みやちまん.com

1人会社を経営する社長の生き方や考え方

【ドラフト採点】2015年ドラフトを評価する セ・リーグ編

スポンサーリンク

f:id:masa381man:20170823072510j:plain

2015年のドラフト会議、各球団の指名はどのようなものだったか?もちろん、ドラフトは、長期スパンで見なければ勝ち組か負け組かなど評価はできないが、現時点での評価が数年後どのように反映されるかも面白い。そこで、15年のドラフト結果をランク付けしたいと思う。各選手は、S~Eランクで、評価付けをしている。

画像引用元:http://number.bunshun.jp/articles/-/823993

ヤクルト

×高山俊
1位…原樹理(東洋大)投手:B
2位…広岡大志(智弁学園高)内野:C
3位…高橋奎二(龍谷大平安高)投手:C
4位…日隈ジュリアス(高知中央高)投手:E
5位…山崎晃大朗(日本大)外野:E
6位…渡辺大樹(専大松戸高)内野:C

2015年は最下位からの見事な優勝を飾ったヤクルト。しかし、2軍に目を移すと、怪我人が多く、投手が守備をしていたりと散々な有様。ドラフトでも、投手野手3人ずつの指名となったが、もう少し指名してもよかったのではないだろうか?1位の原は1年目からローテーションが狙える逸材。2位の広岡は将来サードか外野を、6位の渡辺も、ショートを狙うことができる選手。5位指名の山崎は1位で外した高山の代わりだろうが、そこを埋めるにはあまりにも荷が重い気がしてならない。センターの人材に乏しく、1位で高山を外したのは痛かったかもしれない。

全体評価:★★☆☆☆

巨人

1位…桜井俊貴(立命館大)投手:B
2位…重信慎之介(早稲田大)外野:C
3位…与那原大剛(普天間高)投手:D
4位…宇佐見真吾(城西国際大)捕手:C
5位…山本泰寛(慶応大)内野:D
6位…巽大介(岩倉高)投手:D
7位…中川皓太(東海大)投手:E
8位…松崎啄也(日本製紙石巻)内野:E
育成1位…増田大輝(四国IL徳島)投手:D
育成2位…小林大誠(BC武蔵)捕手:E
育成3位…松沢裕介(四国IL香川)捕手:入団拒否
育成4位…田島洸成(BC武蔵)内野:E
育成5位…大竹秀義(BC武蔵)投手:D
育成6位…山下篤郎(鎮西高)投手:D
育成7位…矢島陽平(BC武蔵)投手:E
育成8位…長谷川潤(BC石川)投手:E

3軍の創設を見据えて、大量16人指名の巨人。1位の桜井は、1年目からローテーションに入り新人王を狙える素材。2位の重信も、プロに慣れればセンターのレギュラーを狙える。4位の宇佐美は、小林と良いレギュラー争いができるのではないだろうか。全体として見た時、どの選手も小粒な印象が強く、バリバリ活躍できそうなのが1位の桜井のみ。ジャイアンツの場合、無理にドラフトにこだわらなくとも、それ以外からいくらでも選手を獲得できる環境にあり、流出もそこまで心配がいらないので、それでも良いとは良いが、メンツとしては弱いか。センターラインをもう少し若い選手を入れられたら良いとは思うが、現状の戦力を刺激するには十分な指名だったといえる。

全体評価:★★☆☆☆

阪神

1位…高山俊(明治大)外野:B
2位…坂本誠志郎(明治大)捕手:C
3位…竹安大知(熊本Gラークス)投手:D
4位…望月惇志(横浜創学館高)投手:E
5位…青柳晃洋(専大松戸高)投手:E
6位…板山祐太郎(亜細亜大)外野:E

1位の高山を、ヤクルトとの競合の上獲得。外野も高齢化が進み、絶対的な選手が福留のみという状況なだけに、高山はそこに入るにはうってつけの選手。1年目からセンターを狙える。しかし、2位以下のメンツはどうだろうか?2位の坂本は捕手争いに参戦できるだろうが、鶴岡や梅野の3番手となる可能性が高い。3位以降も、来年優勝を狙う戦力を形成するには今一歩足りない選手が多い。中継ぎの即戦力を担える投手や内野手をもう少し指名したかった。

全体評価:★☆☆☆☆

広島

1位…岡田明丈(大阪商大)投手:B
2位…横山弘樹(NTT東日本)投手:B
3位…高橋樹也(花巻東高)投手:C
4位…船越涼太(王子)捕手:D
5位…西川龍馬(王子)内野:D
6位…仲尾次オスカル(ホンダ)投手:C
7位…青木陸(山形中央高)捕手:E

1位の岡田はリリーフとして、2位の横山は先発として、1年目から期待できる投手。広島の弱い部分である先発とリリーフを、1位・2位で獲得できたことは大きい。3位の高橋も、2年目か3年目にはローテが狙える選手。4位の船越と5位の西川も、それぞれ1軍戦力を刺激できる素材であり、全体的にバランスの良い指名ではないだろうか。

全体評価:★★★☆☆

中日

×高橋純平
1位…小笠原慎之介(東海大相模高)投手:A
2位…佐藤優(東北福祉大)投手:C
3位…木下拓哉(トヨタ自動車)捕手:B
4位…福敬登(JR九州)投手:C
5位…阿部寿樹(ホンダ)内野:D
6位…石岡諒太(JR東日本)内野:E
育成1位…中川誠也(愛知大)投手:E
育成2位…吉田嵩(四国IL徳島)投手:D
育成3位…三ツ間卓也(BC武蔵)投手:D
育成4位…西浜幹紘(星城大)投手:D
育成5位…呉屋開斗(八戸学院光星高)投手:E
育成6位…渡辺勝(東海大)外野:E

1位の高橋純平は逃すも、小笠原を獲得。それ以降のメンツもよく、2位の佐藤と4位の福はリリーフとしての活躍が期待できる。3位の木下はレギュラーを狙える捕手であり、現状絶対的なレギュラー捕手がいない中日にとって、うってつけの選手である。5位の阿部も、セカンドやショートを狙える選手。ただ、全体としては順位の割に即戦力となる選手が乏しい。メンツとしては良い指名だが、今季のことを考えると、少し残念ではあった。。

全体評価:★★★☆☆

DeNA

1位…今永昇太(駒沢大)投手:A
2位…熊原健人(仙台大)投手:B
3位…柴田竜拓(国学院大)内野:C
4位…戸柱恭孝(NTT西日本)捕手:C
5位…綾部翔(霞ヶ浦高)投手:C
6位…青柳昴樹(大阪桐蔭高)外野:D
7位…野川拓斗(鷺宮製作所)投手:D
育成1位…網谷圭将(千葉英和高)捕手:E
育成2位…山本武白志(九州国際大付高)内野:D
育成3位…田村丈(関西学院大)投手:E

状態さえ万全なら、新人王筆頭候補である今永を1位で獲得。2位で熊原を獲得できたことも大きい。3位で守備抜群の柴田、4位で1軍に食い込める戸柱を獲得。5位以降も、綾部や青柳など楽しみな素材を獲得。1位と2位で即戦力となる投手を獲得でき、来季に向け課題だった投手陣に厚みが加わった。全体的に良い指名だったといえそうだ。

全体評価:★★★★☆

野球中継はスポナビライブ!

野球シーズンが始まったら、スポナビライブで野球を見ましょう!

スポナビライブは野球中継を見ることができるアプリで、月額1,480円、ソフトバンクやヤフープレミアムユーザーなら980円で動画見放題!

パリーグは全球団、セリーグは広島・巨人以外の主催試合を全て見ることができます。

僕も毎年スポナビライブで野球観戦してますよ!登録した初月は無料で使えますし、野球ファンは登録しておいて損がないです!

CEO BLOG 302inc.

twitter / facebook / Google+

Copyright© CEO BLOG 302inc. , 2015 All Rights Reserved.