めましょう。

多くの会社が提供している動画サービスを使えば、探す手間も省けますし画質もキレイで待ち時間もなくストレスフリーで視聴できます。

煩わしい広告もありませんし、無料お試し期間もあるので便利です。気に入らなければ、無料期間中に解約して、別のサービスを試してみるのもありです!

U-NEXT

f:id:masa381man:20170930193409j:plain

U-NEXTは登録作品数が12万本を超えるなど登録数で他を圧倒している動画サービス。

無料お試し期間も31日間と長いですが、月額料金が1,990円とhuluやdTVと比べると高いです。

ただアニメの本数もかなり揃っているので、アニメを動画配信サービスで観たい方には1番おすすめです。

Amazonプライムビデオ

f:id:masa381man:20171016003113j:plain

Amazonプライムは、Amazonプライム会員になっていれば利用できる動画サービスです。

映画やドラマも充実していますが、アニメ作品も最新のものから古いアニメまで網羅しています。

なんといっても、動画配信だけでなく音楽聴き放題やお急ぎ便、Kindle本が毎月1冊無料など、使えるサービスが幅広いところもポイント。

これらが毎月325円(年会費3,900円)で使えるわけですから、コスパは非常にいいです。Amazonを使う方なら入っておかない手はありません。

dTV

f:id:masa381man:20170930193434j:plain

dTVは月額500円と圧倒的に安い料金で楽しめる動画サービス。無料お試し期間も、31日間と丸々1ヶ月分です。

配信数はU-NEXTには敵いませんが、アニメの本数も揃っており低価格で視聴したい方はdTVがおすすめです。

hulu

f:id:masa381man:20170930193016j:plain

huluは国内外のドラマ・映画が揃っている動画サービス。ただ正直、アニメはそこまで充実しているとはいえません。。。

huluは2週間無料で視聴することができますし、アニメだけでなく映画も視聴できます。

月額933円で制限なく視聴できるので、アニメというよりもドラマや映画も楽しみたい方にオススメのサービスです。

2017年秋アニメのまとめ

以上、2017年秋アニメ(10~12月)をおすすめ順に紹介しました。

秋アニメは第2期などの続編などが多いクールでしたね。その中で「宝石の国」は2017年秋アニメから放送をスタートし、非常に高いクオリティで制作されていました。

3DCGというまだまだアニメファンからは受け入れられ辛い技術で、見事に美しい世界観を作り上げた点も評価し、本作を第一位とさせていただきました。

個人的には宝石の国、血界戦線、いぬやしきがイチオシ!

みやちまん

他にもたくさん面白いアニメが勢揃いだったので、また観ていない方は是非振り返ってみ下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。