【レビュー】無線LANルーターを「BUFFALO WSR-2533DHP」に変えたら電波状況が改善!おすすめWiFiルーターまとめ

我が家は僕の仕事部屋にルーターを設置し、そこから無線LANの電波を飛ばしているのですが、どうも寝室の電波状況が悪く、結構途切れ途切れになっていました。

それまで使っていたのはNTTから提供されているSC-400NE「2」。NTTのルーターに指すタイプのものです。

画像引用元:https://page.auctions.yahoo.co.jp/

こういうやつ。上に挿すだけなので、バッファローやNECの無線LANルーターを設置するのと違って、かさばらないから便利だったんですよね。

仕事部屋から寝室までは大体7m。無線LANを使う場所も考えたら8mは離れています。

そうか、8mはあかんのか・・・と思い、電波が強い無線LANに買い替えることに。そして見つけた「BUFFALO WSR-2533DHP」に買い換えたのでレビューします!

BUFFALO WSR-2533DHPの概要

スペック

サイズ 36.5 x 160 x 160mm
重さ 約400g
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 12.6W(最大)
アンテナ 5GHz/2.4GHz 4本(内蔵)
無線LAN規格 IEEE802.11ac(1733Mbps)
IEEE802.11n(800Mbps)
IEEE802.11a/g(54Mbps)
IEEE802.11b(11Mbps)
保証期間 1年

WSR-2533DHPを選んだ理由

1番の理由は電波の強さですね。僕が親しくしている人に聞いたところ、使っていた機種は同じバッファローの「WSR-1166DHP2」。

その人もうちも間取りは2LDKで、無線LANを置く場所から寝室までの距離はそこまで変わりありません。

しかし、電波の強さを聞いてみると、寝室は結構弱いときがある、と。。。一応これ3LDK・2階建て向けと書いてあるんですけどね。

それで、もう電波問題で悩みたくないと思い、今回の「BUFFALO WSR-2533DHP」を選びました。こっちは4LDK・3階建て向けとこれ以上ないスペック。

下り速度も最速1733Mbpsとバッファローの無線LANルーター最高峰です。これなら電波問題で悩むことはないでしょう!

開封の儀

箱はこんな感じ。ブラックです。

バッファローの「WSR-2533DHP」の無線LANルーターは、このシャンパンゴールドのタイプもありますが、ルーター本体が黒なのでそれに合わせました。

開封するとこんな感じ。

  • ルーター本体
  • ルーターのスタンド
  • LANケーブル(0.5m)
  • ACアダプター
  • 取扱説明書

が付属品です。

「WSR-2533DHP」本体はすごくシンプル。

全面。AOSSボタンがあります。無線LANを接続する家電を使う場合、ここを押せばOK。

背面。青の部分ははルーター本体とつなぎ、LAN1から有線接続でメインPCとつなぎます。

スタンド設置。サイズ的にも問題ありません。

後は、説明書通りにセットアップすればOK。

BUFFALO WSR-2533DHPで電波状況は改善されたか

結論から言うと・・・無事改善されました!

こっちが仕事部屋の電波状況。WiFiはきちんと3本立っています。

こっちが寝室。全然変わらない!!!

以前はここの目盛りが2や1だったんですよ。。。そら繋がらなくなるわ。。。

解決できたので満足!

BUFFALO WSR-2533DHPのレビューまとめ

これまで、1~2年ごとに引っ越していましたが、あまり電波問題に悩むことはありませんでした。

2LDKの広めの部屋に住むのは人生初ということもあり、この辺は完全に抜け落ちてましたね。。。1Kや1LDKと同じ感覚でやったので失敗。。。

電波が強い無線LANルーターに入れ替えるだけで、電波状況は格段に改善できてかなり満足です。

以上、「BUFFALO WSR-2533DHP」のレビューでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。