dTVのメリット・デメリットを徹底解説!実際に使ってレビュー

dTVのメリット・デメリット

動画配信サービス「dTV」は月額500円という業界最安値で、それでいて映画・ドラマ・アニメのラインナップも揃っています。

そんなdTVの特徴を簡単にまとめると次の通りです。

dTVの特徴
  • 配信数は国内最大規模の12万以上
  • ドコモユーザー以外も使える
  • 月額料金が安い
  • 倍速再生が使える
  • ライブ配信やカラオケに強い
  • オリジナルコンテンツが充実
  • 初回31日間無料

dTVの魅力はなんといっても月額の安さ。500円という破格の値段で見放題できるのはdTVくらいです。

今回は、dTVを検討している方や動画配信サービスをお探しの方のために、dTVのメリットやデメリットを掘り下げて解説します。

VOD選びの参考にしてくださいね!

みやちまん

\31日間無料お試し/

dTVの概要

dTV

そもそも、dTVとは動画配信サイト(VOD)の1つで、パソコン・スマホ・タブレットで自分が好きな作品をいつでも観れるサービスです。

リアルタイム視聴や録画は必要なく、いつでもどこでも観ることができます。

dTVは

  • 洋画・邦画
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • 韓流ドラマ
  • アニメ
  • ニュース
  • 音楽

と幅広いジャンルの動画を配信しているのが魅力です。

dTVの月額料金

月額料金

dTVの月額料金は以下の通りです。

月額料金 500円
ポイント なし
無料お試し期間 31日間

月額500円と、他の動画配信サービスと比べてかなり安い価格です。

他に一部有料配信の動画もあります。相場は映画なら標準画質が400円、HD画質が500円で配信されています。

基本的には見放題動画が多いですし、月額料金も安いので特に気にならない料金ですね。

dTVの画質・機能

dTVの画質

画質 SD/HD/4K
ダウンロード機能
テレビ再生
  • Chromecast
  • Chromecast Ultra
  • Fire TV
  • Fire TV Stick
  • その他スマートTV
  • dTVターミナル

dTVの画質はSD・HD・4Kに対応しています。

とはいえ、4K対応の作品は少なくほとんどがHD(720p)かSD(480p)ですね。4Kに対応するには作品だけではダメで、視聴するデバイスが4K対応でなくてはいけません。正直フルHDで十分です。

HD画質というと画質のレベルはDVDとブルーレイの中間です。ブルーレイほどキレイではないけどDVDよりはキレイといったところでしょうか。

dTVは基本的に画質は自動調整されるので、回線環境が悪いとその分画質も悪くなります。高画質で視聴したいのであれば最低でもWiFi環境にしましょう。

dTVはテレビでも再生できるので、「Fire TV」を使えばテレビで4K再生ができますね。ただ作品が4K対応でないと意味ないですし、dTVをテレビで再生するならFire TV Stickで十分です。

TV再生デバイスのどれがいいかは「Fire TV / Stick・Chromecast / Ultra・Apple TVの違いや選び方」でまとめているので参考にしてみてくださいね。

1番のおすすめはFire TV Stick

dTVの配信ジャンル

U-NEXTの配信ジャンル

洋画(海外映画)
邦画(国内映画)
海外ドラマ
国内ドラマ
韓流ドラマ
アニメ

dTVの配信数は国内最大規模の12万とかなり多いです。

他の動画配信サービスと比較して、dTVが強いジャンルを星で表したのが上の表です。

洋画や国内ドラマの配信は多いですが、その他のジャンルはそこまで強くありません。

dTVはライブ配信やミュージックビデオ、カラオケなど他の動画配信サービスにはないようなコンテンツが多いのが特徴です。

また、オリジナルドラマの配信も多く、例えば進撃の巨人や銀魂など、映画公開に合わせてオリジナルドラマを配信していたりします。

無料お試し期間も31日間と長いので、好きなドラマの配信に合わせて登録してみるのもおすすめです!

dTVのメリット

メリット

それでは、dTVのメリットを紹介します。リストアップすると以下の通りです。

dTVのメリット
  • 月額料金が安い
  • 音楽系動画が充実している
  • ニュースを配信している
  • オリジナルドラマが充実している
  • 動画がダウンロードできる
  • 倍速再生に対応

それでは、ひとつひとつ解説していきます。

dTVは月額料金が安い!

500円のイラスト

dTVの月額料金は税抜500円とワンコインで使えるのが魅力です。これは他の動画配信サービスと比較してもかなり低価格。

実際に、他の動画配信サービス(VOD)と比較した表が下記です。

動画配信 料金
dTV 500円/月
プライムビデオ 3,900円/年
U-NEXT 1,990円/月
Hulu 933円/月
FODプレミアム 888円/月
ビデオマーケット 980円/月
Netflix 650円/月
950円/月
1450円/月
ツタヤTV 933円/月

この表からもdTVがいかに安いかがわかります。

唯一、プライムビデオが月額になおすと325円になりますが、見放題配信数を考えるとdTVの方がはるかにお得です。

dTVは音楽系動画が充実している

dTVは音楽が充実

dTVは日本、韓国の人気アーティストのプロモーションビデオやライブ映像なども続々と配信しています。

ライブ映像は手軽に聴ける1曲だけの動画から、ライブの開始から終了までまるごと観られる動画まで、時間や視聴スタイルに併せて選べるのが嬉しいところ。

しかも懐かしのアーティストのライブ映像や、開催されたばかりの最新ライブ映像もHD画質対応で見放題なので、好きなアーティストの動画を観たい方、音楽が好きな方におすすめです。

他にも、カラオケ映像も配信しているのがdTVの特徴。

dTVではカラオケで有名なJOYSOUNDが提供する、歌詞付きのカラオケ映像を視聴することもできます。

もちろん、マイクがあればお友達や家族と一緒にカラオケも楽しめます。人気アーティストの新曲やカラオケの定番、さらに最新ドラマの主題歌まで、カラオケ映像は6万本以上!

映画やドラマを視聴するだけでなく、カラオケもできるというのは、dTVならではの楽しみ方ですね。

dTVではニュース映像を配信している

dTVで配信されているニュース映像

dTVは日本のドラマやアニメの最新話だけでなく、ニュースの配信にも力を入れています。

過去30日間のニュースをトピックごとに配信しているので、気になるニュースだけかいつまんで観られて便利です。

通勤電車や就寝前といったスキマ時間に、まとめてニュースが観たい方におすすめです!

dTVはオリジナルドラマが充実している

dTVは国内テレビドラマの配信が充実しています。

地上波で放送されたドラマの見逃し配信はもちろんのこと、オリジナルコンテンツも数多く配信されています。

特に、映画公開に合わせてオリジナルドラマが配信されたりするので、好きな方は要チェックです!

dTVでは動画がダウンロードできる

電車の中でも動画が観れる

dTVには動画をダウンロードする機能があります。

一度動画をダウンロードすれば、オフラインでも視聴が可能になるためいつでも・どこでも動画が楽しめます。

Wi-Fi環境下でダウンロードしておけば、移動中やWiFiがない場所でも気軽に動画視聴できます。

スマホでの視聴が中心の方で、いつも通信容量制限になってしまう方にとっては嬉しい機能ですね。

注意
一部ダウンロードできない作品もあるので注意しましょう

倍速再生に対応

dTVは動画配信サービスには珍しく倍速で視聴できます。

dTVの倍速再生

左下にある設定ボタンを押すと、「画質・再生速度・連続再生」の設定ができます。

通常は標準ですが、1.5倍速や2倍速にすることができます。パッパッと観たい時なんか便利な機能です。

dTVのデメリットや注意すべき点

注意すべき点

次に、dTVを使う前に確認しておきたい注意事項やデメリットについて紹介します。

dTVのデメリット
  • 実際の動画配信数が少ない
  • 場合によっては高くなることがある
  • HD画質未対応の作品もある
  • 支払い方法が少ない
  • 複数の端末で同時視聴ができない
  • ゲーム機で観れない

実際の動画配信数が少ない

dTVの配信数は12万と公表されていますが、実際配信数はそこまで多くありません。

というのも、カラオケやミュージックビデオも1作品として数えられているため、映画・ドラマ・アニメなどその分少ないんですよね。

下記リンクは、実際に動画配信サービスで配信されている数をジャンルごとに数えた記事です。

ここを見てもらえるとわかりますが、dTVが上位のジャンルは決して多くありません。

月額500円なので、安いだけあるというか。。。

たくさんの動画を観るなら、U-NEXTHuluがおすすめです。

また、同じドコモが運営しているdアニメストアの方がアニメは充実しているので、アニメ目的であればdTVに入るメリットは少ないです。

場合によっては高くなることがある

dTVは見放題の動画だけでなく、個別課金(レンタル)作品も多く、とくに最新映画のほとんどが月額料金と別に料金がかかります。

大体映画なら、48時間のレンタルが標準画質で400円(税抜)、HD画質で500円(税抜)が課金されます。

このHD画質で500円が高いんですよね。U-NEXTであればHDより上のフルHD画質で400円だったりするので、この画質でこの料金は高いです。

しかも、U-NEXTは毎月もらえるポイントが使えます。dTVの場合そういうことができないので、レンタル作品を見すぎると、結果的にU-NEXTやhuluよりも高くなる場合もあるわけです。

レンタル作品も観ることを考慮にいれるなら、ポイントでお得に観れるU-NEXTがおすすめです。

HD画質に未対応の作品もある

dTVではSD・HD・4Kの画質に対応しています。とはいえ4K対応はほとんどなく、多くはSDかHDです。

しかし、動画の中にはHD画質に対応していない作品もあり、せいぜいSD画質で我慢しないといけません。

U-NEXTやhuluがほとんどフルHDで配信されていることを考えると、dTVの画質はあまり良くないです。

SD画質もDVDと同じレベルなので、普段DVDで観ることが多い方にとっては違和感がないかもしれませんが、少しでも画質にこだわりたい方はU-NEXTやhuluを選ぶ方が良いでしょう。

 

支払い方法が少ない

クレジットカード

dTVの月額料金の支払い方法は、ドコモユーザーであればドコモ携帯払いが利用できますが、それ以外のユーザーはクレジットカード支払いのみとなっています。

dTVの月額料金を携帯電話代と一緒に支払いたいという方や、クレジットカードを登録するのは抵抗があるという方にとっては、不便に感じるポイントです。

複数の端末で同時視聴ができない

dTVは複数端末での同時再生ができないため、たとえば自宅のパソコンでdTVを再生している場合、外出先のスマホでもdTVを視聴するといったことができません。

同時再生時のエラー

実際、複数端末で同時再生してしばらくすると、上のようなエラーが表示されます。

また、再生できる端末の登録が5台までと制限されているので、パソコンやスマホなどさまざまな端末で動画を観たい場合はあらかじめ登録が必要です。

1台のパソコンでもブラウザが変われば別登録となります。家族みんなでdTVを楽しむとなると、少々使いづらく感じるでしょう。

この辺は、同じく同時再生が禁止されているhuluよりも厳密です。。。

ゲーム機で観れない

対応デバイス

プレイステーション4やニンテンドーWii Uなど、専用アプリをインストールすればゲーム機での視聴も可能になる動画配信サービスが増えているなか、dTVはゲーム機未対応です。

自宅のテレビの大画面でもdTV楽しみたいという方にとっては、別途対応機器が必要となります。

TV再生デバイスのどれがいいかは「Fire TV / Stick・Chromecast / Ultra・Apple TVの違いや選び方」でまとめているので参考にしてみてくださいね。

1番のおすすめはFire TV Stick

dTVの使い方

次に、dTVの使い方を解説します。そんなに難しいものでもないので、登録前にサクッと確認したい方のためにまとめました。

dTVをパソコンで操作する

dTVのトップ

dTVのトップページを開くと、左上にマイリスト・ジャンル・アカウント・お知らせ・検索ボタンのメニューが集まっています。

dTVのトップ

マイリストにカーソルを当てると、クリップ(お気に入り)や視聴履歴へのリンクが表示されます。

dTVのトップ

ジャンルにカーソルを当てると、動画のジャンルの一覧が選択されます。

細かくジャンル分けされているので、観たい動画へすぐにアクセスできるでしょう。

dTVの動画一覧

動画の一覧画面からは、

  • 見放題/レンタル
  • 字幕/吹替
  • 並び替え

の選択ができます。

dTVの動画一覧

動画の一覧画面の、¥マークが付いている動画がレンタル作品となります。

このまま動画をクリックすれば再生を始められますが、

dTVの動画一覧

有料作品の場合は上のような画面が出てきます。この料金は毎月かかるdTVの月額とは別に発生します。

dTVの再生

実際に再生した画面が上のキャプチャです。アプリとは違って、画質の切り替えや10秒ごとの早送り・巻き戻し機能が使えません。

できるのは左の字幕・吹替の切り替えくらいです。これはちょっと不便ですね。。。

dTVを視聴する時は、パソコンからよりもスマホやタブレットから使う方がおすすめです。

dTVをスマホで操作する

dTVはスマホアプリから操作するほうが便利です。

dTVアプリのトップ画面

dTVアプリのトップは上のような感じで、一番上はジャンルなどが探せるタブ、一番下にメニューがあります。

dTVのレンタル作品

上のタブを横にスッスッと流すと観たいジャンルにアクセスできますし、課金が必要なレンタル作品はひとくくりにされています。

レンタル作品はタイトルの前に「¥マーク」が付いているのでわかりやすいです。

dTVアプリで再生

実際に動画を再生すると、真ん中に再生ボタンがあり左右には10秒早送り・巻き戻しボタンがあります。

ドラマやアニメなど次の話がある作品は、一番右に「次話」があるのですぐに次の話にも飛べますね。

dTVの設定画面

左下の設定ボタンを押すと、「画質・再生速度・連続再生」の設定ができます。

基本的に変える必要はありませんが、画質や再生速度を変えたい時はここから設定しましょう。

dTVで吹替・字幕の切り替え

更に、海外ドラマや洋画の場合は右上に「字幕・吹替」の切り替えボタンがあります。対応作品の場合ここから簡単に切り替えができます。

dTVはパソコンからは使いづらい印象でしたが、アプリは充分使いやすいです!

dTVはこんな人におすすめ!

ここまでdTVのメリットやデメリットを解説してきました。dTVに契約しておいて損がない方は次のような方です。

dTVはこんな人におすすめ
  • とりあえず安く使いたい方
  • ミュージックビデオやライブ配信を観たい方
  • ニュース映像を観たい方
  • オリジナルドラマを観たい方

dTVの強みはやはり月額料金の安さにあります。とりあえず安く使いたい方におすすめです。

動画の配信数自体は少ないですが、その分音楽関係やニュース映像が充実しているので、そちらもチェックしたい方には嬉しいサービスですね。

また、オリジナルドラマも配信しているので観たい方はチェックしておきましょう!

僕は銀魂が好きなので、銀魂の実写映画の公開にあわせて配信されたオリジナルドラマを観るため加入しました。

dTVのメリット・デメリットのまとめ

以上、dTVのメリットやデメリットを解説しました。もう一度簡単にまとめると次のようになります。

dTVのメリット
  • 月額料金が安い
  • 音楽系動画が充実している
  • ニュースを配信している
  • オリジナルドラマが充実している
  • 動画がダウンロードできる
  • 倍速再生に対応
dTVのデメリット
  • 実際の動画配信数が少ない
  • 場合によっては高くなることがある
  • HD画質未対応の作品もある
  • 支払い方法が少ない
  • 複数の端末で同時視聴ができない
  • ゲーム機で観れない

dTVはとにかく安い月額と、幅広く配信されているコンテンツが魅力です。

初回登録は31日間無料で使えるので、まずは気軽にお試し利用してみましょう!

\31日間無料お試し/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。