DAZN(ダゾーン)を使う前に知っておきたい!メリット・デメリットを徹底解説

DAZNのメリット・デメリット

スポーツが観れる動画配信サービス・DAZNの(ダゾーン)。

DAZNを使うとどんなスポーツが観れていくらで使えるのか?

まだ利用したことがない方やこれから利用する予定の方のために、DAZN(ダゾーン)のメリットやデメリットを解説していきます。

DAZNの特徴
  • 野球中継やサッカー中継は無敵
  • 他にも多様なスポーツ中継を配信
  • 見逃し配信やハイライト配信に対応
  • 2台同時視聴・テレビでの視聴にも対応
  • 初回1ヶ月間無料で使える

1ヶ月以内に解約すればお金はかかりません。

DAZNとは?視聴できるコンテンツ

DAZNで観れるスポーツ

DAZN(ダゾーン)とはスポーツ専用の動画配信サービス(VOD)で、人気スポーツのほぼ全てを網羅しています。

DAZNで観れるスポーツ
  • サッカー(Jリーグ[J1,J2,J3]、セリエA、プレミアリーグなど)
  • 野球(日本プロ野球、MLB)
  • F1、GP3などモータースポーツ
  • ゴルフ
  • バスケ(Bリーグ)
  • NFL
  • テニス
  • 総合格闘技
  • バレー(Vリーグ)
  • 自転車競技
  • ラグビー
  • ボクシング
  • ダーツ

すごく多いね!

人気スポーツはほぼDAZNでみれるのが魅力だよ!

DAZNはパソコンだけでなく、スマホやタブレットでも視聴できるので、テレビがない環境でもどこでもみれるのもメリットです。

DAZNの月額料金や支払い方法

DAZNはいくらで使えるのか、料金は以下のとおりです。

月額料金一般会員:1,750円
ドコモ:980円
無料期間1ヶ月間
支払方法
  • クレジットカード
    (VISA、MASTERCARD、JCB、AMEX)
  • PayPal
  • DAZNプリペイドカード
  • DAZNチケット
  • スマホ料金とセット
    (ドコモユーザーのみ)

ドコモユーザーは月額980円で使えるのでよりお得です。一般会員でも1,750円で使えます。

これはスポーツ中継が観れるスカパーが毎月3,600円必要なことと比較すると、半額以下でかなりお得な料金です。

Jリーグだけ観たい、プロ野球やメジャーリーグの試合だけ観たい、という方でもスカパーに加入するよりお得に観れます。

また、初回1ヶ月間は無料で使えるので登録しやすいです。月にまたいで有効なので、例えば3月14日に登録すれば4月13日まで無料で使えます。

いつ登録しても無料で使える期間は変わらないので、迷う方は手軽にお試ししてみましょう。

DAZNの画質は良い?悪い?

DAZNはあくまでネットを通した動画配信サービス(VOD)なので、スカパーやテレビ中継と比べると画質は劣ります。

それでも全く見づらい!というレベルではなく、パソコンやスマホで十分視聴できるキレイさなので安心してください。

DAZNのブラウザ

実際に試合を観戦してるのが上のキャプチャです。

この画像はスクショしたものだから、実際はこれよりも画質はいいよ!

このレベルなら問題なさそうだね!

どうしても画質が不安な方は、初回1ヶ月間は無料で使えるので、お試し期間を利用して確認してみましょう!

DAZNのメリット

メリット

それでは、DAZN(ダゾーン)のメリットや魅力を紹介します。

DAZNのメリット
  • 視聴できるスポーツが豊富
  • 見逃し配信に対応
  • ハイライト配信に対応
  • 6台で使え、2人の同時観戦ができる
  • 便利なリマインダー機能
  • テレビ観戦もできる

視聴できるスポーツが豊富

DAZNで観れるスポーツ

DAZNはとにかく視聴できるスポーツが多く、特に野球やサッカーファンの方にはかなりおすすめできるVODです。

配信されてるスポーツをジャンルごとに分けてみたので気になる方はクリックしてみてね!
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • MLB(エンゼルス、マリナーズ、ヤンキース、ドジャースなど、日本人選手が活躍するチームが中心)
  • Jリーグ(J1/J2/J3)
  • UEFAチャンピオンズリーグ
  • UEFAヨーロッパリーグ
  • プレミアリーグ(イングランド)
  • ラリーガ(スペイン)
  • セリエA(イタリア)
  • リーグアン(フランス)
  • トルコ スュペル・リグ(トルコ)
  • エールディヴィジ(オランダ)
  • Aリーグ(オーストラリア)
  • FAカップ(イングランドカップ戦)
  • DFBポカール(ドイツカップ戦)
  • クープ・デ・フランス(フランスカップ戦)
  • コパ・デル・レイ(スペインカップ戦)
  • コッパ・イタリア(イタリアカップ戦)
  • トルコ・カップ(トルコカップ戦)
  • デビスカップ
  • ATP250の一部
  • WTAインターナショナルトーナメント
  • WTAプレミアトーナメント
  • ワールドラグビー・セブンズシリーズ
  • ジャパンラグビー トップリーグ
  • 欧州ラグビー・チャンピオンズカップ
  • プレミアシップ
  • オータム・インターナショナルズ
  • ジロ・デ・イタリア
  • UCIワールドツアー
  • バスケ(Bリーグ)
  • バレー(Vリーグ)
  • モータースポーツ(F1/F2/F3)
  • ボクシング
  • 総合格闘技(ベラトール)
  • ゴルフ
  • セーリング
  • ダーツ

見逃し配信に対応

DAZNの見逃し配信

DAZNはリアルタイムで観戦するだけでなく、見逃し配信にも対応しています。

録画も必要がなく、仕事や予定でリアルタイム観戦できなかったときなど便利です。

配信後30日間は見逃し配信に対応しているので、時間や場所を選ばず観戦できるのは大きなメリットです!

30秒毎に早送りもできるから、飛ばしたい時も使いやすいよ!

ハイライト配信に対応

DAZNのハイライト切り替え画面

DAZNはフルタイムでのスポーツ観戦もできますが、ハイライトで観ることもできます。

フルタイムだとどうしても2~3時間かかってしまうところ、ハイライトだと3~5分ほどで観れるので大変便利。

特に野球など、1試合の時間がどうしても長くなってしまうスポーツを観るときは嬉しい機能です。

6台で使え、2人の同時観戦ができる

DAZNのアカウントは最大6台で使うことができ、同時に2人まで再生することができます。

同時再生が2人ということは、1人がスマホで、もう1人がパソコンで、という使い方ができるということです。

もちろんスマホで同時に使うこともできるよ

また、最大6台まで登録しておけるので、パソコン、スマホ、タブレット、テレビなど多様な機器で視聴ができます。

DAZNは最大6台利用可能

こんな感じで、DAZNにログインすれば自動で再生機器が登録されます。

7台目でログインすると、1番古い機器が削除されていく仕組みです。だから、わざわざ管理しておく必要もなく楽です。

1人分の料金で同時に2人が使えるのもお得です!

3人目が同時に見たらどうなるの?

DAZNのヘルプによると3人目がログインすると他の端末が見れなくなるみたいだね

DAZNは同時に2つの端末までご視聴いただけます。
また、6つの端末まで登録することが可能です。

3つ目の端末でDAZNにログインすると、それ以外の端末のうち、1つのライブストリーミングが停止します。
また、ご利用の各端末はマイ・アカウントで簡単に確認することができます。

引用:DAZNヘルプサイト

3人で使う場合は注意しましょう。

とはいえ2人でも十分使えるので、いつでもどこでもスポーツ観戦ができます。

便利なリマインダー機能

DAZNには「リマインダー機能」という、好きなチームの試合が開始されるタイミングで通知を受け取れる便利な機能があります。

気になる試合にリマインダーを設定することで、プッシュ通知にてご利用のスマートフォンやタブレットへ、試合開始がお知らせされる機能です。

引用:DAZNヘルプサイト

DAZNのリマインダー機能イメージ

使い方は簡単で、「まもなく配信」にある試合予定の右上の時計マークをタップしてリマインダー登録するだけです。

チーム単位やスポーツ単位で設定ができるので、試合開始を見逃すことなく観戦できて便利です。

テレビ観戦もできる

DAZNで使えるデバイス

DAZNはスマホやパソコンだけでなく、対応している機器やゲーム機を使うことでテレビで観ることもできます。

これなら、テレビ中継と同じ大画面で視聴できるので便利ですよね。もちろんハイライトや見逃し配信も観れるので、テレビ放送に頼らなくて良いわけです。

CMがないのも嬉しい!

DAZNをテレビで観るには、以下の機器いずれかが必要です。

  • Amazon Fire TV Stick
  • Chromecast
  • Apple TV
  • Air Stick
  • ひかりTV
  • Xbox One
  • プレステ4
  • プレステ3
  • 対応スマートテレビ
  • 対応レコーダー

プレステや対応テレビがある家庭は問題ありませんが、ない場合は安い「Fire TV Stick」を使うことをおすすめします。

使い方も簡単で、ネット環境さえあればテレビに挿してコンセントにつなぐだけです。

テレビへの接続

これがスカパーならアンテナ取付工事など必要ですが、DAZNは対応機器さえあればテレビで観れるので、余計なコストがほとんどかかりません。

DAZNのデメリットや注意すべき点

注意すべき点

次に、DAZN(ダゾーン)を使う前に確認しておきたい注意事項やデメリットについて紹介します。

DAZNのデメリット
  • テレビ中継よりも遅れはある
  • テレビと比較すると画質は劣る
  • オフシーズン持て余す
  • ダウンロードができない

テレビ中継よりも遅れはある

これはDAZNだけでなく、楽天TVやパ・リーグTVにも言えることですが、ネット配信という都合上どうしてもリアルタイムより遅れ(ディレイ)は生じます。

Twitterやヤフーコメントなどでコメント実況を見ていても、例えば「ホームランを打った!」とか流れてもDAZNはまだ投球前、ということもありがちです。

これに関しては今後の発展や通信速度の進化を望むほかありません…。

遅延はだいたい30秒程度だよ

テレビと比較すると画質は劣る

DAZNの画質はHD画質(1080p)で配信されています。

この画質自体は視聴するに十分ですが、テレビと比べるとどうしても画質は劣っちゃいます。

また、回線環境が悪いと更に画質は悪くなってしまうので注意が必要です。

スマホの画面ならそこまで気にはならないレベルかな

オフシーズン持て余す

僕はプロ野球が好きなのでDAZNに登録していますが、試合が終わるオフシーズン(11月~2月)は持て余します。

オープン戦も配信されているので、3月以降からは楽しめますがそれ以外の期間はDAZNでやることはありません。

他のスポーツも観る方は、野球のオフシーズンも楽しめますが、特定のスポーツだけが目的の場合って結構不便なんですよね。

ただ、DAZNには「一時停止」という機能もあり、それを使えば最大4ヶ月間お金を払わず停止しておくことができます。

一時停止機能とは、DAZNのご利用を一定期間(最大4ヶ月間)停止することができ、ご自身にて再開日をご選択いただくことが可能な機能のことです。

お客様のアカウントは、現在の視聴期間最終日をもち一時停止状態となり、あらかじめ設定された利用再開日に自動的に再開されます。
一時停止期間中には料金は発生せず、利用再開日の1週間前および当日に、再開のお知らせをご登録のEメールアドレスへお送りいたします。

引用:DAZNヘルプサイト

再開日の1週間前と当日に再開のお知らせのメールが届くので、やっぱり解約したくなった時もそのまま手続きに入れるのはありがたいです。

これならわざわざ解約→再登録しなくていいから楽!

ダウンロードができない

2019年3月時点で、DAZNはダウンロード機能に対応していません。

なので、WiFi環境で動画をダウンロードしておいて、あとで回線がない環境でも視聴する、といったことができないのです。

ただ、これについては2019年中に対応予定と発表されています。

ダウンロード機能のほかにも、Jリーグの4K配信やドコモ以外のキャリア決済対応など、機能拡充が予定されているので楽しみです!

DAZNはこんな人におすすめ!

DAZNはこんな方におすすめできます。

  • 野球やサッカーの中継をいつでもどこでも観たい!
  • ゴルフやバスケを観たいけどなかなかテレビ中継がない
  • ドコモユーザー

DAZNで配信されているスポーツを普段から観る方は登録して間違いないでしょう。

DAZNは、ドコモユーザーなら月額980円とよりお得に使えます。

ドコモ以外の方は1,750円かかりますが、スカパーやWOWOWを使うよりもはるかに安いです。

1ヶ月間は無料で使えるので、自分に合うかどうか試しに使ってみましょう!

DAZNの登録方法

DAZNの登録自体は5分もあれば終わります。

  1. DAZNの公式サイト を開いて申し込みボタンをクリック
  2. 名前・メールアドレス・パスワードを入力
  3. 支払方法を入力

実際に入力する情報も少ないので、かなり簡単です。

ドコモユーザーの方ならdアカウントがそのまま使えるので、更に省略できます。

クレジットカードが必要になるので事前に用意しておきましょう。

DAZNの解約方法

DAZNは解約方法も簡単で、余計な手続きなどほとんど必要ありません。

  1. DAZNサイトのメニューからマイアカウントにいく
  2. 「退会する」をクリック
  3. 一時停止か退会を選んで終了

とかなり簡単に解約ができます。

一時停止とは、DAZNのアカウントを4ヶ月間停止しておくことです。観たいスポーツのオフシーズンのときなんか便利。

DAZNは料金は日割り計算ではないので、なるべく契約更新日ギリギリに解約するほうがお得です。

3月14日に登録していたら、4月13日に解約するといった感じですね。

解約手続きは本当に簡単なので、解約する方は忘れず行いましょう。

DAZNのメリット・デメリットのまとめ

以上、DAZNのメリットやデメリットを解説しました。

DAZNのメリット
  • 視聴できるスポーツが豊富
  • 見逃し配信に対応
  • ハイライト配信に対応
  • 6台で使え、2人の同時観戦ができる
  • 便利なリマインダー機能
  • テレビ観戦もできる
DAZNのデメリット
  • テレビ中継よりも遅れはある
  • テレビと比較すると画質は劣る
  • オフシーズン持て余す
  • ダウンロードができない

サッカーや野球中継を観たい方は、DAZNに登録して間違いありません。

ただでさえスポーツ中継は地上波放送が減っていますし、代わりに使える最適のサービスと言えます。

初回登録は1ヶ月間無料で使えますし、まずは気軽にお試し利用してみましょう!

1ヶ月以内に解約すればお金はかかりません。

\1ヶ月無料お試し/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。