Fire・Kindle・iPadのタブレットを徹底比較!おすすめはどれ?違いや特徴まとめ

Fire Kindle iPad 比較

コンパクトサイズで持ち運びが便利ということからも、仕事やプライベートで大活躍するタブレット。

購入を考えているけど、種類が多すぎてどれを選択すれば良いのか悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。

iPadが有名だけど、値段が高いのがネックになるよね

安いタブレットも検討したいんだけど、どっちがいいのかなぁ…。

タブレットはiPadばかりではありません。iPadは高いのがデメリット。

使いみちが動画視聴や読書なら、iPadでなくてもいいのです。

安いタブレットとして有名なのが、amazonが出しているFireタブレットやKindleキンドルがあります。

どれがいいか迷うなぁ

違いや特徴を比較して、おすすめをまとめたよ!
おすすめのタブレット比較
本を快適に読みたい方Kindle
動画や音楽もみたい方Fireタブレット
PC代わりに使う方iPad

それでは、どうしてこういう結論になるのか、各タブレット機種を比較しながら解説します。

Fireタブレットの特徴

Fire HD 8

まずは、各タブレットの特徴についてまとめていきます。

Fireタブレットは3種類でており、それぞれ比較表にすると次のとおりです。

Fire 7
Fire HD 8
Fire HD 10
価格5,980円8,980円15,980円
サイズ192 x 115 x 9.6mm214 x 128 x 9.7mm262 x 159 x 9.8mm
重さ286g369g504g
ディスプレイ7インチ8インチ10.1インチ
解像度1024 x 600 (171ppi)1280 x 800 (189ppi)1920 x 1200 (224ppi)
メモリ1GB1.5GB2GB
CPU1.3GHz
クアッドコア
1.3GHz
クアッドコア
2.0GHz
オクタコアプロセッサ
容量16/32GB16/32GB32/64GB
オーディオモノラルDolby Atmos
デュアルステレオ
Dolby Atmos
デュアルステレオ
カメラ2メガピクセルフロントカメラ
リアカメラ
+720pHDビデオレコーディング
2メガピクセルフロントカメラ
リアカメラ
+720pHDビデオレコーディング
2メガピクセルフロントカメラ
リアカメラ
+720pHDビデオレコーディング
Wi-Fiデュアルバンド
a/b/g/n
デュアルバンド
a/b/g/n
デュアルバンド
a/b/g/n/ac
バッテリー8時間10時間12時間
microSD512GBまで対応400GBまで対応512GBまで対応

Fireタブレットは、今回紹介する中でも1番安いよ!

Fire 7」「Fire HD 8」「Fire HD 10」の3種類から選べます。

本当に安く済ませたいのであれば「Fire 7」ですが、画質や音質は他の2機種と比べて結構劣るのがデメリット。

動画や音楽をハイクオリティで楽しみたいのであれば「Fire HD 10」ですが、そこまでスペックを求めなければFire HD 8で充分です。

Fireタブレットは安く買える分、iPadと比べると使えるアプリが多くありません。

たとえば、iPadでは普通に使えるtwitterやLINEアプリがダウンロードできないのです。

使いみちはかなり限定されていますが、動画や読書目的の方におすすめできます。

オススメ使いみち
  • 映画・ドラマ・アニメなど動画を楽しむ
  • 電子書籍の読書を楽しむ
  • 自宅で音楽を流して楽しむ

Kindleの特徴

Kindle Paperwhite

次に、Fireタブレットと同じamazonが販売しているKindle。

現在3機種出ており、それぞれ比較したのが次の表です。

Kindle
Paperwhite
Oasis
価格8,980円8GB:13,980円
32GB:15,980円
8GB:29,980円
32GB:32,980円
サイズ縦:160mm
横:113mm
厚:8.7mm
縦:167mm
横:116mm
厚:8.18mm
縦:159mm
横:141mm
厚:3.4-8.3mm
重さ174g182g188g
ディスプレイ6インチ6インチ7インチ
容量4GB8GB/32GB8GB/32GB
解像度167ppi300ppi300ppi
内蔵ライトLED4個
LED5個LED25個
防水×
色調調節ライト××
明るさ自動調整××
自動画面回転××
ページ送りボタン××

Kindleは電子書籍を読む専用タブレットで、amazonで買える本が読めるよ

現在、Kindleは「Kindle Oasis」まで3モデル出ている人気機種です。

電子書籍リーダーとして、目に優しいディスプレイやしおり機能など読書に便利な機能がついています。

デメリットとして本を読む以外に使い道がないこと。確かに読書の性能は良いのですが、コスパを考えるとFireタブレットの方が上です。

読書好きで、それも電子書籍にこだわる方におすすめの端末といえます。

オススメ使いみち
  • 快適な読書

Kindleの3機種から選ぶ基準ですが、おすすめは「Kindle Paperwhite」。コスパはKindle機種の中で1番です。

安さを考えると「Kindle」ですが、スペックが全体的に低いためあまりおすすめできません。

Kindle Oasis」が1番高いモデルですが、片手持ちに対応していたり明るさ自動調整がついているなど、より読書が快適になる機能付き。

最高の環境で読書をしたい方向けのタブレットです。

あわせて読みたい

iPadの特徴

Appleが販売している代表的なタブレット端末「iPad」。

現在4種類のモデルから選ぶことができます。iPadは種類も多いので、表の縦横を逆にします。

各モデル画面価格サイズ重さ容量解像度プロセッサバッテリーディスプレイApple PencilSmart Keyboardカメラ手ブレ補正ビデオ撮影認証オーディオ
iPad Pro
12.9インチ111,800円~横幅:214.9mm
高さ:280.6mm
厚さ:5.9mm
631g64GB
256GB
512GB
1TB
2,732 x 2,048
264ppi
A12X Bionic最大10時間Liquid Retina第2世代12メガピクセル4K顔認証4スピーカー
11インチ89,800円~横幅:178.5mm
高さ:247.6mm
厚さ:5.9mm
468g64GB
256GB
512GB
1TB
2,388 x 1,668
264ppi
A12X Bionic最大10時間Liquid Retina第2世代12メガピクセル4K顔認証4スピーカー
iPad Air
10.5インチ54,800円~横幅:174.1mm
高さ:250.6mm
厚さ:6.1mm
456g64GB
256GB
2,224 x 1,668
264ppi
A12 Bionic最大10時間Retina第1世代8メガピクセル×1080p HD指紋認証2スピーカー
iPad
10.2インチ34,800円~横幅:174.1mm
高さ:250.6mm
厚さ:7.5mm
483g32GB
128GB
2,160 x 1,620
264ppi
A10 Fusion最大10時間Retina第1世代8メガピクセル×1080p HD指紋認証2スピーカー
iPad mini 5
7.9インチ45,800円~横幅:134.8mm
高さ:203.2mm
厚さ:6.1mm
300.5g64GB
256GB
2,048 x 1,536
326ppi
A12 Bionic最大10時間Retina第1世代×8メガピクセル×1080p HD指紋認証2スピーカー

iPadといえばタブレットの定番!

iPadはタブレットの中でも最高峰というだけあって、操作性・画質・機能・デザインなど性能は抜群です。

持ち運びが便利なノートパソコンといっても過言ではないくらいにスペックは高いです。

タブレットを頻繁に使う人であれば、1台持っていても損はありません。

エクセルといった編集には向いていませんが、それ以外の作業ならノートパソコンよりもiPadでいいくらいです。

ただ、高機能な分FireタブレットやKindleと比較すると価格も高いです。使いみちが決まっていないと宝の持ち腐れにはなってしまいます。

オススメ使いみち
  • ノートPC代わりに使いたい
  • 大画面でイラストを描きたい
  • 手書きでメモ代わりに使いたい
  • クックパッドなどのレシピを見ながら料理したい

iPadはそれぞれ用途ごとにおすすめが変わるので、どういう風に使いたいかで選びましょう。

PC代わり・イラスト用におすすめ
高性能で使いたいけど持ち運びもする方
高性能がいいけど価格は抑えたい
とりあえずiPadを持ちたい
持ち運び専用がほしい方

Fire・Kindle・iPadの比較表

Fire・Kindle・iPadの各タブレットを紹介しました。

各タブレットの代表的なモデルをもとに、比較しやすいように表にしました。

 Fire HD 8
Paperwhite
iPad
価格8,980円13,980円~34,800円~
画面8インチ6インチ10.2インチ
サイズ縦:214mm
横:128mm
厚:9.7mm
縦:167mm
横:116mm
厚:8.18mm
縦:250.6mm
横:174.1mm
厚:7.5mm
重さ369g182g483g
容量16/32GB8GB/32GB32/128GB
解像度1280 x 800
189ppi
300ppi2,160 x 1,620
264ppi
バッテリー10時間数週間最大10時間

Fire・Kindle・iPadの各タブレットにはそれぞれに大きな特徴が挙げられます。

タブレットの違い
  • Kindle→本が快適に読める
  • Fireタブレット→安価で動画や本、音楽が楽しめる
  • iPad→価格は高いけど高性能で使えるアプリが多い

思ったけど、これ全部違いすぎて比較する意味なかった

そ、そうだよね

電子書籍の読書特化がKindle、安くて動画や音楽が楽しめるのがFireタブレット、高価な分ハイグレードなのがiPadです。

それぞれ目的ごとに完璧に分かれているので、タブレットをどう使いたいか?で選ぶと良いでしょう。

Fire・Kindle・iPadはどれを選ぶ?選び方はこれ!

各タブレット端末の解説をしたところで、こんな方にはこういうタブレットがおすすめ、という用途別タブレットを紹介します。

比較してわかりましたが、それぞれ性能が違いすぎます。完全に用途で分かれるので、どの使い方をするかで選びましょう。

それぞれできること・できないこともまとめたので、タブレット選びの参考にしてみて下さいね!

動画・読書メインならFireタブレット

できる

  • 動画・音楽鑑賞
  • Kindleアプリで読書
  • 簡単なゲーム

できない

  • イラスト描き
  • メモ代わり
  • 高度な編集作業
  • 容量を使うゲーム
  • SNSなど各アプリ

音楽・動画・本と多くのコンテンツを満遍なく楽しみたい!

そう考えている人にはFireタブレットがおすすめです。

プライム会員であれば各コンテンツが無料で楽しめるため、コスパもかなりいいです。

本を快適に読みたい人にはKindle

できる

  • 電子書籍の読書

できない

  • 読書以外のすべて

とにかく電子書籍を快適に読みたい!

そんな方にはKinldleがおすすめです。

音楽や動画などのコンテンツを楽しむことはできませんが、とにかく読書特化の端末なので快適な読書体験ができます。

また、プライム会員であればFireタブレットと同じくKindle本が毎月1冊無料で利用可能になる特典もあります。

あわせて読みたい

色んなことがやりたい方はiPad

できる

  • 手書きのメモ・イラスト
  • 読書・動画・音楽
  • 高度な編集作業
  • ゲームなど各種アプリ

できない

  • PCでやる複雑な作業

高価格帯ながらも性能面で優れているiPad。

タブレットをビジネス・プライベートの両方でフルに活用したいという人にはおすすめです。

パソコンにはできない手書きメモやイラストなど描けるほか、写真や動画編集も得意分野です。

ただ、データを取り込んで印刷したり、エクセルやワードといった複雑な作業には向いていません。

それでも、ノートパソコンでできることはほとんどカバーしているので、ノートパソコン代わりにも十分使えるタブレットです。

出先で簡単な作業をしたい方や、イラスト業の方にもおすすめです。

あわせて読みたい

Fire・Kindle・iPadタブレットの比較まとめ

以上、Fireタブレット・Kindleタブレット・iPadを比較してきました。

おすすめのタブレット比較
本を快適に読みたい方Kindle
動画や音楽もみたい方Fireタブレット
PC代わりに使う方iPad

我が家はiPadとFire HD 8を使っているよ!

イラスト用と動画用だね!

我が家は、動画視聴用に「Fireタブレット」、イラストやノートPC代わりに「iPad」を2台使っています。

奥さんがイラストやデザイン編集をやるので1台、もう1台は僕のノートPC代わりです。

とりあえずタブレットがほしい方は、「Fireタブレット」や「iPad mini」を選ぶと良いでしょう。

タブレット端末はそれぞれ特徴があるので、目的を持って購入することをおすすめします!

本を快適に読みたい方はKindle
動画・音楽メインならFireタブレット
PC代わりやイラスト目的ならiPad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。