【Logicool】ワイヤレスキーボード「K270」レビュー!

仕事机がコードだらけになるのが嫌でワイヤレスのキーボードを探していました。

ワイヤレスキーボードはコードがなくてすっきりするだけでなく、長時間のタイピングで少し違う体勢になりたい時など、ひざの上に乗せるなど色々な方法がとれます。

できるだけコストパフォーマンスがよくて、シンプルな形でテンキーがついているものを探していたのですが、そこで見つけたのが「ロジクール ワイヤレスキーボード K270」。

購入してから1年が経ち、ほぼ毎日使っていての感想やレビューを紹介します!

Logicool ワイヤレスキーボード K270

スペック

サイズ 横幅45 x 縦15.5 x 厚さ1.8cm
重さ 472g
カラー ブラック
電池 単4アルカリ電池×2
最長2年間使用可能

選んだ理由

このK270は、ワイヤレスキーボードの中でもかなり安い部類です(Amazonで2,000円以内)。この価格でテンキーがついているのも嬉しいです。この機種を選んだ理由はコストパフォーマンスの良さですね。

他のバッファローなどのワイヤレスキーボードも良かったのですが、この価格でこれだけのことができれば満足です。

K270の使用レビュー

レシーバーをPCにつなげるだけ!

使い方は簡単で、上の写真のようにパソコンのUSBポートに、付属しているUnifying対応のレシーバーをつなげるだけですぐにキーボードを使うことができます。

ソフトのインストールなどの手間は全くかかりません。また、このレシーバーはキーボードの裏に収納することができます。

このレシーバーをつなげておけばマウスなどUnifyingデバイスであれば最大6台に対応します。全て無線でつなげることができるので、マウスもロジクールのワイヤレスマウスを使えばパソコン周りがすっきりとします。

Unifyingソフトウエアをパソコンにインストール

ワイヤレスキーボードはこのままでも使えますが、専用のソフトウェアをインストールしておくとより便利です。

ショートカットキーを専用ボタンに割り当てておくと、そのボタン1つでショートカットキーが実現できます。

それでは、Unifyingソフトウエアをダウンロードしてレシーバーにデバイスを追加します。ダウンロードをしたら以下のような画面になります。

次へを押してあとはキーボードの電源を入れるだけです。

テンキー

数字を多く入力する人にとってテンキーが別にあるのはありがたいです。

キーボードは入力しやすい

全体的にキーが少し軽めなので、タイピングが速い人や数多く打たないといけない人にもおすすめです。

また、ほぼ毎日10時間以上は利用して1年になるのですが、まだ写真のような状況でどのキーも問題なく使えます。電池は一度替えましたが、これだけの使う頻度で1年に1度程度であれば問題ないです。

軽い・耐水設計がありがたい

本体は470gと軽いので、キーボードを掃除などの時動かすのに便利です。

また耐水設計が施され、キーボードの上に水がこぼれても故障しにくくなっています。1年間使っての状況が上の写真なのですが、キートップの文字が全く消えていません。消えていないどころかくっきりと残っています。

オンオフボタン

キーボードの右上にオンオフボタンがついており、小まめに使わない時はオフにする事により電池が長持ちします。簡単にオフにできるのが良いです。

ショートカットキー

ショートカットキーがついていて電卓やボリュームなどわりとよく使うボタンが並んでいます。

ショートカットキーが独立しているのは使いやすいです。他にも音楽の再生や一時停止、メールチェックもできます。

先ほど紹介したUnifyingソフトウエアの設定で、ショートカットの内容を変更することもできます。

例:ホームキーにCtrl+Cを設定してホームキーを押すだけでコピーができる、など。

ロジクールのワイヤレスキーボード K270のレビューまとめ

使うまでの設定が楽で、初めてワイヤレスキーボードを使う人におすすめです。慣れてくればもっとグレードアップする方もいらっしゃると思いますが、このキーボードでも十分使いものになります。コストパフォーマンスは相当高いです。

電池は1度交換しましたが、僕のようにヘビーユーザーでなければ表記通り2年間もつのではないかと思います。

総合的にかなり満足しているので、壊れるまではずっと使い続けるつもりです!

以上、Logicoolのワイヤレスキーボード「K270」のレビューでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。