【2020年】パ・リーグのネット中継はどこがおすすめ?DAZN・楽天TV・パリーグLIVE・パリーグTVを徹底比較

パ・リーグのネット中継サービス

プロ野球のネット中継サービスはいくつかありますが、その中でもパ・リーグ専門サービスだけでも、数多くあります。

特に選択肢にあがるのが、楽天TV・パリーグLIVE・パリーグTVではないでしょうか。

それに加えて、セ・リーグのネット中継も配信しているDAZN(ダゾーン)もあります。

パ・リーグのネット中継をみるならどの配信サービスがいいの?

どのネット中継サービスがどう違うのかわからない!

と迷っている方も多いです。

そこでこの記事では、パ・リーグのネット中継がみたい方のために、おすすめの動画配信サービスを紹介していきます。

DAZN・楽天TV・パリーグLIVE・パリーグTVを、実際に使ってみて比較しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

パ・リーグのネット中継が視聴できる配信サービス比較表

パ・リーグの試合をネット中継している、おすすめの動画配信サービスを表にして比較してみました。

VOD月額料金対応球団視聴環境必要な物MLB無料期間
DAZN1,750円
(ドコモは980円)
11球団
(広島以外)
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
  • ゲーム機
ネット環境1ヶ月
楽天TV639円
(年額5,093円)
パリーグ全球団
(交流戦のセリーグ主催以外)
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
  • ゲーム機
ネット環境×31日間
パリーグLIVE462円
(ソフトバンクは無料)
パリーグ全球団
(交流戦のセリーグ主催以外)
  • スマホ
  • タブレット
ネット環境×
パリーグTV1,450円
(ファンクラブ会員は950円)
パリーグ全球団
(交流戦のセリーグ主催以外)
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
ネット環境×

パ・リーグのネット中継を視聴するなら、この4社から選ぶことになります。

各サービスの詳細は、「プロ野球ネット中継サービスまとめ」でも紹介しているので省略します。

これからこの4社を詳しく比較していきますが、まず最初に伝えておくと「パ・リーグTV」はおすすめできません。

割と好印象もっていたのに衝撃なんだけど!

ユイ

みやちまん

パ・リーグTVをおすすめしない理由を詳しく紹介するね

パ・リーグTVをおすすめしない理由

パ・リーグTV

月額料金1,450円
(ファンクラブ会員は950円)
無料期間なし
視聴環境
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
対応試合パリーグ全試合
(交流戦のセリーグ主催以外)

「パ・リーグTV」は、昔からあるパ・リーグ専門の配信サービスです。

パ・リーグ6球団のネット中継はもちろん、「珍プレー好プレー集」や「ベストプレー集」など、とにかくパ・リーグに特化した動画コンテンツを提供していることで有名。

それでもなぜおすすめできないかというと、料金が高くてあえて選ぶ理由がないためです。

みやちまん

それに、サービス内容をみても、楽天TVやパ・リーグLIVEと変わらないんだよね
なるほど、それで料金が高いならおすすめできないね

ユイ

また、先ほど紹介した「珍プレー好プレー集」や「ベストプレー集」などの特集コンテンツは無料でみれます。

そのため、あえて課金する必要がないわけです。

また、交流戦は別途月額1,450円の追加パックを購入しなくてはならず、その点もマイナスです。

2軍戦など積極的に配信しているので、より多くの試合を見たい方向けのサービスといえます。

DAZN・楽天TV・パリーグLIVEの比較1.スマホの使い勝手

パ・リーグTVをおすすめできない理由を紹介したところで、実際にDAZN・楽天TV・パリーグLIVEを比較していきます。

まずは、DAZN・楽天TV・パリーグLIVEの使い勝手から。

実際使ってみて感じたのは、そこまで使い勝手に大きな差はありません。

それぞれ、アプリやスマホブラウザで起動したときのレビューを紹介します。

DAZNのスマホアプリをレビュー

DAZNアプリ

DAZNを起動すると上のホーム画面が出てきます。

試合が開始されていたら上の配信中から確認できますし、見逃し配信を見たい時は下のメニューから「スポーツ一覧」をタップすれば見れます。

DAZNアプリ

これがスポーツ一覧の画面。野球をタップすると野球だけに絞り込めます。

DAZNの試合画面

実際の試合観戦画面が上のキャプチャです。著作権の関係で試合シーンは表示できないのでご了承下さい。

30秒の巻き戻しや、任意のシーンに巻き戻したりできます。

楽天TVのスマホアプリをレビュー

楽天TVアプリ

楽天TVの場合は、ホームの1番左上にアイコンが出ているのでそこからもみれます。

契約後なら「購入履歴」からみることもできます。

楽天TVアプリ

購入履歴にいくと「Rakuten パ・リーグSpecial」とあるので、そこから観戦できます。

楽天TVの試合画面

楽天TVはDAZNと違い、スコア表示も確認できます。

スコアをタップすると、そのイニングからの場面が視聴できます。

10秒・60秒の早送りと巻き戻しに対応していて便利です。

パリーグLIVEのスマホアプリをレビュー

残念ながら、パリーグLIVEはスマホアプリはありません。

そのため、SafariなどのブラウザアプリからパリーグLIVEを開きましょう。

パリーグLIVEの画面

パリーグLIVEを開くと試合一覧が表示されるので、観たい試合をタップしましょう。

パリーグLIVEの試合画面

試合を開くと、低画質・標準画質・高画質が選択できます。

左上の矢印マークをタップして、全画面表示にしたほうが見やすいです。

パリーグLIVEの試合画面

全画面表示にするとこういう感じになります。15秒の巻戻しが可能です。

パリーグLIVEは専用アプリがなくブラウザで使うことになるので、やや使いづらい印象を受けました。

DAZN・楽天TV・パリーグLIVEの比較2.パソコン版の使い勝手

次に、DAZN・楽天TV・パリーグLIVEを、パソコンで開いたときのの使い勝手を比較していきます。

パリーグLIVEはパソコンで視聴できないので省略します。

DAZNのパソコン版をレビュー

DAZNの試合画面

30秒毎の巻き戻しと早送りはアプリ同様です。

スマホアプリをパソコンで見たような使い勝手です。

楽天TVのパソコン版をレビュー

楽天TVの試合画面

楽天TVをパソコンで開くとこんな感じです。

パソコンでは、10秒・30秒毎の巻き戻しと早送りの機能が使えます。

DAZN・楽天TV・パリーグLIVEの比較3.画質

DAZN・楽天TV・パリーグLIVEのキャプチャを載せましたが、画質にそこまで違いはありません。

さすがにテレビと比べると画質は落ちますが、DAZN・楽天TV・パリーグLIVEとでどれが画質いいとかはないと感じました。

ネット中継サービスはどれも画質に大きな違いはないので、こだわる必要はありません。

みやちまん

画質で選ぶ必要はない!

DAZN・楽天TV・パリーグLIVEの比較4.リアルタイムとの遅延

DAZN・楽天TV・パリーグLIVEはネット中継が視聴できる動画配信サービス。

そのため、どうしてもテレビやラジオのように完全リアルタイムというわけにはいきません。

ネットを介してみる分、リアルタイムより遅延して流れるわけです。しかも、その遅延は違います。

そこで重要になるのが、リアルタイムとの誤差。少なければ少ないほどよいサービスといえます。

パソコンで使うかスマホで使うかでも遅延が違ってくるので、スマホ・パソコンで使って比較してみました。

みやちまん

これは各サービス同時に再生して、どれが1番速く放送できているか確かめてみたよ

スマホでのリアルタイムとの誤差

誤差が少ない順

DAZNスマホアプリ>楽天TVスマホアプリ>パリーグLIVE

という結果になりました。

パソコンでのリアルタイムとの誤差

誤差が少ない順

楽天TVパソコン>DAZNパソコン>パリーグLIVE

パ・リーグLIVEはパソコンで視聴できないので、スマホで流した結果です。

パ・リーグLIVEはあくまでYahooプレミアム特典の1つなので、遅延があるのは仕方ないかもしれません。

遅延度合いの総合結果

誤差が少ない順

楽天TVパソコン≧DAZNスマホアプリ>DAZNパソコン≧楽天TVスマホアプリ>パリーグLIVE

すべてのサービスを、パソコン・スマホ同時に再生したときの結果は以上となりました。

1番早いのは楽天TVをパソコンから観戦したときで、1番遅延しているのはやはりパ・リーグLIVEです。

楽天TVとDAZNはスマホとパソコンでは遅延度合いが違っていて、同じサービスなので差があるのは意外です。

楽天TVのパソコンとスマホアプリを比較すると、1球程度(20秒程度)なので、めちゃくちゃ遅延してる!というほどではありません。

DAZN・楽天TV・パリーグLIVE・パ・リーグTVの比較まとめ

以上、DAZN・楽天TV・パリーグLIVE・パ・リーグTVを比較しました。

パ・リーグTVは料金的におすすめはできません。使い勝手も他のサービスと変わらないので、選ぶならDAZN・楽天TV・パリーグLIVEからで十分です。

各サービスの、パソコン版やスマホ版の使い勝手を簡単にまとめると次のようになります。

使い勝手のまとめ
DAZN
  • スマホは試合画面のみ
  • スマホは30秒の巻戻し・早送り
  • PCも30秒の巻戻し・早送り
Rakuten TV
  • スマホはスコア有り
  • スマホは10秒・60秒ごとに巻戻し・早送り
  • PCは10秒・30秒ごとの巻戻し・早送り
パ・リーグLIVE
  • スマホは試合画面のみ
  • スマホは15秒の巻戻し

次に、リアルタイムとの誤差が少ない順に並べると次のようになりました。

楽天TVパソコン≧DAZNスマホアプリ>DAZNパソコン≧楽天TVスマホアプリ>パリーグLIVE

楽天TVはパソコンは誤差がありませんが、スマホアプリで視聴する場合はやや遅めです。

DAZNは、スマホアプリと楽天TVのパソコン版とではそこまで差はありません(数秒程度)。

スマホアプリとパソコン版とでも10秒程度なので、優秀なサービスといえます。

【結論】DAZN・楽天TV・パリーグLIVE・パ・リーグTVはどれがおすすめ?

DAZNRakuten TVパ・リーグLIVE
月額料金1,750円
(ドコモは980円)
639円
(年額5,093円)
462円
(ソフトバンクは無料)
対応試合11球団
(広島以外)
パリーグ全試合
(交流戦のセリーグ主催以外)
視聴環境
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット
必要な物ネット環境
MLBあり
(日本人所属のチーム中心)
なしなし
無料期間1ヶ月なしなし

みやちまん

それでは、各パ・リーグの動画サービスを比較したところで、どれがおすすめか発表するよ!
1番ベストなサービスはどれだろう??

ユイ

まず、パリーグLIVEは安いのはメリットですが、どうしても遅延や使いづらさがデメリットになります。

ソフトバンクやワイモバイルを使っている方は無料なので、その方向けといえるでしょう。

僕自身ワイモバイルユーザーなので無料で使えはしますが、どうしても使いづらいのでDAZNを別途契約して使っています。

というわけで、実際に使ってみての結論はRakuten TVがおすすめです。

みやちまん

楽天TVとパ・リーグLIVEでは、確かに楽天TVの方が高いけど、年額プランを使えば楽天TVのほうが安いんだ
楽天TVの年額は5,093円だから1ヶ月に直すと…あ、425円になって確かに安くなるね!

ユイ

こういった点から、パリーグLIVEよりも楽天TVの「Rakuten パ・リーグ Special」をおすすめします。

ただ、楽天TVだと交流戦でセ・リーグの主催試合はネット中継されません。

セリーグのホーム試合は9試合だけなので我慢するか、その時だけDAZNに加入するかしましょう。

DAZNは無料お試しが31日間あるので、交流戦1ヶ月間はそれで問題ありません。

以上、パ・リーグのネット中継はどこがおすすめかのまとめでした!

比較まとめ
  • 画質に違いはない
  • パソコンで観るなら楽天TVの方が遅延は少ない
  • スマホアプリで観るならDAZNの方が遅延は少ない
  • 1番遅延がないのはパソコンで観る楽天TV
  • 遅延・使いづらさでパリーグLIVEよりも楽天TVに軍配

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。