【Amazon】Fire TVとFire TV Stickはどっちがおすすめ?違い・価格・性能を徹底比較!

動画配信サービスの映画やドラマ、YouTubeの動画をテレビの大画面で見たい!

それを実現できるアイテムが、Amazonが発売しているスティック型端末「Fire TV」あるいは「Fire TV Stick」です。

従来ならスマホやパソコンでしか観られなかった動画コンテンツも、Fire TV(Stick)があれば接続と簡単な設定だけでテレビの大画面で視聴することができるようになりますし、楽しみ方は動画の視聴だけではありません。

「Fire TV」と「Fire TV Stick」のどちらがおすすめか簡単にまとめると次のようになります!

みやちまん

Fire TVとFire TV Stick
  • とりあえずTVで動画を楽しみたい→Fire TV Stick
  • 4Kで動画を楽しみたい→Fire TV

それでは、なぜこの結論になるのか、「Fire TV」と「Fire TV Stick」の違いや選び方のおすすめなど徹底して解説していきます!

Fire TV(Stick)のポイント
  • 動画配信サービスをテレビに映せる
  • 音楽やゲームもできる
  • リモコンは音声認識対応
  • テレビの接続も簡単

Fire TV(Stick)でできること

Fire TV(Stick)は、AmazonプラムビデオやHulu、Netflixなどの動画配信サービスや、YouTubeやニコニコ動画、さらにはFacebook、TwitterなどFire TV(Stick)に対応している6,000以上ものアプリが家にあるテレビで利用可能になるデバイスです。

しかも、テレビの裏側や側面にあるHDMI端子に接続してWi-Fiにつなぐだけで、動作するのですごく簡単。

ここでは、Fire TV(Stick)でできることをいくつかご紹介します。

動画配信サービスなどの動画コンテンツをテレビ画面で視聴できる

HuluやNetflix、Amazonプライムビデオなど、日本国内でも利用者が増え続けている動画配信サービス。

多くの方がスマホやパソコン、タブレットなどで視聴していると思いますが、Fire TV(Stick)をテレビに接続してWi-Fiにつなげば、テレビ画面で映画やドラマなどのコンテンツが視聴できるようになります。

スマホやパソコンの画面では物足りなさを感じていた方も、Fire TV(Stick)をテレビに接続すれば、フルHDや4Kなど高画質でダイナミックな映像が楽しめます。

音声認識で検索できる

Fire TV(Stick)の操作は、付属のリモコンでおこないます。リモコンのボタンによる操作はもちろん、音声認識にも対応しているため直感的な操作が可能です。

音声検索なら、リモコンに向かって観たいタイトル名を言うだけでいいのですごく楽ですね。

面倒な入力作業がいらないのでありがたい機能です。

テレビの画面から動画がレンタルできる

AmazonプライムビデオやdTVには、見放題サービス対象動画の他に、課金することで視聴可能になるレンタル対象作品もあります。

Fire TVをテレビに接続していれば、スマホやパソコンを介さずに、テレビの画面上からレンタル作品の購入手続きができます

高音質で音楽を楽しむことができる

Fire TV(Stick)にはAmazonが提供する音楽聴き放題サービスのAmazonプライムミュージック(要Amazonプライム入会)が搭載されているほか、基本無料の音楽聴き放題サービス「Spotify」などのミュージックアプリも利用できます。

テレビのオーディオにもよりますが、スマホやパソコンのスピーカーとは段違いの高音質で音楽が楽しめるので、家事やリラックスタイムにFire TV(Stick)経由で曲を流せば、いつもより作業がはかどったり、リラックスできたりするかもしれませんね!

アプリをダウンロードすればできることが増える

Fire TVには初期状態からいくつかのアプリがインストールされていますが、Fire TV(Stick)対応アプリをAmazonで購入・ダウンロードすれば、できることがさらに広がります。

Fire TV対応アプリはこちらから確認してみてくださいね。

たとえばインターネットブラウザの「Silk」や「Firefox」をダウンロードすると、Fire TVと接続したテレビからネットサーフィンやインターネット通販が利用できますし、YouTubeにアクセスして動画を観ることもできます。

さらに、Fire TV(Stick)対応のゲームアプリをダウンロードして、専用コントローラーを接続すれば、ゲームアプリだって楽しめちゃうんです!

テレビへの接続は簡単!

Fire TVもFire TV StickもテレビのHDMI端子に接続して使いますが、その接続方法はすごく簡単です。

  1. Fire TV・Fire TV StickをテレビのHDMI端子に接続する
  2. コンセントにつなぐ
  3. インターネットに接続する

この3STEPだけです。めちゃくちゃ簡単。HDMIケーブルは必要になるので、持っていない方は準備しておきましょう!

Fire TVとFire TV Stickの違い

Amazonのスティック型デバイスは、「Fire TV」と「Fire TV Stick」の二種類が発売されています。

どちらも製品名だけ見ると同じような印象を持ちますが、価格や性能の面で異なる点があります。

Fire TVとFire TV Stickの性能をまとめると次の表のとおりです。

Fire TV Stick
Fire TV
基本価格 4,980円 8,980円
解像度 最大 60fps・1080p 最大 60fps・4K Ultra HD
メモリ 1GB 2GB
ストレージ 8GB 8GB
オーディオ Dolby Audio Dolby Atmos

Fire TVとFire TV Stickは本体の形状が違うくらいで、リモコンや電源アダプタなど付属品に違いはありません。どちらも音声認識も対応しています。

基本的にはFire TV Stickで十分使えます!

みやちまん

ぶっちゃけて言うと、Fire TV StickもFire TVもそこまで大きな差はありません。Fire TVの方が4K対応していたりよりサクサク動くといったところです。

お手持ちのテレビが4K対応でなければ、Fire TV Stickで十分です。

それでは、両者の価格や性能の違いについてより詳しく見ていきましょう。

比較1.基本価格

Fire TV Stickは基本価格4,980円(税込)、対してFire TVは基本価格8,980円(税込)で販売されています。

先ほどの比較表を見ると、解像度やメモリなどの明らかな性能差が4,000円の価格差につながっていると考えられます。

比較2.解像度

両者の解像度で違いが見られるのは、Fire TV Stickの1080pとFire TVの4K Ultra HDです。

Fire TV Stickの1080pはBlu-rayやPlayStation 3のフルHD画質に相当する解像度で、後者の4K Ultra HDは2160pと倍の解像度があるため、大画面になってもかなり鮮明な映像が観られます。

ただし、4K対応テレビやモニターに接続しなければ、Fire TVの性能を十分に活かすことはできません。

2018年現在、4K画質で視聴できる動画コンテンツはまだ少ないものの、2020年の東京オリンピックに向けて、これからますます増える可能性は十分にあります。

通常はFire TV Stickで十分ですが、今後4K対応テレビを買う予定があるのであれば、Fire TVをおすすめします。

MEMO
fpsとは、「1秒間の動画にn枚の静止画が使われている」という意味で、60fpsとなるとかなりなめらかに動く映像が観られます。

比較3.メモリ

メモリは大きいほど映像がなめらかだったり、ゲームの動作が快適だったりします。

とくに最新のゲームを快適にプレイするには大量の情報を一度に処理する性能が求められるため、動画の他にゲームも楽しみたいならFire TVを選んだほうが良いでしょう。

比較4.オーディオ

音にこだわりのある方は、搭載されているオーディオにも注目しましょう。

Fire TV StickのDolby AudioもFire TVのDolby Atmosも高音質の音響であることは間違いないのですが、より立体的で部屋の隅々まで包み込むような音響を求めるなら、Fire TVを選ぶべきでしょう。

スタジアムでスポーツを観戦するような、臨場感溢れる映画を鑑賞するような感覚が味わえます。こちらも、接続するテレビ自体がそれぞれのオーディオに対応している必要があります。

Fire TVとFire TV Stickの選び方-どっちがおすすめ?

どちらの端末を選んだらいいかについては、いくつか注目すべきポイントがあります。

ここではFire TVとFire TV Stickのそれぞれがどんな方にオススメか解説していきます。

Fire TV Stickはこんな方におすすめ!

動画コンテンツの映像はHD画質で十分という方

4K放送も4K対応の動画配信サービスも、2018年現在はまだまだ数が少なく、多くの動画コンテンツはSD・HD画質が主流となっています。

HuluやAmazonプライムビデオなど人気の動画配信サービスは4K未対応というところも多いですが、実際はHD画質でも十分に鮮明な映像が楽しめるため、4K画質にあまりこだわりがない方は、Fire TV Stickでも十分に満足できます。

なるべく安くスティック型デバイスを購入したい方

端末の性能よりも、なるべく安くて気軽にテレビの大画面でHuluやAmazonプライムビデオ、YouTubeなどを楽しみたいという方は、Fire TV Stickがおすすめです。

Fire TVはこんな方におすすめ!

4K対応の動画コンテンツを観たい方

テレビの大画面で超高画質4K対応の鮮明で美しい映像が観たい方は、Fire TV一択です。

2018年は平昌オリンピックが記憶に新しいところですが、6月からはFIFAワールドカップロシア大会が開催される予定となっていますし、何より2020年の東京オリンピックは高画質な映像で楽しみたいですよね。

現在ではテレビ放送自体が4K未対応のものが多く、4K対応テレビも高額家電の部類に入りますが、2020年までには放送網も整備され、4K対応テレビも値下げされていくでしょう。

ちなみに動画配信サービスでは、Netflixがオリジナルの海外ドラマを4K画質で配信しています。おもにNetflix利用者でオリジナルドラマを視聴されている方は、ぜひFire TVをおすすめします。

極上の音響にこだわりがある方

Fire TVに搭載されているオーディオDolby Atmosは、部屋全体を包み込むような迫力ある音が楽しめます。

とくに野球やサッカーのスタジアムのどよめきや、ハリウッド映画の大迫力のアクションをダイナミックな音響とともに味わいたい方は、Dolby Atmos対応のFire TVをおすすめします。

購入前の注意点

Fire TV(Stick)を購入する前に、必ず確認しておくべき事項についてご紹介します。

HDMI端子対応HDテレビか

そもそも、自宅のテレビがHDMI端子対応HDテレビでなければ、Fire TV(Stick)を接続することができません。

テレビの裏面や側面を確認すれば、さまざまな端子に並んでHDMI端子が付いているはずです。

ここ10年くらいに発売された地上波デジタルテレビなどであれば、HDMI端子は標準搭載されています。

Wi-Fi経由でのインターネットが可能か

HDMI端子対応HDテレビにFire TV(Stick)を接続自体はできても、自宅でWi-Fiにつないでのインターネットができる環境(無線LAN環境)が整っていなければ利用できません。

どうしてもWi-Fiが利用できない場合は、別売りのAmazonイーサネットアダプタを使用して、有線ネットワークに接続する方法があります。

テレビが4K対応か

「Fire TVを利用して4Kの超高画質な映像が観たい!」という方は、自宅のテレビが4K対応テレビかどうかを確認しましょう。4K未対応のテレビにFire TVを接続しても、HD画質でしか楽しむことができません。

「とくに高画質にこだわらない」「大画面で映像が観られればOK」という方は、Fire TV Stickでも十分です。

Fire TV(Stick)を買ったらプライムビデオを見よう

プライムビデオとは、Fire TV(Stick)のAmazonが提供している動画配信サービスです。

年会費3,900円(税込)か月額400円(税込)でAmazonプライムに入会すれば、会員特典として60,000作品以上の映画やドラマ、アニメなどが見放題となります。

Amazonプライム会員は、プライムビデオだけでなく送料特典など、Amazonをより便利に使えるメリットが満載なので加入しておいて損はありません。

Fire TV(Stick)には初期状態からAmazonプライムビデオのアプリがインストールされているので、テレビに接続すればすぐに大画面での視聴ができます。

Fire TVとFire TV Stickの比較・おすすめまとめ

以上、Fire TVとFire TV Stickの比較を紹介しました。

どちらがおすすめかをまとめると次のようになります。

Fire TVとFire TV Stick
  • とりあえずTVで動画を楽しみたい→Fire TV Stick
  • 4Kで動画を楽しみたい→Fire TV

通常はFire TV Stickで十分ですが、

  • 4Kで視聴したい
  • 動画はサクサク観たい
  • アプリをたくさん入れたい

という方はFire TVを選択しましょう!

ご自身の目的にあったFire TV(Stick)を選んでくださいね!

TVで動画配信を楽しみたい方におすすめ!
4K画質やスポーツ観戦もしたい方におすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。