【レビュー】L字デスクを5年使ってのメリットとデメリットを紹介|おすすめは?【L字机】

僕はここ5年くらいずっとL字デスクを使っています。

L字デスクとは、文字とおりL字になっているデスクで、

L字デスク

この写真のように前方だけではなくサイドにも机にあるのが特徴。

収納も多くできますし、横にプリンタ・引き出し・書類・電話など色んなものが置けますので、仕事環境にはもってこいのデスクです。

今使っているおすすめのL字デスクと、同じく検討した他のL字デスクも紹介していきます!

今使っているL字デスクのレビュー

今使っているのはこのL字デスク。

価格も12,000円とかなり安いモデル。それでいて機能も必要十分です。

コスパとしては相当いいですよ、これ。

スペック

サイズ 幅156x奥行156x高さ76.5cm
素材 ウォルナット:合成樹脂化粧パティクルボード(PVC)
オーク:合成樹脂化粧パーティクルボード(メラミン)
カラー ウォルナット、オーク
重さ 約30kg
耐荷重 天板:各約15kg

この机の天板部分のサイズは以下の通り。

天板部分のサイズ

カーブしている部分を除けば、横幅96cmで奥行きが60cm。

これならパソコンを置いても十分な余裕があります。カーブの部分も活用すれば十分なスペースです。

実際の作業スペース

現在の作業スペースがこんな感じ。

現在の作業スペース

PCはデュアルモニタです。

椅子はエルゴヒューマン。ドラマの「リッチマン、プアウーマン」で小栗旬が使っていたのと同じやつ。

内側に脚がないのが広く使えていい

内側に脚がないのが広く使えていい

このデスク、内側の連結部分に脚がないのでかなり使いやすいです。

L字デスクを探していると、たまに内側にも脚があるタイプがあるんですよね。

そうすると下に物を置く時にレイアウトが限られますし、椅子を動かす時や横を向くときにひっかかってしまうので不便なんです。

コンセントが付いていて使いやすい

コンセントが付いている

このL字デスクの左奥にコンセントが2穴ついています。

パソコンやモニタの電源などこれで供給できますし、机周りの配線がコンパクトになってこれもかなり◎。

机の下にボックスを置くとより広く使える

僕は、横の下に2段カラーボックスを2個横に並べて置いています。

机の幅が96cmありますから、このアイリスオーヤマのカラーボックスが横幅41.5cmなので2個すっぽり並べて入ります。

高さも73cmに対してカラーボックスが59.5cmなのでまだ余裕ができる程度。

ここに領収書類や交換用インク類など収納しておくと、スペースとしては完璧です。

組み立ては少々大変

このクラスの大きさになると、組み立ては少し大変です。電動ドライバーを使わないと無理ゲーです。

手軽なものでよいので、1家に1台準備しておきましょう。

電動ドライバーを使って組み立てて、大体2時間程度といったところでしょうか。

ある程度の組み立てスペースも必要になります。

その他検討したL字デスク

ガラス製L字デスク

サイズ 幅1600mm x 奥行1600mm x 高さ750mm
素材 スチールパイプ(粉体塗装)・6mm強化ガラス
脚部:(ナイロン)
カラー ブラック、ホワイト
重さ 約40kg
耐荷重 天板:全体平均15kg、コーナー部分:8kg、収納棚:5kg

検討していたというか、以前使っていたモデルです。こちらはガラス製。

横の部分に収納棚がついているので、より広く使えるのがメリット。

ただ、この机連結部分の内側に脚がついているため、机で移動する時ひっかかるんですよね。。。

それがデメリットでもありました。

ガラス製は割れるんじゃないか?とイメージがありますが、普通に使っている分には全く割れることなんてなかったです。

しかし、トラックに乗せて引っ越しをしたとき、横が少し欠けちゃったんですよね。。。

ガラス製はキレイなんですが、そういったデメリットもあるので今ので十分かなという感じです。

ヨーロッパ製 L字デスク

サイズ デスク大:150×70×72cm
デスク小:100×70×72cm
コーナー天板:70×70×2.5cm
チェスト:40×38.5×56cm
デスク全体(連結時):1700×2200×720mm
素材 プリント化粧板パーティクルボード
カラー ナチュラル、ブラウン
重さ デスク大 30.85kg、デスク小 24.05kg、コーナー 5.55kg
デスク全体(連結時)60.45kg、チェスト 14.75kg
耐荷重 デスク天板各:30kg、コーナー:10kg、チェスト天板:15kg

これは問題なければ1番欲しかったやつです。本当ならこれがよかった。

価格は送料も含めると5万超え。別に値段はどうでもよかったんですが、1番の問題はサイズです。

横幅150cm。連結部分も含めると220cmのスペースが必要です。

僕の仕事スペースで横幅220cm取っちゃうと、構造上色々不便になっちゃうので泣く泣く断念しました。置けないこともないんですが、他の部分で支障が出ちゃうので。。

まぁこの机も内側に脚がありますし、引っかからない分今の机のほうが利便性は高い!ということにしておきましょう。。。(すっぱい葡萄)

L字机レビューまとめ

以上、L字デスクをまとめました。

メリットとデメリットをまとめると次の感じです。

L字デスクのメリット
  • 机を広々と使える
  • 作業スペースが有効活用できる
  • 仕事できる感がかなり出る
L字デスクのデメリット
  • スペースがある程度必要
  • 組み立てに時間がかかる
  • 引っ越しが少し大変

といったところでしょうか。

組み立てが大変といっても、電動ドライバー使えば2時間程度で終わります。2人とかでやれば更に短縮できます。

作ったあとはもう快適空間しか待っていないので、メリットだらけ。

良い作業スペースを確保したい方は、L字デスクはかなりおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。