【2017年】ドラフト会議指名漏れした選手まとめ【指名漏れした選手の評価は?】

清宮の7球団競合など盛り上がった2017年ドラフト会議。

一方その裏側では名前が呼ばれず、涙をのんだいわゆる指名漏れの選手たちもいます。

今回は指名漏れした選手を一覧でまとめてみます。

評価は、ドラフト評価同様S~Eでまとめています。DやEでも悪いというわけではなく、進学や社会人向きのため数年後のドラフトに期待という選手たちです。

出典:https://baseballgate.jp/

2017年ドラフトで指名漏れした選手一覧

高校生

名前出身校・会社ポジション評価
長谷川拓帆仙台育英高投手E
菊地大稀佐渡高校投手E
綱脇慧花咲徳栄高投手E
北山亘基京都成章高投手E
翁田大勢西脇工投手E
園部佳太いわき光洋高内野手C

高校生は志望届を出さず進学する選手が多かったため人材が乏しかったのですが、園部が指名漏れしたのは意外。

上位~中位辺りで指名があってもおかしくない実力を持っているはずなんですが・・・。

大学生

名前出身校・会社ポジション評価
宮川哲上武大投手D
飯田晴海東洋大投手D
嘉陽宗一郎亜細亜大投手E
岡田和馬近畿大投手D
小久保気四国学院大投手E
草場亮太九州産業大投手B
土井岳大阪市立大捕手E
笠松悠哉立教大内野手C
竹村春樹明治大内野手E
諸見里匠国学院大内野手E
海老原一佳創価大外野手E
佐藤・デシャーン・広之横浜商科大外野手E
内海大寿四国学院大外野手E

1番意外だったのは草場の指名漏れ。彼はドラフト直前まで1位~ハズレ1位指名候補に上がっていた選手。

この順位以外は社会人という順位縛りでもあったのでしょうか?個人的には、ソフトバンクは下位でも取れる素材型を1位指名するなら彼を指名してほしかったところですが。。。

笠松はどこか指名してほしかったなという選手。2年後に期待ですね。

社会人

名前出身校・会社ポジション評価
阿部良亮日本通運投手D
柏原史陽JX-ENEOS投手C
木南了日本通運捕手C
丸子達也JR東日本内野手E
中山悠輝東京ガス内野手C
久保皓史MHPS横浜内野手E
田村強JR西日本内野手E
堀米潤平東芝内野手E
前野幹博ヤマハ内野手C
北川利生日本通運外野手D
臼田哲也東京ガス外野手E
谷田成吾JX-ENEOS外野手D
鈴木光ヤマハ外野手E

社会人の場合は、会社の方針もありますし順位によっては残留というケースもあるので難しいですね。

大学時代から注目されていた谷田は今年がドラフト解禁年も指名されず。これらの選手は来年も可能性があるので期待ですね。

指名漏れした選手はその後どうなる?

指名漏れした選手たちは、来年以降のドラフトを待つことになります。高校生や大学生で変わってきますが、大体進路は次のようになります。

ここがおすすめ!
  • 高校卒業後大学進学→4年後のドラフトを待つ
  • 高校卒業後社会人に進む→3年後以降のドラフトを待つ
  • 大学卒業後社会人に進む→2年後以降のドラフトを待つ
  • 社会人の場合→来年以降のドラフトを待つ

基本的に、社会人は毎年ドラフトにかかることができます。ただ、高卒は3年目以降、大卒は2年目以降がドラフト対象です。

なので、高卒選手でいち早くドラフトにかかりたい場合は、大学進学よりも社会人野球に進んだほうが1年早くドラフトにかかる可能性が高まりますね。

志望球団以外からの指名があって入団拒否の場合は社会人に進むケースが多いです。過去、福留孝介選手や内海哲也選手がその例でした。

今では四国や関西など独立リーグの動きも盛んなので、待ちたくない!という選手は高卒後独立リーグに進むケースもあります。独立リーグの選手は社会人同様毎年ドラフト対象です。しかも、社会人のように高卒3年、大卒2年の縛りがありません。

次のドラフトが楽しみですね。

最後に

以上、2017年プロ野球ドラフト会議で指名漏れした選手をまとめました。

惜しくもドラフトにかからなかった選手たちですが、数年後のドラフトに期待しましょう!

2017年ドラフト候補選手の詳細を知りたい方は選手名鑑がおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。