huluとdTVはどっちがおすすめか徹底比較!配信数や料金の違い

huluとdTVを徹底比較!

動画配信サービスで「hulu(フールー)」と「dTV(dビデオ)」。

どちらも人気で配信数も多く、利用者数が急増中です。

この記事では、huluとdTVの違い・どっちがおすすめか?を解説していきます。

どちらを選ぶか迷っている方のために、わかりやすくまとめたよ!

\2週間無料お試し/

huluとdTVを徹底比較

それでは、huluとdTVを各項目ごとに比較してみました。

料金・作品・画質・端末・機能で比較したよ!

huluとdTVの料金を比較

月額料金

huludTV
月額料金933円500円
無料期間14日間31日間
ポイントなしdポイントあり

huluとdTVの月額料金を比較すると、huluの方が500円近く高いです。

ただ、huluのメリットは配信されている動画の全てが見放題できる点です。

dTVでは見放題動画もありますが、一部課金が必要な有料配信動画もあります。huluは課金作品がないので、余分なお金を使うことなく安心して使うことができるわけです。

使いやすいのはありがたい!

この後紹介しますが、huluの方がdTVよりも高画質配信していて、実際の動画配信数も多いです。

とりあえず安く使いたい方はdTV 、高画質や色んな動画を観たい方はHuluという選び方がおすすめです。

ポイント
  • 料金はhuluの方が高いが全動画見放題
  • dTVは安いが画質・配信数がいまいち

huluとdTVの配信数を比較

月額料金がいくら安くても、観たい動画が配信されていなければ意味がありません。

huluとdTVの配信数を、ジャンルごとに比較したのが下表です。

配信数は全て見放題動画だけだよ!
huludTV
洋画約830約900
邦画約1,100約450
海外ドラマ約330約200
国内ドラマ約800約250
韓国ドラマ約70約200
アニメ約600約350

こうして見ると、ドラマやアニメに強いのがhulu、映画に強いのがdTVということがわかります。

huluの映画配信数もdTVとそこまで変わりませんし、韓国ドラマを除けばトータルでhuluの方が配信数は多いですね。

dTVは配信が少ないですが、その分安く使えるので、値段相応といえば相応です。

ただ、dTVは銀魂やウシジマくんなど、映画公開に合わせてオリジナルドラマを配信するなど他に負けない点もあります。

オリジナルコンテンツや洋画・韓国ドラマを中心にみたい方はdTV 、色んな動画を観たい方はHuluという選び方がおすすめです。

ポイント
  • 邦画・ドラマ・アニメはhuluの方が多い
  • dTVはオリジナル動画や洋画・韓国ドラマが充実

huluとdTVの画質で比較

親子で動画鑑賞

huludTV
画質フルHDHD/4K

次に画質の比較です。huluはフルHDの配信に対応していますが、dTVはHDだけです。

dTVは一部の動画が4K配信されていますが、数はかなり少ないのであまり期待しないほうが良いです。

フルHDがどのくらいの画質かというと、ブルーレイと同等の画質です。

HDはDVDとブルーレイの中間くらいの画質なので、より高画質なのはhuluですね。

もちろん回線環境にも左右されるので注意してね!
ポイント
  • huluは高画質のフルHD配信
  • dTVはそれより劣るHD配信
  • フルHDはブルーレイと同レベル

huluとdTVの対応端末で比較

次に比較するのは対応端末です。スマホやタブレット、パソコンで観れるのは当たり前ですが、その他テレビ対応がどこまで進んでいるかを比較しています。

動画配信サービスはテレビでもみれるんだよ!

大画面で観れるからありがたい!
huludTV
テレビ対応
  • Fire TV
  • Fire TV Stick
  • Chromecast
  • Apple TV
  • Nexus Player
  • スマートテレビ
  • PS3
  • PS4
  • PS Vita
  • Wii U
  • Fire TV
  • Fire TV Stick
  • Chromecast
  • Apple TV
  • Nexus Player
  • NTT西日本 光BOX+
  • ドコモテレビターミナル
  • スマートテレビ

huluはPS4やWii Uのゲーム機が使えますが、dTVはゲーム機では観れません。

家庭にゲーム機がある方は、huluをインストールするだけでテレビで観れるようになるので便利なんですよね。

ゲーム機がない方は値段も安く導入できる「Fire TV Stick」がおすすめ。これはどちらも対応していますね。

テレビで観る方法の詳細は「huluをテレビで観る方法」「dTVをテレビで観る方法」を参考にしてみてくださいね!

プレステやWii Uがある家庭にとっては、huluの方が便利!
ポイント
  • huluの方がテレビ対応端末が多い
  • 家庭にゲーム機がない方はFire TV Stickがコスパ最強

huluとdTVの機能で比較

最後に機能面で比較します。

huludTV
同時視聴××
ペアレンタルロック×
ダウンロード×

これらの機能が使えることでどんなメリットがあるかは次の通りです。

  • 同時視聴:家族で同じ時間に別々の作品が観れる
  • ペアレンタルロック:R18など子供に見せたくない動画を制限できる
  • ダウンロード:ネット環境がなくても動画が再生できる

ダウンロードできると移動中や外出先でも使えるので便利ですし、ペアレンタルロックがあると安心して子供にも使えますね。

dTVは同時視聴・ペアレンタルロックに対応していません。小さいお子様と動画を観る際は注意が必要です。

一方、huluはダウンロードができないのがデメリットです。長距離移動の前に動画をダウンロードしておく、、、なんて使い方ができません。

huluもdTVも一長一短だなぁ

この辺は使う目的で決めるといいよ!

ダウンロード機能を重視する方はdTV 、家族で観ることが多い方はHuluがおすすめです!

ポイント
  • huluもdTVも同時視聴できない
  • huluはダウンロード未対応
  • huluはペアレンタルロック対応
  • dTVはダウンロード対応
  • dTVはペアレンタルロック未対応

huluとdTVの特徴

それでは、最後にここまで紹介したこと以外に、huluにしかできないことdTVにしかできないことを紹介していきます。

huluにしかできないこと

huluのロゴ

huluにしかできないことは次の通りです。

huluだけできること
  1. 巨人戦が生中継されている
  2. huluオリジナルドラマが多い
  3. リアルタイム配信が多い
  4. FOXチャンネルで海外ドラマリアルタイム配信

huluは日本テレビと提携しているだけあって、日テレニュース、巨人戦中継などライブ配信やリアルタイム配信が充実しています。

更に、海外発のサービスなので、FOXチャンネルの配信など海外ドラマが充実しているのも魅力ですね。

dTVもオリジナル動画が多いですが、huluは日テレ系の映画・ドラマ・バラエティ関係のオリジナル動画が配信されています。

また、上記以外もmotoGPが迫力ある映像で生中継されていますので、ファン必見です!

配信動画全てが見放題!

dTVにしかできないこと

dTV

dTVにしかできないことは次の通りです。

dTVだけできること
  1. ムービーコミックを配信している
  2. dTVオリジナルドラマが多い
  3. カラオケ・ニュース配信が多い

dTVは独特の配信ラインナップがあります。

特に、カラオケ動画やニュースをここまで充実させているのはdTVだけですね。

カラオケ動画は、カラオケ館や歌広場に行くような感じでカラオケ映像が流れてきます。

他にも、声優が漫画を読み上げるムービーコミックを配信しているのもdTVの特徴です。

声優が漫画を読み上げるムービーコミック

こういったコンテンツはdTV独自のものなので、ファンの方は必見です。

また、映画公開に合わせてオリジナルドラマを配信することも多いので、そこを目掛けて登録するのもよいでしょう!

銀魂のオリジナルドラマなど、面白いコンテンツがたくさんあるよ!

huluとdTVのスペック表まとめ

ここまで紹介した比較結果をまとめると次のようになります。

huludTV
月額料金933円500円
無料期間14日間31日間
ポイントなしdポイントあり
強いジャンル
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • 日テレ系オリジナル動画
  • FOXチャンネル
  • 洋画
  • 韓国ドラマ
  • オリジナルドラマ
  • カラオケ
  • ムービーコミック
  • シアター
  • フィットネス
  • ニュース
画質フルHDHD/4K
同時視聴××
ペアレンタルロック×
ダウンロード×
テレビ対応
  • Fire TV
  • Fire TV Stick
  • Chromecast
  • Apple TV
  • Nexus Player
  • NTT西日本 光BOX+
  • スマートテレビ
  • PS3
  • PS4
  • PS Vita
  • Wii U
  • Fire TV
  • Fire TV Stick
  • Chromecast
  • Apple TV
  • Nexus Player
  • NTT西日本 光BOX+
  • ドコモテレビターミナル
  • スマートテレビ
特徴
  • 巨人戦が生中継されている
  • huluオリジナルドラマが多い
  • リアルタイム配信が多い
  • FOXチャンネルで海外ドラマリアルタイム配信
  • ムービーコミックを配信している
  • dTVオリジナルドラマが多い
  • カラオケ・ニュース配信が多い

ダウンロード機能が使えないことを除けば、全体的に快適に使えるのはhuluです。

配信ラインナップは充実していますし、画質もhuluの方が高画質ですからね。

huluとdTVどちらかで迷ったときは、安く使いたいか、それとも少しお金を出して色んな動画を観たいかが基準になります!

比較まとめ-huluとdTVの選び方

以上、huluとdTVを比較してきました。huluとdTVの選び方をまとめると次のようになります。

huluとdTVの選び方
  • 画質重視・たくさんの動画を観たい→Huluがおすすめ
  • シンプルに安く使いたい→dTV がおすすめ

画質も良い方を使いたいからhuluの方がいいかなぁ

dTVは配信数が少ない分月額料金が安いので、とりあえず目当ての動画を見たい方にもおすすめですね。

迷ったらどちらも無料お試し期間があるので、まずは気軽に使ってみましょう!

\2週間無料お試し/
\31日間無料お試し/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。