ビデオパスのメリット・デメリットを徹底解説|口コミ・評判まとめ

ビデオパスのメリット・デメリット

動画配信サービス「ビデオパス」は月額562円と格安で使えるのが魅力です。

ビデオパスの特徴を簡単にまとめたよ!
ビデオパスの特徴
  • 月額562円と安く使える
  • 映画・アニメ・ドラマの配信に強い
  • au以外の人でも使える
  • 毎月540コインがもらえる
  • コインで有料配信が楽しめる
  • 映画館が割引になる
  • 初回30日間無料

月額562円で、毎月540円分のコインがもらえるのはお得だね!

今回は、ビデオパスを検討している方や動画配信サービスをお探しの方のために、ビデオパスのメリットやデメリットを掘り下げて解説します。

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ビデオパスとは?料金・機能

ビデオパス

ビデオパスは動画配信サービス(VOD)の1つで、パソコン・スマホ・タブレットで自分が好きな作品をいつでも観れるサービスです。

リアルタイム視聴や録画は必要なく、いつでもどこでも観ることができます。

  • 洋画・邦画
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • 韓流ドラマ
  • アニメ

ビデオパスはいずれのジャンルも配信しているので、どんな人にもおすすめできるサービスです。

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ビデオパスの月額料金

月額料金

月額料金562円
ポイント毎月540コイン付与(1コイン=1円)
※有効期限は60日間
無料お試し期間30日間+540コイン付与

月額562円と安い金額で使える上、毎月1コイン=1円で使える540コインがもらえます。

このコインではビデオパスで配信されている有料動画に使えるため、月額なんてほぼないようなものですね。

有料動画に観たい作品があるかどうか不安・・・という方もいるでしょう。

ビデオパスでは毎月新作映画が追加されていますし、一部アニメやドラマも有料で配信されています。

ビデオパスの有料動画

人気作品も多いですし、コインの使い所がない!ということはほぼないと言ってよいでしょう。

すぐに観たい作品がなくても、コインの有効期限は翌月末日まであるから安心だよ!

ビデオパスの月額料金やポイントの詳細は「ビデオパスの月額料金・コインについて徹底解説」でまとめているのでチェックしてみてくださいね!

MEMO

ビデオパス登録初月にもらえる540コインに限っては、有効期限は60日間です。

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ビデオパスの画質・機能

テレビのイラスト

画質SD/HD
ダウンロード機能
テレビ再生
  • Chromecast
  • Chromecast Ultra
  • Apple TV
  • STW2000(auひかり)
  • その他スマートTV

ビデオパスの画質はSDとHDに対応しています。

ほとんどの画質はSD画質で配信されており、HD画質は一部の作品だけですね。

SD画質はどの程度かというと、大体DVDの画質と変わりません。これまでブルーレイで観ることが多かった方にとっては、物足りない画質となっています。

HD画質はDVDとブルーレイの中間くらいなので、HD作品の画質ならそこまで悪いとは感じません。

とはいえ、月額562円で使えることを考えれば、この画質も仕方ないといえば仕方ないですね。。。

もし画質にもこだわりたい方は、フルHD(ブルーレイと同等)画質対応のU-NEXTやhuluに契約することをおすすめします。

どちらも無料期間内に解約すればお金はかかりません。

ビデオパスのメリット

メリット

それでは、ビデオパスのメリットを紹介します。

ビデオパスのメリット
  • 月額料金が安い
  • 30日間無料で540コイン付与
  • 映画館がお得になる
  • 動画がダウンロードできる

ビデオパスは月額料金が安い!

ビデオパスの月額料金は税抜562円とワンコインと少し程度で使えるのが魅力です。これは他の動画配信サービスと比較してもかなり低価格。

他の動画配信サービス(VOD)と比較してみたよ
動画配信料金
ビデオパス 562円/月
dTV 500円/月
プライムビデオ3,900円/年
U-NEXT1,990円/月
Hulu933円/月
FODプレミアム888円/月
ビデオマーケット980円/月
Netflix800円/月
1,200円/月
1,800円/月
ツタヤTV933円/月

最安値はdTVではありますが、ビデオパスは毎月540コインもらえます。コインは1コイン=1円で使えるので、dTVよりも実質相当安く使えます。

dTVはポイントが使えないので、有料動画は別課金が必要です。確かに安いんですが、そのせいで結果的に高くなってしまうこともあります。

しかし、ビデオパスなら毎月540円分までコインが使えるので、dTVよりもお得ですね。

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ビデオパスは30日間無料で540コインもらえる

ポイントイメージ

ビデオパスは初回登録で30日間無料で使えて更に540コインもらえます。

コインは1コイン=1円で使えるので、最初からいきなり有料の映画やドラマがお得に観れます。

更に、解約で解約金や違約金は発生しないので、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ビデオパス会員は映画館がお得に使える

ビデオパスは映画館が割引

ビデオパス会員は映画館もお得に使える特典があります。

映画館の割引特典は以下の2つです。

  • auマンデイ:TOHOシネマズで毎週月曜1,100円
  • auシネマ割:ユナイテッドシネマでいつでも1,400円

この特典を使えば、映画料金が次の表のように割引されます。

TOHOシネマズ
区分通常料金特典料金
一般1,800円1,100円
大学生1,500円1,100円
高校生以下1,000円900円
ユナイテッドシネマ
区分通常料金特典料金
一般1,800円1,400円
大学生・高校生1,500円1,300円
シニア1,100円1,000円
幼児・小中学生・
障がい者
1,000円900円

TOHOシネマズで使えるauマンデイはかなりお得!

毎週月曜日と日付は限定されていますが、映画がお得になるのでこれだけでもビデオパスの元が取れます。

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ビデオパスでは動画がダウンロードできる

電車の中でも動画が観れる

ビデオパスには動画をダウンロードする機能があります。

一度動画をダウンロードすれば、オフラインでも視聴が可能になるためいつでも・どこでも動画が楽しめます。

Wi-Fi環境下でダウンロードしておけば、移動中やWiFiがない場所でも気軽に動画視聴できます。

いつも通信容量制限になってしまうから嬉しい!

ダウンロードした動画は、有料レンタル作品は視聴期限が切れるまで見放題動画はダウンロードしてから48時間が視聴期限となっています。

また、一度にダウンロードできる数は最大5作品までと限りがあります。6作品ダウンロードするにはダウンロード済みの作品を削除してからにしましょう。

注意
一部ダウンロードできない作品もあるので注意しましょう

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ビデオパスのデメリットや注意すべき点

注意すべき点

次に、ビデオパスを使う前に確認しておきたい注意事項やデメリットについて紹介します。

ビデオパスのデメリット
  • 配信動画が少ない
  • 画質が良くない
  • ゲーム機で観れない
  • 同時視聴に対応していない

配信動画が少ない

ビデオパスの配信動画は見放題1万本+有料動画です。

1万本というと多いように感じますが、実際ドラマやアニメの話数も含んでの数なので、実際はもっと少ないです。

562円と格安の金額で使えるのは魅力ですが、見放題したい動画がどこまであるかは実際に確認してからで良いでしょう。

dTVと比較すると、コインが使える分ビデオパスの方がお得ではありますが、より多くの動画を観たい方はhuluやU-NEXTに登録するほうがおすすめです。

画質が良くない

ビデオパスではSD画質とHD画質に対応していますが、多くはSD画質です。

U-NEXTやhuluがほとんどフルHDで配信されていることを考えると、ビデオパスの画質はあまり良くありません。

SD画質もDVDと同じレベルなので、普段DVDで観ることが多い方にとっては違和感がないかもしれませんが、少しでも画質にこだわりたい方はU-NEXTやhuluを選ぶ方が良いでしょう。

どちらも無料期間内に解約すればお金はかかりません。

ゲーム機で観れない

対応デバイス

プレイステーション4やニンテンドーWii Uなど、専用アプリをインストールすればゲーム機での視聴も可能になる動画配信サービスが増えているなか、ビデオパスはゲーム機未対応です。

自宅のテレビの大画面でもビデオパスを楽しみたいという方にとっては、別途対応機器が必要となります。

TV再生デバイスのどれがいいかは「Fire TV / Stick・Chromecast / Ultra・Apple TVの違いや選び方」でまとめているので参考にしてみてくださいね。

Fire TVは未対応発表なので、現状はChromecastを使うのが1番お金がかからずおすすめです。

複数の端末で同時視聴ができない

ビデオパスは複数端末での同時再生ができないため、たとえば自宅のパソコンでビデオパスを再生している場合、外出先のスマホでもビデオパスを視聴するといったことができません。

家族みんなでビデオパスを楽しむとなると、かなり使いづらいですね。。。

1人で楽しむか家族で同じ動画を観るなど、同時利用をしない使い方であれば問題ありません。

ビデオパスの口コミ・評判

ビデオパスを実際に使っている人の声を集めてみました。

ビデオパスを使っている方は、

  • 月額562円の安さ
  • 映画館が割引
  • au以外も使えるようになった

点に満足しています。

特にこの月額の安さで、映画館が安くなったり540円分のコインが毎月もらえるのはビデオパスくらいです!

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ビデオパスはこんな人におすすめ!

ここまでビデオパスのメリットやデメリットを解説してきました。

ビデオパスがおすすめの人をまとめたよ!
ビデオパスはこんな人におすすめ
  • とにかく安く動画を観たい方
  • 最新作の映画を観たい方
  • 毎月映画館にいく方

ビデオパスの強みは安く使える点や映画館もお得になる点なので、そこに魅力を感じる方は登録しておいて後悔しません。

レンタルショップにしょっちゅう行くような方も、ビデオパスに切り替えるだけでだいぶお得になりますね。

毎月もらえる540コインがかなりお得なので、最新作の映画・ドラマ・アニメを観たい方にとってもおすすめです!

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ビデオパスのメリット・デメリットのまとめ

以上、ビデオパスのメリットやデメリットを解説しました。

ビデオパスのメリット
  • 月額料金が安い
  • 30日間無料で540コイン付与
  • 映画館がお得になる
  • 動画がダウンロードできる
ビデオパスのデメリット
  • 配信動画が少ない
  • 画質が良くない
  • ゲーム機で観れない
  • 同時視聴に対応していない

ビデオパスは毎月もらえるコインが本当に便利で、有料動画に使っていけばほぼ月額の元が取れます。

初回登録は30日間無料ですし、540コインもらえるので、まずは気軽にお試し利用してみましょう!

30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

\30日間無料お試し/

動画配信 おすすめ 動画配信サービスのおすすめ・選び方決定版【徹底比較】

[AD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。