【2019年】中日ドラゴンズの試合を視聴できる配信サイトまとめ【ネット中継】

中日ドラゴンズ ネット中継

2019年、中日ドラゴンズの新しいシーズンが始まります。

今シーズンの中日戦を観戦したい方のために、中日戦をネット中継している配信サイトをまとめました。

中日戦のネット中継
おすすめNo.1DAZN 月額1,750
(ドコモは980円)
全試合観戦するならスカパー月額4,075

中日戦を観るなら1番おすすめはDAZNです。導入の手間もかからず、すぐに野球中継が観戦できます。

ただ、DAZNでは敵地開催のカープ戦とヤクルト戦が未配信なので、全試合観るならスカパー!を使いましょう。

それでは、より詳しく中日ドラゴンズをネット中継している配信サイトを紹介していきます。

中日戦をネット中継している配信サービス

DAZN(ダゾーン)

DAZN(ダゾーン)

月額料金1,750円
(ドコモは980円)
無料期間1ヶ月間
視聴環境
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
中日戦ほぼ配信
(敵地で行われるヤクルト・広島戦以外)

中日ドラゴンズの試合をみるなら、まず選択肢にあがるのがDAZN(ダゾーン)です。

DAZNではヤクルトスワローズ・広島カープの本拠地以外の試合が配信されています。

2019年は、ヤクルト・広島戦は25試合が敵地なので(ヤクルトが12試合・カープが13試合)、118試合が観戦できます。

ここまで多くの試合をネット観戦できるのは、DAZNが1番です。

登録して1ヶ月間は無料で使えるので、まずは気軽にお試し利用してみましょう!

DAZNのメリット
  • いつでもどこでも野球観戦できる
  • 中日戦は公式戦・交流戦が観戦できる
  • 見逃し配信やハイライトに対応
  • テレビ観戦もできる
  • オフシーズンは一時停止できる
  • ドコモユーザーはお得に使える
DAZNのデメリット
  • テレビ中継よりも遅れはある
  • ヤクルト戦・カープ戦未配信

1ヶ月以内に解約すればお金はかかりません。

J SPORTSオンデマンド

J SPORTSオンデマンドのロゴ

中日戦だけなら、「J SPORTSオンデマンド」を視聴するのもおすすめです。

J SPORTSオンデマンドは月額1,800円、25歳以下なら半額の900円で視聴できます。

  • オリックス主催試合
  • 楽天イーグルス主催試合
  • 広島カープ主催試合
  • 中日ドラゴンズ主催試合

が楽しめます。

ただ、カープ以外はDAZNでも視聴できるので、金額を考えると中日戦目的で加入するのはおすすめできません。

中日戦を全試合観るならスカパー

スカパーのイメージ画像

月額料金4,075円
無料期間加入月無料
視聴環境
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
中日戦全試合

「スカパー!」はDAZNといったネットの動画配信サービスと違い衛星放送(CS放送)です。

DAZNはネット配信のため、どうしても回線環境次第で画質は悪くなってしまいますし、リアルタイムより遅く配信されます。

しかし、スカパー!はテレビ放送のため、画質はテレビのまま良好ですし遅れることもありません。リアルタイムで観戦できるのはCS放送ならではのメリットです。

DAZNでは中日戦を全試合観戦できませんが、スカパーなら143試合全て観戦できます。

中日戦を全試合応援したい方はスカパー!がおすすめです!

スカパーのメリット
  • 中日戦が全試合視聴できる
  • 加入月が無料で観れる
  • 一部スマホやタブレットでも視聴できる
  • 画質が良い
  • テレビ放送だから遅延もない
スカパーのデメリット
  • 月額が高い(4,401円)
  • CS対応アンテナが必要

加入月は無料で使えます

中日戦を無料で観るならテレビ放送

テレビ

テレビ放送のメリット
  • 無料で視聴できる
テレビ放送のデメリット
  • 放送圏内にいないと視聴できない
  • 試合終了まで放送されない場合が多い
  • CMのタイミングでは重要なシーンを見逃してしまう
  • スマホやパソコンから視聴できない
  • 全試合視聴できない

無料で中日戦を視聴するならテレビ放送が1番でしょう。

ただし、地域によっては放送がありませんし、スマホで視聴できない、最後まで観れないといったデメリットもあります。

ただ、CMが入る都合上、先頭バッターでホームランを打った、といった重要なシーンを逃してしまうこともあります。

中日戦が視聴できる地上波テレビ

中日ドラゴンズの試合を地上波でみるなら、東海テレビ・CBCテレビ・三重テレビ・テレビ愛知といった愛知圏内のテレビ局でしょう。

ただ、放送圏内にいないと視聴できません。

試合によってはNHK総合で放送される時もありますが、完全不定期です。

中日戦が視聴できるBS放送

BS放送は、アンテナ機器さえあれば無料で試合が視聴できます。大体NHK BS1やBS朝日などで放送されています。

BS放送は中日戦だけでなく、他球団の試合を観れるメリットもありますが、全試合放送されるわけではないので中日目的で加入するのはおすすめしません。

中日ドラゴンズをネット中継しているサービスまとめ

以上、中日ドラゴンズの試合をネット中継している配信サービスをまとめました。

主に比較すべきはDAZNとスカパー!となるので、表にまとめると次のようになります。

DAZNスカパー!
月額料金1,750円
(ドコモは980円)
4,075円
対応試合118試合143試合
オールスター××
CS×
日本シリーズ××
未配信
  • ヤクルト主催試合
  • 広島主催試合
なし
視聴環境
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
必要な物ネット環境
  • 110度対応テレビ
  • 対応アンテナ
無料期間1ヶ月加入月

この表を踏まえて、おすすめの配信サービスをまとめると次のようになります。

2019中日戦が観れるおすすめサービス

導入の手間を考えると、CS放送のスカパーよりもDAZNの方が便利です。

スカパーは全試合観れるのがメリットではあります。

ご自分にあったサービスを選んで、今年のドラゴンズを応援しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。