dマガジンのメリット・デメリットを徹底解説|口コミ・評判・使い方まとめ

dマガジン

雑誌を思う存分読めることで、最近人気の雑誌読み放題サービス。

中でも、dマガジンは月額400円で人気雑誌が多く読めるのが人気です。

dマガジンの特徴
  • 月額400円という安さ
  • 200誌以上の雑誌が読み放題対象
  • 記事から雑誌を探せたり最新号の自動ダウンロードなどかゆい所に手が届く便利機能
  • 雑誌を楽しむ機能が充実
  • スマホやタブレットなど最大6台まで共有可能
  • 31日間無料お試しできる!
  • 決まった雑誌がある方も多くの雑誌を読みたい方にもおすすめ!

それでは、より詳しくdマガジンのメリット・デメリットを解説していきます。

楽天マガジンとブック放題との比較も解説しているよ!

▼まずは無料お試し▼

dマガジンとは?料金や配信雑誌

dマガジン

まずは、dマガジンの詳しい料金や機能を解説します。

dマガジンの料金

dマガジン
料金400円/月
雑誌数200誌以上
無料お試し初回31日間
対応機種スマホ/タブレット/PC
利用可能台数5台+1台
ポイント100円で1dポイント

dマガジンは初回31日間無料、月額はたったの400円で使えます。

利用可能台数の5台+1台とは、スマホやタブレットは合計5台まで、1台はパソコンで利用できるという意味です。

dマガジンは合計6台で使えるよ

家族でも余裕で使えるね

dマガジンの運営はNTTドコモですが、対象はドコモユーザーだけでなく、auやソフトバンク、その他携帯会社を使っている方誰でも加入ができます

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

dマガジンで読める雑誌

dマガジンの読み放題

dマガジンに登録すると200誌以上の雑誌が読み放題できます。

dマガジンの配信ジャンル

  • 総合週刊誌
  • 女性ファッション
  • 女性ライフスタイル
  • 男性ファッション
  • 男性ライフスタイル
  • 料理・暮らし・健康
  • お出かけ・グルメ
  • ビジネス・IT・国際
  • スポーツ・車
  • エンタメ・趣味

一部人気の雑誌を抜粋

  • VERY
  • VOGUE JAPAN
  • non-no
  • FRIDAY
  • FLASH
  • 週刊ダイヤモンド
  • 週刊SPA!
  • number
  • OCEANS
  • LEON
  • BRUTUS
  • 週刊ファミ通

配信雑誌をもっと知りたい方は公式ページで確認してね!

dマガジンのメリット

dマガジンのメリット画像

それでは、dマガジンのメリットについて具体的に紹介していきます。

dマガジンのメリット
  • 人気雑誌のラインナップが充実
  • 月額料金が安い
  • PCやスマホ・タブレットで使える
  • バックナンバーも読み放題
  • ダウンロードしておけばネットにつないでなくても読める
  • クリッピング機能でお気に入りのページを保存
  • お気に入りの雑誌は自動取得できる
  • 記事から雑誌を選ぶ機能が便利

dマガジンは人気雑誌のラインナップが充実

dマガジンの雑誌ラインナップ

雑誌読み放題サービスを選ぶ上で重要なのは、何が配信されているかという雑誌数や種類ですよね。

dマガジンは、楽天マガジンと並んで雑誌読み放題サービス最大規模の約200誌以上に対応しています。

メジャーどころは大体おさえており、週刊文春や週刊新潮といった週刊誌からwith、ViVi、CREAといった女性誌、週刊ダイヤモンドや東洋経済などのビジネス誌まで広く配信しています。

dマガジンの特徴は、dマガジンでしか配信されていない人気雑誌が多いということ。

dマガジンのみの配信雑誌
  • 週刊文春
  • 週刊新潮
  • LEON
  • OCEANS
  • with
  • VERY
  • ダ・ヴィンチ など

この辺の雑誌は、楽天マガジンやブック放題では配信されていないので、人気雑誌に目を通したい方にはおすすめのサービスです。

ご自分が好きなジャンルや雑誌が配信されているかは、dマガジンの公式サイトからチェックしてみてくださいね!

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

dマガジンは月額料金が安い

dマガジンは、他の雑誌読み放題サービスと比べても料金が安いです。

サービス月額雑誌数無料期間サービス内容
ブック放題 500円/月200以上初月雑誌+漫画
楽天マガジン 380円/月
3,600円/年
200以上31日間雑誌特化
dマガジン 400円/月200以上31日間雑誌特化
タブホ500円/月400以上24時間雑誌特化
U-NEXT1,990円/月70以上31日間雑誌+動画
FODプレミアム888円/月100以上1ヶ月間雑誌+漫画+動画
ブックパス562円/月230以上30日間雑誌+漫画+書籍
Kindle Unlimited980円/月150前後30日間雑誌+漫画+書籍

1番安いのは楽天マガジンですが、dマガジンも負けず劣らず安いですね。

楽天マガジンとの差も20円とわずかしかないので、安くて人気雑誌を読み放題したい方にはおすすめです。

ただ、年額だと楽天マガジンは3,600円と月額を払うよりも960円分安くなります。

前払いで1年間使う!という方は楽天マガジンがおすすめ!

どちらも31日以内に解約すればお金はかかりません。

dマガジンはPCやスマホ・タブレットで最大6台まで使える

dマガジンの利用イメージ

dマガジンはPCで1台、スマホやタブレットで5台まで使えます。

出先はスマホで、家ではタブレットで、という使い方もできるよ

同時利用できるのは嬉しい!

雑誌を数冊買うとかさばりますが、dマガジンならスマホやタブレットに入れておくだけでいいので持ち運びも楽。

また、わざわざ購入すると雑誌代だけで結構かかりそうなものですが、dマガジンなら月額400円だけでいいのでお財布にも優しいですね。

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

dマガジンはバックナンバーも読み放題

バックナンバーを読む

dマガジンは雑誌の最新号も読めるだけでなく、過去の配信も購読できます。

もちろん、配信期間は決まっているので無制限に読めるわけではありませんが、読み逃しした時やちょっと読み返したい時には便利ですよね。

月額400円でこの機能はめちゃくちゃありがたい!

dマガジンはダウンロードしておけばネットにつないでなくても読める

dマガジンでダウンロードする

dマガジンの雑誌詳細画面から「一冊全てダウンロード」をタップすると、一冊丸ごとダウンロードできます。

これでスマホやタブレットにダウンロードしておいてオフラインでもじっくり読む、という使い方ができます。

WiFiで事前にダウンロードしておけば、通勤通学途中などWiFiがないとこでも通信容量気にせず読めるね!

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

クリッピング機能でお気に入りのページを保存

dマガジンのクリッピング機能

dマヤ人アプリの下部に「クリッピング」というボタンがあって、これでいつでもお気に入りの記事を保存できます。

あの特集とか記事はどこだっけ、、、と後で探すことなく見つけられるので何気に便利なんですよね。

6.お気に入りの雑誌は自動取得できる

dマガジンでお気に入り雑誌を登録

アプリ右上のメニューから「ダウンロード」をタップすると上のような画面が出てきます。

ここで真ん中あたりの『「自動取得」「あとで読む」のダウンロード設定』をONにしておくと、お気に入り雑誌の最新号を自動でダウンロードしてくれるのです。

配信されるたびにいちいちダウンロードするのは面倒くさいですよね。でもこの機能があると勝手に保存しといてくれるからいつでも読めます。

こういう細かい機能が嬉しいね!

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

7.記事から雑誌を選ぶ機能が便利!

dマガジンを使っていてすごく便利だったのが「記事から選ぶ」機能。

dマガジンの記事から選ぶ機能

上の画像のようにアプリ下の左から2番め「記事から選ぶ」をタップすると、雑誌単位でなく記事単位で探すことができます。

これが結構便利で、雑誌を読むといっても全ページ興味がある記事が載っているかというとそうではありません。

この機能を使うと、自分が興味ある記事だけをピックアップして読めます

特に読みたい雑誌が決まっていないときや幅広く情報が知りたい時なんかめちゃくちゃ便利です。

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

dマガジンのデメリット

次に、dマガジンのデメリットを紹介します。

dマガジンのデメリット
  • 雑誌の全ページが読めるわけではない
  • スマホだと読みづらい
  • 雑誌のダウンロードしすぎに注意

雑誌の全ページが読めるわけではない

dマガジンでは色んな雑誌を読むことができますが、注意したいのは雑誌を全ページ読むことはできないという点です。実際の雑誌よりページ数は少ないです。

そもそも月額400円のサービスだし、雑誌を買うより安いから仕方ないといえば仕方ないかな

それでも100ページ以上は読めるので、ガッツリ読み込む目的でない限りは十分です。

スマホだと読みづらい

dマガジンに入っている雑誌は、スマホやタブレット用に最適化されているわけではなく、紙の雑誌がそのまま入っています。

ということは、スマホのように画面が小さいとすごく読みづらい!!!

拡大すれば読めるんですが、ページをめくる度に拡大するのは面倒です。

タブレットだと問題なく読めましたので、タブレットでの利用をおすすめします。

雑誌読み放題使うならタブレットは必須!
Fire Kindle iPad 比較 Amazon Fire・Kindle・iPadを徹底比較|おすすめのタブレットはどれ?

雑誌のダウンロードしすぎに注意

雑誌を選ぶだけでダウンロードが始まるのは便利なんですが、次々に読むとそれだけで容量が貯まっていきます。

dマガジンでダウンロードしすぎに注意

アプリ右上のメニューから「ダウンロード」→「ダウンロードした雑誌の削除」をタップし、不要なデータは削除しておきましょう。

また、これだけの容量をダウンロードするわけですから、携帯の通信回線を使うと結構パケットを使ってしまいます。

1、2冊程度読むだけならまだしも、10冊くらいまとめ読みしたい時はWiFi環境でダウンロードしましょう。

ポケットWiFi おすすめ 【最新】ポケットWiFiおすすめ人気ランキング|料金・速度・使い勝手などモバイルWiFi徹底比較!

dマガジンの使い方や使い勝手をレビュー

実際に、dマガジンで使える機能は次のとおりです。

dマガジンでできること
  1. 雑誌をダウンロードしてオフラインで読む
  2. あとで見たいページにふせんをつける(クリッピング機能)
  3. 雑誌をお気に入りに登録
  4. 雑誌のランキング(ジャンルごと)
  5. 最新号の配信予定日の確認
  6. お気に入り雑誌の自動ダウンロード
  7. バックナンバーを読む
  8. 目次機能(雑誌ごとの目次)
  9. 記事から雑誌を選ぶ
  10. 雑誌やキーワードでの検索

雑誌を手軽に読むための機能はかなり整っているよ!

iPhoneでdマガジンをレビュー

dマガジンをiPhoneで使ってみた
iPhoneアプリで起動するとこんな感じ。基本的に画面はとてもシンプルで使いやすいです。

ホーム画面では新着順に雑誌が出てきます。

記事から選ぶ
記事から選ぶをタップすると、雑誌の記事ごとに表示されます。

下にスクロールしていけば、他のジャンルも閲覧できます。

dマガジンによるおすすめ記事や特集
真ん中のおすすめは、dマガジンによるおすすめ記事や特集が紹介されています。
dマガジンのランキング画面
ランキング画面ではジャンルごとに人気の特集が読めます。

雑誌というより記事や特集ベースなので、興味ある記事にアクセスしやすいです。

iPadでdマガジンをレビュー

dマガジンをiPadで起動

iPadだと、全体的に画面が大きくなるので使いやすいですね。

基本的に操作感はスマホ版と変わりませんが、横にすると横開きで雑誌を実際に読むように使えるので便利です。

dマガジンを使うなら、タブレットのほうがおすすめです。

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

dマガジンをブック放題・楽天マガジンと比較

雑誌読み放題は、楽天マガジンとdマガジン・ブック放題とで比較する方も多いですね。実際、これらサービスは内容が似ています。

誰しも使える雑誌読み放題サービスで人気があるのはこの3つです。

読み放題楽天マガジン dマガジン ブック放題
月額380円400円500円
年額3,800円4,800円6,000円
ポイント100円で
1楽天ポイント
100円で
1dポイント
雑誌数200以上200以上200以上
利用可能台数最大6台最大6台最大6台
無料お試し31日間31日間初月
オフライン利用
最新号雑誌の自動DL×
ページクリップ×
お気に入り管理
雑誌ランキング
発刊予定の確認
お気に入りの共有××
目次の確認
記事から雑誌選択×
おすすめ記事の表示××
記事のまとめ××
検索バー
関連雑誌の表示

楽天マガジン・dマガジン・ブック放題も基本的な機能はさほど変わりません。

どのサービスも違うのは料金と配信雑誌の種類で、どれも1ヶ月程度は無料で使えるので、試しに使ってみて、好きな雑誌がある方を続けてみてもいいと思います。

読みたい雑誌がどれもある場合は、使い勝手がいいdマガジンがおすすめです!

dマガジンの評判・口コミ

dマガジンの実際の口コミや評判が気になる方も多いでしょう。

ネットに出ている口コミを集めてみました。

月額400円の安さで色んな雑誌が読めるだけあって、そこに満足している方が多いみたいですね。

人気雑誌を広く抑えているのがdマガジンのメリットなので、広く雑誌を読みたい方におすすめです!

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

dマガジンの申込方法

dマガジンの申込方法は簡単です。

dマガジンの申込方法
dマガジンの公式サイト を開き、「初回31日間無料でお試し」というピンクのボタンをクリックします。
dアカウントでログイン
そうすると、ログイン画面が出てくるので、dアカウントを持っている方はログインして申し込み、持っていない方はアカウントを発行して申し込みしましょう。

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

dマガジンの解約方法

dマガジンの解約はアプリからできないので、dマガジンの公式サイト から行う必要があります。

dマガジンの解約

1番下のメニューから「会員登録/解約」をクリック。

dマガジンの解約

その後解約画面が表示されるので、1番下の「解約する」をクリックしましょう。

dマガジンは31日間の無料お試し期間があるので、この期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試し期間が終われば自動的に有料期間に入るので、お試し期間内で終わらせたい方は忘れず行いましょう。

当然、無料お試しで解約すれば、ダウンロードした雑誌は読めなくなるので注意しましょう。有料契約を解約した場合は、有効期間内であれば雑誌は読めます。

dマガジンのメリット・デメリットまとめ

dマガジン

以上、dマガジンのメリットやデメリットについて解説してきました。

dマガジンのデメリット
  • 雑誌の全ページが読めるわけではない
  • スマホだと読みづらい
  • 雑誌のダウンロードしすぎに注意
dマガジンのメリット
  • 人気雑誌のラインナップが充実
  • 月額料金が安い
  • PCやスマホ・タブレットで使える
  • バックナンバーも読み放題
  • ダウンロードしておけばネットにつないでなくても読める
  • クリッピング機能でお気に入りのページを保存
  • お気に入りの雑誌は自動取得できる
  • 記事から雑誌を選ぶ機能が便利

dマガジンの魅力はなんといっても月額400円の安さで人気雑誌が多く読み放題ということ。これ1つあれば、雑誌はほぼカバーできます。

またアプリの使い勝手もよく、かゆい所に手が届く機能は1度使ったら離れられません。

申し込み前に雑誌は試し読みができますし、初回31日間の無料お試し期間もあるので、dマガジンで雑誌読み放題を始めてみましょう!

31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

▼31日間無料お試し▼

雑誌読み放題 比較 【2018年最新】雑誌読み放題サービスのおすすめは?ランキングで徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。