巨人戦の中継はhuluで観れる!ジャイアンツファン必見【フールー】

巨人戦 hluu

最近は地上波でもめっきり野球中継は少なくなりました。それに伴い、ネットで野球観戦できるサービスも増えてきました。

パソコンやスマホから野球観戦するメリットは、CMがないことや見逃した場面を振り返ることができる点です。

そういうこともあり、DAZNや楽天TV、パリーグTVを使ってネットで野球観戦するのが当たり前になってきていますね。

ただ、デメリットとして巨人戦を配信している野球観戦アプリがないこと。DAZNは11球団の配信なので、巨人だけあぶれちゃっています。

しかし安心してください。動画配信サービスのHulu(フールー)を使えば巨人の主催試合72試合が観戦できます!

それでは、Hulu(フールー)で巨人戦を楽しむポイントを解説していきます。

huluで巨人戦を観るメリット
  • 主催試合72試合を中継している
  • 邪魔なCMがない
  • 場所を選ばずどこでも観戦できる
  • テレビでも観戦できる
  • 巨人戦以外も映画やドラマが観れる
  • 2週間お試し無料で月額933円

\巨人主催試合配信/

ネットで観戦できる野球中継サービス

ネットで野球観戦できるサービス

まずは、ネットで野球観戦しようと思うと次のような選択肢が挙がります。

  1. DAZN
  2. パ・リーグTV
  3. 楽天TV

DAZNや楽天TVは2018年から野球観戦できるようになりましたが、一気に有名になりましたね。

しかし、問題点があって

  1. DAZN→巨人戦以外11球団の配信
  2. パ・リーグTV→パリーグのみ
  3. 楽天TV→パリーグのみ

と巨人戦だけどこも中継していないんですよね。

そこでおすすめなのが、冒頭でも紹介した動画配信サービスのhuluというわけです。

Huluなら巨人戦が観戦できる

Hulu

huluの特徴

hulu(フールー)は映画やドラマが観れる動画配信サービス(VOD)ですが、運営が日本テレビなので巨人戦も配信しています(日テレは巨人の親会社の読売新聞系列)。

huluのポイントを簡単にまとめると次の通りです。

huluの特徴
  • 海外ドラマ・国内ドラマの配信に強い
  • 配信作品は全部見放題
  • 2週間無料お試しできる
  • 月額933円

と、数ある動画配信サービスの中でも自信をもっておすすめできます。

huluで中継している巨人戦

2018年現在、huluで観戦できる巨人戦は主催試合全72試合です。

主催試合とは、巨人がホームでやる試合のことですね。後攻です。

東京ドーム以外でも、京セラドームや倉敷マスカットスタジアムなどの地方試合も含まれます。

4月にはイースタン・リーグの巨人戦、つまり2軍の試合も観れましたが5月以降はまだ未定です。

huluで巨人戦の中継を観るメリット

huluを使うメリットは、巨人戦を観る以外にも次のようなポイントがあります。

huluで巨人戦を観るメリット
  • 邪魔なCMがない
  • テレビでも観戦できる
  • どこでも試合観戦できる
  • DAZNと一緒に使うとほぼ全試合観れる
  • 巨人戦以外も映画やドラマが観れる
  • 2週間お試し無料で月額933円

邪魔なCMがない

地上波で野球観戦していると、試合終了まで放送されませんしCMのタイミングによってはいいシーンと被っちゃうときもありますよね。

例えばCM明けたら既にイニングが始まっていてホームランを打った後だったとか。。。あるあるです。

huluはそもそもCMがないのでそいうこともないですし、地上波放送ではカットされているようなシーンも観れるので、東京ドームにいるような臨場感が味わえます。

huluはテレビでも観れる

別にパソコンやスマホでなくてもテレビでも野球観戦できます

huluをテレビで楽しむには、次のデバイスのどれかを用意しましょう。

  • Apple TV
  • FireTV
  • Fire TV Stick
  • Chromecast
  • PS4

こういったデバイスを使えばテレビでもhuluを観ることができます。

どれがおすすめかは「Fire TV / Stick・Chromecast / Ultra・Apple TVの違いや選び方」でまとめているので参考にしてみてくださいね!

1番のおすすめはFire TV Stick

huluを使えば場所を選ばず観戦できる

テレビで観戦するとテレビの前にいないと観れませんが、huluはパソコンでもスマホでもタブレットでも使えるのでどこでも観戦できます。

例えば、イヤホンさえつけていれば電車移動の中でもリアルタイムで観戦できるのでおすすめです。

少し昔でいうとワンセグのような使い方ですね。iPhoneだとワンセグが使えないので、huluでそういう使い方ができるのは嬉しいポイントです。

huluとDAZNを使うと観戦試合が増える

DAZN

huluで配信している巨人の試合は主催試合72試合のみ。ということは、巨人のビジター試合は観戦できません。

そこで使えるのが「DAZN(ダゾーン)」。DAZNは巨人の試合は観れませんが、例えば横浜スタジアムの巨人戦や甲子園での巨人戦など、巨人のビジター試合なら観戦できます

つまり、DAZNとhuluを一緒に使うことで巨人戦がほぼ全試合観れるようになるわけです。

もちろん、DAZNはパリーグの試合も配信しているので交流戦も観れます

DAZNのポイントを簡単にまとめると次の通り。

DAZNのポイント
  • 月額1,750円(税抜)
  • ドコモユーザーは980円(税抜)
  • 31日間の無料お試し期間あり
  • 野球以外にもサッカー、MLB、F1、UFC、Vリーグ、NFL、WTAに対応

ドコモユーザー以外は少し高いですが、DAZNとhuluで合計2,683円とめちゃくちゃ高い!というわけでもないので、巨人ファンの方は2つ入っておくことをおすすめします!

スカパーに入るよりお得です!

huluは巨人戦以外も映画やドラマが観れる

hulu

huluを使う醍醐味は何も巨人戦だけでなく、映画・ドラマ・アニメが楽しめるところです。

特に、海外ドラマや国内ドラマは配信数トップクラスなので、ファンの方は必見ですね。

また、「ウォーキング・デッド」や「ザ・ブレイブ」などの人気の海外ドラマを放送しているFOXチャンネルも配信対応しており、リアルタイム配信や見逃し配信ができます。

映画作品も充実しているので、まずは配信コンテンツをチェックしてみましょう!2週間なら無料で使えるのでお試しに最適です!

huluで巨人戦を観る上で気をつけたいポイント

便利なhuluですが、huluで巨人戦の中継を観る上で注意しておきたい点があります。

huluで巨人戦を観る上で注意すべき点
  • ビジター試合は観戦できない
  • huluではリアルタイム配信のみ
  • 録画ができない
  • リアルタイムより少し遅延がある

ビジター試合はDAZNの項目で解説したとおりです。DAZNとhuluを使えばほぼ全試合観戦できます。スカパーとか入るより断然お得ですよ。

次に、huluは基本的にリアルタイム配信なので、録画もできないですし見逃し配信もありません

また、これはネット中継サービス全般にいえることですがリアルタイムより少し遅延があります。大体ピッチャーが投げる1球分くらいの遅延ですね。

この辺をデメリットに感じる方は、「スカパー!」に加入することをおすすめします。

hulu×巨人のまとめ

hulu×巨人

以上、もう一度huluで巨人戦の中継を観るメリットをまとめると次の通りです。

huluで巨人戦を観るメリット
  • 主催試合72試合が観戦できる
  • 邪魔なCMがない
  • 場所を選ばずどこでも観戦できる
  • テレビでも観戦できる
  • 巨人戦以外も映画やドラマが観れる
  • 2週間お試し無料で月額933円

huluのデメリットである、ビジター試合が観戦できない点もDAZNとセットで入れば全試合観れて便利です。

hulu+DAZNの月額料金でも、スカパーを使うより安い上に映画やドラマも観れるのでおすすめです。

2週間お試しで使えるので、巨人ファンの方は入っておいて損はありません!

\巨人主催試合配信/

※紹介している作品は2018年5月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

[AD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。